R.I.P. Arthur Blythe Jack DeJohnette

閲覧回数 793 回

デイヴィッド・マレイ(ts)、ピーター・ウォーレン(b) とともに私のバンド「スペシャル・エディション」に参加してくれるよう頼み込んだ。それは素晴らしい音楽の出会いとなり、「スペシャル・エディション」は永く語り継がれるバンドとなった。

Share Button
Read more

Arthur Blythe : A Tone Master of the Alto Saxophone Oscar Deric Brown

閲覧回数 783 回

私はベニー・ゴルソンが耳元で、「いいかい、彼のトーン、彼のサウンドだ。よく聴いておくんだぞ」と囁いたのをはっきりと覚えている。アーサー・ブライスが“トーン・マスター”であることをベニー・ゴルソンが認めたのだ。

Share Button
Read more

追悼 アーサー・ブライス   スタンリー・カウエル

閲覧回数 711 回

僕は彼の流麗でソウルフルなサウンドが好きだった。そして時に聞かせるあの泣き節がね。

Share Button
Read more

#1400『オデッド・ツール/トランスレーターズ・ノート』

閲覧回数 3,103 回

さて、これはジャズなのか? そうだ、まさにジャズなのだ。何故ならジャズとはハイブリッド音楽の意識であり、そして他のいかなるシーンもこういう音楽を産み出す事はなかっただろうから。

Share Button
Read more

#946 内田修先生を送る会

閲覧回数 1,496 回

これだけの日本を代表するメンバーを集結させられる力は内田先生ならではと、あらためてその偉大さを実感した次第。

Share Button
Read more

Hommage to Misha Mengelberg Roberto Masotti, Millano

閲覧回数 3,042 回

ミラノに住む著名な写真家ロベルト・マゾッテイが捉えたミシャ・メンゲルベルク。1978年を中心に最新は1998年のポートレイトまで。 *をクリックすると拡大表示されます。

Share Button
Read more

ミシャ・メンゲルベルクの思い出 Onnyk

閲覧回数 3,057 回

他のメンバーとは別に用意された6畳ほどの楽屋に、ミシャとペーターが座っている。そしてハンは広くも無い室内をうろうろしている。ヘビースモーカーで知られるミシャは紫煙を吐いて椅子に沈みこんでいる。

Share Button
Read more

Misha Mengelberg 追悼 ~コーヒーとパフェと味噌汁と

閲覧回数 3,042 回

するとミシャさんは、コーヒー、パフェ、そしてなんと味噌汁を同時に注文されたのだ。注文を取りに来ていたウェイトレスさんの一瞬「え!?」といった表情を未だに忘れていない。そして、それらを同時に頂いているミシャさんの姿を見て、サブさんと私は、「これこそフリーなんだよ!これぞDADAなんだよ!」とかワケの分からぬことを話していたのでした。

Share Button
Read more

ミシャと囲碁

閲覧回数 2,860 回

ミシャの腕前は二段くらいだったと思う。こちらは初段くらいだったのでちょうどよかった。やってみたらミシャの方が少し上で、力はあまり感じないけれど、形がよくて品がある。

Share Button
Read more

追悼 ミシャ・メンゲルベルク

閲覧回数 2,939 回

『逍遥遊』セッション@1994年10月6日 山口県防府市カフェ・アモレス

Share Button
Read more

追悼:生悦住さんと私 Onnyk (きんのよしあき)  

閲覧回数 1,752 回

また、特筆すべきは、私淑していたアメリカの音響彫刻家ハリー・ベルトイアのCDを出していただいた事です。ベルトイアのレコードは70年代、知られざる名作でしたが、全11枚のアメリカ盤の質の悪さは本当に情けない物でした。録音だけは生前の本人がしており、質は良かったので、なんとかこれをCD化したいものだと思い、生悦住さんに相談を持ちかけたのです。

Share Button
Read more