連載第22回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 839 回

ニコール・ミッチェルのMaroon Cloud公演(National Sawdust)、ヒップホップと融合したジェームス・ブランドン・ルイスの新作『No Filter』

Share Button
Read more

連載第21回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 1,753 回

ストレート男性の世界から音楽を拡張した「The New York Review of Cocksucking」(!)、カラフルで、ときに暴力的で啓示的でもあり、古くからのスピリットにモダンの美学を吹き込んだ「Sirene 1009」。

Share Button
Read more

連載第20回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 2,217 回

マシュー・シップ最後の録音かもしれない作品『Piano Music』、ジェームス・ブランドン・ルイスのセル・シアターでのライヴ

Share Button
Read more

連載第19回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 2,728 回

黒人音楽やアートの過去と現在を俯瞰する『自由の原則』展と『絶え間ない叫び』展、そして、ブランドン・ロペスの新グループThe Mess。

Share Button
Read more

連載第18回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 3,603 回

デヴィッド・S・ウェア『バース・オブ・ア・ビーイング』に関する親子の体験とアース・タンズの有機的なライヴ体験。

Share Button
Read more

連載第17回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 3,407 回

ヨニ・クレッツマーの2ベース・カルテットによる傑作『Book II』、ネイト・ウーリーがメアリー・ハルヴァーソンらと組んだ新グループのこけら落としライヴ。

Share Button
Read more

連載第16回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 3,819 回

ジャズ・シーンに復活したピーター・キューンの新旧のレコード、歌手フェイ・ヴィクターのスペシャルナイト。前者は経験豊富なクリフォード・アレンが執筆。

Share Button
Read more

連載第15回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 5,016 回

メアリー・ハルヴァーソン、ベン・ゴールドバーグ、トマ・フジワラによるグループ「The Out Louds」、マシュー・シップによるふたつのトリオ。前者のレビューは、セシル・テイラー『Dark to Themselves』に参加したドラマーのマーク・エドワーズが執筆。

Share Button
Read more

連載第14回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 4,592 回

マズールのベースとニューリンガーのサックスとのデュオによる即興集『Diachronic Paths』、メアリー・ハルヴァーソンの新プロジェクト「Code Girl」

Share Button
Read more

連載第13回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 4,640 回

ライヴに行こう。それによって、誰もが、自分の物語を語りうるようになるに違いない。

Share Button
Read more

連載第12回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 4,699 回

チェス・スミス Ches Smith『The Bell』、マイケル・フォスター Michael Foster+レイラ・ボルドレイユ Leila Bordreuil『The Caustic Ballads』

Share Button
Read more

連載第11回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 3,797 回

The Stoneにおいて、1月の最終週、クレイグ・テイボーンが6夜の演奏を行った。待望のレジデンシーである。テイボーンが、90年代半ばの登場以来もっとも才能があり革新的なピアニストだということは、多くが認めるところだ。ここでも、魅惑的な幅広いパフォーマンスをみせた。

Share Button
Read more

連載第10回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 3,868 回

スウィート・バンディットリー Sweet Banditryは、ルイーズ D.E.ジェンセン Louise D.E. Jensenをリーダーとして、ギタリストのブランドン・シーブルック Brandon Seabrook、ベーシストのトム・ブランカート Tom Blancarte、ドラマーのケヴィン・シェイ Kevin Sheaからなるカルテットである。

Share Button
Read more

# 141 クリス・ピッツイオコス Chris Pitsiokos

閲覧回数 2,222 回

若き前衛アルト・サックス奏者クリス・ピッツイオコスがニューヨークに新たな波を起こしている。弱冠24歳のピッツイオコスは既に、サックス演奏と作曲能力に於いて自分自身の語彙を発展させ身に着けている。2015年前半、彼はとてもアクティブに活動し、3作もの新作をリリースした。

Share Button
Read more