Monthly Editorial

Features

Reviews

  • #1411『Mostly Other People Do The Killing / Loafer’s Hollow』

    過去の名作のパロディを隠れ蓑に、アヴァンギャルドなプレイを繰り広げるベーシストのモッパ・エリオットが率いるユニット、モストリー・アザー・ピープル・ドゥ・ザ・キリングは、結成13年目を迎えて意気軒昂な活動を繰り広げている。10枚目のアルバム『Loafer’s Hollow』では、20世紀文学を代表するアイルランド出身の作家、ジェイムス・ジョイスや、現代アメリカの作家たちに捧げられた5曲の文学組曲が、アルバムの中核をなしている。リーダーのモッパ・エリオットは、1930年代のスウィング・ジャズと20世紀文学の融合を現代の視点から図るという、壮大な実験を聴かせてくれた。

    Share Button
  • #1410『松田美緒 / エーラ』

    セファルディの音楽、カーボヴェルデの音楽、エーゲ海の島々にある歌音楽。日本ではなかなか聴く事の出来ないこれらの音楽を知るきっかけとして、リラックスして鑑賞する事の出来るアルバムではないだろうか。 

    Share Button
  • Æon Trio / Elegy

    #1409『Æon Trio / Elegy』

    イオン・トリオによる最初のアルバム『エレジー』では、多様なジャンルの先行者たちの楽曲に範を取り、ジャズの歴史とクラシックの歴史が〈ECM Records〉において交差したところの影響を汲み取りながら、しかしこの三人にしかなし得ないローカルな音楽として結実している。

    Share Button
  • #1408 『V.A. / Tokyo Flashback P.S.F. 〜Psychedelic Speed Freaks〜』

    日本の地下音楽を世界に広めたPSFレコードの最後の作品。22組のアーティストが未発表・新録音トラックを提供、トータル150分を超える大作。スタイルも方法論も録音状態もバラバラながら、全体を曰く言い難いひとつのカラーというか香りのようなものが貫いている。それを言い表そうとすると「サイケデリック」という言葉が最も適切だろう。

    Share Button
  • Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue

    #1407『Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue』

    蓮見令麻率いるピアノ・トリオによる最初のアルバムは、ピアノの奏法とインタープレイの在り方において菊地雅章からの深い影響を感じさせるが、その声の特異性においても響き合うものがある。それはピアノの旋律をなぞるときでさえ「うたい損ね」ではなく損なわれることのない「うた」そのものなのだ。

    Share Button

More >>

Column

  • 音の見える風景 Chapter49 後藤篤

    類は類を呼ぶ、板橋文夫、林栄一そして後藤篤、みんなエネルギーの塊である。

    Share Button
  • JAZZ meets 杉田誠一 #100「生悦住英夫について知っている2、3のことども」

    演奏は終わると必ず生悦住は、自らに言い聞かせるようにつぶやく。「生命を削って」まで聴きに来たのだ。

    Share Button
  • kc-52-1

    52. マット・ケイン&カンザス・シティ・ジェネレーション・セクステット

    マット・ケインと、ハーモン・メハリを始めとするカンザス・シティの若い世代のミュージシャン達を巡り、カンザス・シティのジャズシーンに見られる動きに注目。

    Share Button
  • Arthur Blythe - In The Tradition

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #18 『Caravan』

    アバンギャルドという看板を背負わされたことを嫌い、黒人文化と黒人音楽の伝統を守りながら驚くべきクリエイティビティーを世に残したアーサー・ブライスだったが、商業的に成功しなかったことに苦悩し、パーキンソン氏病に倒れた彼の真のジャズ・アーティストとしての姿を分析してみると同時に、ジャズ・ラテンという曖昧なスタイルの解析も試みてみた。

    Share Button

More >>

Concert/Live Report

  • #949 映画『Chasing Trane, The John Coltrane Documentary』

    ジョン・コルトレーン(1926年9月23日〜1967年7月17日)の初の本格的な伝記映画となる『Chasing Trane』が、2017年4月14日に公開された。監督は『The U.S. v.s. John Lennon』(2007)のジョン・シャインフェルド。

    Share Button
  • #948 喜多直毅クアルテット~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~

    リズムの相克から生まれる駆動力、サウンドのドラマ性、昂揚と興奮。喜多直毅クアルテットは進化を続ける。

    Share Button
  • #947 TOKYO BIG BAND 10th Anniversary Concert

    実際、リーダーのジョナサン・カッツをはじめバンドのプレーヤー全員がプレイすることに喜々として楽しんでいる姿や演奏に献身している人間味が、サウンド全体から横溢して聴く者のハートに火をつける。

    Share Button

More >>

及川公生の聴きどころチェック

  • #346 『紙上 理(しがみ・ただし)/In a Sentimental Mood』〜Hear, there and everywhere #4

    デジタル録音時代の立ち向かい方を熟知したエンジニアの技と判断。

    Share Button

More >>

Interviews

  • ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第14回 ランディ・ピーターソン〜微分音のリズム〜

    マイクロトーンを使った即興演奏でまったく新しい世界を作り出したジョー・マネリと長年に渡り共演したドラマー、ランディ・ピーターソンへのインタビュー。独自の演奏スタイルを持つ彼が、ジョーとの演奏経験について、マイクロトーナル理論のリズム的観点からの分析などについて話をする。

    Share Button

More >>