#1384『Eivind Opsvik / Overseas V』

閲覧回数 2,777 回

「Overseas」シリーズ最新作。作曲の才能や、柔らかくも力強くもサウンドを駆動するベースプレイをみせるアイヴィン・オプスヴィーク。豊潤極まりない音色のテナーを吹くトニー・マラビー。フォークやロックの影響を織り込みながら、暖かく、ドラマチックな音楽を展開している。

Share Button
Read more

#1374 『照内央晴・松本ちはや / 哀しみさえも星となりて』

閲覧回数 5,392 回

緊張、響きの美しさ、ユーモア、相互干渉と相互作用、音楽をなんらかの形にして提示せんとする「気」。強度の高い即興デュオ。

Share Button
Read more

このCD2016(海外編)#08 『Silva Rasmussen Solberg / Free Electric Band』

閲覧回数 5,131 回

フリージャズの闘士アラン・シルヴァ、多彩極まりないアルトを吹くメッテ・ラスムッセン、ふたりのポテンシャルを高めるストーレ・リアヴィーク・ソルベルグの3人による刮目すべきセッションの記録。

Share Button
Read more

このライブ/このコンサート2016(国内アーティスト)#06 『白石民夫、新宿西口カリヨン橋』

閲覧回数 4,984 回

新宿西口の空を白石民夫の高音が切り裂いた2夜

Share Button
Read more

このライブ/このコンサート2016(海外アーティスト)#05 『エヴァン・パーカー、高橋悠治』

閲覧回数 4,978 回

エヴァン・パーカー、高橋悠治、異能のデュオ。

Share Button
Read more

#1348 『Dre Hocevar / Transcendental Within the Sphere of Indivisible Remainder』

閲覧回数 12,920 回

ニューヨークの精鋭ドラマー、ドレ・ホチェヴァーによる集団即興・集団沸騰サウンドを踏み越えた脈動サウンド。

Share Button
Read more

#912 Sound Live Tokyo 2016 ピカ=ドン/愛の爆弾

閲覧回数 4,923 回

対峙する者が感情の閾から反応を引き出さざるを得ない「機械仕掛けの神」と「ピカ=ドン」、そして、再生もライヴも、映像も言葉も音楽も、またトランスジェンダーやクイアも、すべてを混淆させて提示される「愛の爆弾」。

Share Button
Read more

#908 照内央晴「九月に~即興演奏とダンスの夜 茶会記篇」

閲覧回数 4,748 回

照内央晴による身体表現とのコラボレーション。

Share Button
Read more

#904 与世山澄子+山本剛トリオ

閲覧回数 4,503 回

沖縄のディーヴァ・与世山澄子、山本剛トリオとの完璧なステージ。

Share Button
Read more

#901 レイモンド・マクモーリン・カルテット

閲覧回数 5,398 回

レイモンド・マクモーリンがNYと東京との橋渡しとなって実現したライヴ(2016/6/10、南青山Body & Soul)。そしてジャッキー・マクリーンから連なる系譜とは。

Share Button
Read more

#1310 『Yoni Kretzmer / Five』、『Yoni Kretzmer + Jason Ajemian + Kevi Shea / Until Your Throat Is Dry』

閲覧回数 14,091 回

イスラエル出身のテナーサックス奏者ヨニ・クレッツマーは、新作2枚においてますます凄みを発散する

Share Button
Read more

#1309 『Sergio Krakowski / Pássaros : The Foundation Of The Island』

閲覧回数 14,543 回

ブラジルのパンデイロによる越境音楽

Share Button
Read more

#895 Cooljojo Open記念Live~HIT(廣木光一トリオ)

閲覧回数 5,278 回

伝説の音楽家・高柳昌行の磁場たる場が開かれた。こけら落としのライヴは高柳の弟子筋にあたるギタリスト・廣木光一。

Share Button
Read more

#1294 『齋藤徹+かみむら泰一/Choros & Improvisations Live』、『齋藤徹+喜多直毅/Six trios improvisations with Tetsu & Naoki』、『ダンスとであって/矢萩竜太郎10番勝負!』

閲覧回数 14,737 回

齋藤徹による春の刺激、3作品

Share Button
Read more

#887 Swing MASA 爆音JAZZ

閲覧回数 4,185 回

野宿者・失業者を支援する山谷労働者福祉会館において、大阪やニューヨークで活動するサックス奏者・Swing MASAのソロライヴが行われた。

Share Button
Read more

#886 白石雪妃×類家心平DUO

閲覧回数 4,117 回

類家心平のバンド「RS5pb」(Ruike Shinpei 5 piece band)によるニューアルバム『UNDA』のリリースを機に、書とジャズとのコラボレーションが実現した。

Share Button
Read more

#1279『William Hooker / LIGHT. The Early Years 1975-1989』

閲覧回数 10,397 回

ウィリアム・フッカーは活動歴の長いドラマーである。13-14歳のころには、プロとして、ジャズだけでなくR&Bやロックのバンドでも叩いていた。

Share Button
Read more

#870 このライブ/このコンサート2015海外編#06 『Chris Pitsiokos』

閲覧回数 2,991 回

演奏の都度その姿を変えるキメラ、クリス・ピッツイオコスの圧倒的なライヴ

Share Button
Read more

#869 このライブ/このコンサート2015国内編#06 『うたをさがして』

閲覧回数 3,057 回

「ことば」の力を呼び起こす齋藤徹、さとうじゅんこ、喜多直毅のトリオ

Share Button
Read more

#1276 このCD2015海外編#09 『Jack DeJohnette / Made in Chicago』

閲覧回数 7,280 回

ジャック・デジョネットに加え、ヘンリー・スレッギル、ロスコー・ミッチェル、ムハール・リチャード・エイブラムスという、シカゴの前衛集団AACM(Association for the Advancement of Creative Musicians)を代表する面々の歴史的な共演。

Share Button
Read more

#144 Josh Evans ジョシュ・エヴァンス

閲覧回数 3,464 回

ニューヨークで大活躍中のトランぺッター、ジョシュ・エヴァンス。ジャッキー・マクリーンとジャズの伝統とは。

Share Button
Read more

#1268 『板橋文夫FIT! / みるくゆ』

閲覧回数 7,741 回

人々を苦しめてやまない理不尽な力に抗する激情、抒情を見事なまでに音楽という形に昇華

Share Button
Read more

夏の終わりのニューヨーク

閲覧回数 3,849 回

2015年9月のニューヨーク。6日間で20を超える数のギグに立ち会った。無限の魅力を持つジャズの街なのだ。

Share Button
Read more

情報の灯台と関係と

閲覧回数 2,530 回

情報の海にあって位置と方向を見定めるための灯台。ニューヨークの『The New York City Jazz Record』、東京近辺の『ト調』。

Share Button
Read more

#1252 『Mette Rasmussen and Chris Corsano / All the Ghosts at Once』

閲覧回数 7,268 回

北欧のサックス奏者とNYのドラマーの野心的かつ独創的な演奏集

Share Button
Read more

#1251 『Old Time Musketry / Drifter』

閲覧回数 5,621 回

アメリカ内部からの「古き良きアメリカ」探索

Share Button
Read more

#1245 『Yoni Kretzmer 2 Bass Quartet / Book II』

閲覧回数 5,634 回

偉大なテナーの先人の系譜に連なりながら己の声を獲得したテナー奏者、ヨニ・クレッツマー

Share Button
Read more

#1242 『纐纈雅代/Band of Eden』

閲覧回数 5,308 回

天へ天へと心を折ることなく挑み続ける纐纈雅代のカタルシス

Share Button
Read more

#1224 『Chris Pitsiokos Trio/Gordian Twine』

閲覧回数 3,627 回

20代のキメラは、1曲ごとにまるで異なる貌を見せる

Share Button
Read more

ニューヨーク、冬の終わりのライヴ日記

閲覧回数 5,090 回

2015年3-4月。ニューヨークの強烈な磁場によって生まれる多くのギグ。

Share Button
Read more