追悼:小杉武久

閲覧回数 1,403 回

小杉武久の文字を見付けると、本、雑誌をとにかく買っては何度も読みまくった。私の感性の原点は、この時形成されたと言ってよい。

Share Button
Read more

小杉武久 様

閲覧回数 1,773 回

私がギターの訓練を始めていて、楽器の訓練をしていると求道的になってくると話をすると、直にダメです、音楽を信仰してはいけませんと怒られました。

Share Button
Read more

Goodbye to Tomasz Stanko – a great voice lost
惜別:トマシュ・スタンコ – 偉大なヴォイスの喪失

閲覧回数 3,053 回

今年の初め彼はNYから私に電話を寄越し、固く結ばれた二人は最後の会話を交わしたが、私はとても幸せだった。トマシュ、音楽をありがとう、心から感謝する。

Share Button
Read more

RIP Tomasz Stanko by Roberto Masotti

閲覧回数 2,710 回

RIP Tomasz Stanko

Share Button
Read more

#1550 『山田唯雄 / 1.0 (one)』

閲覧回数 4,988 回

山田唯雄の素晴らしい点は、何と言っても、芯のある美しい音。その美しい音をダイレクトに捉えた録音の良さも特筆すべきだろう。

Share Button
Read more

#1548 『阿部薫+豊住芳三郎/MANNYOKA(万葉歌)』

閲覧回数 4,421 回

ALM盤とは違った側面を見せる今回のアルバムは、今後ALM盤と対をなすアルバムとして後世の記憶に残って行くのではないだろうか。

Share Button
Read more

追悼 松坂さんの思い出

閲覧回数 4,404 回

松坂さんは、少女のようにチャミーングで楽屋で山下さんと打ち合わせていた時のはにかんでいた姿が今も忘れられない。

Share Button
Read more

RIP セシル・テイラー by カーラ・ブレイ

閲覧回数 5,565 回

ここ数年セシルに会いたいと思ってきたけど、果たせなかった。そして、彼は逝ってしまった…。

Share Button
Read more

Cecil Taylor in Europe by Roberto Masotti, Milan

閲覧回数 5,000 回

  Above three in Rav

Share Button
Read more

Cecil Taylor in the old Bimhuis Club, Amsterdam, 2003

閲覧回数 5,249 回

Yes, that is a big loss!

Share Button
Read more

精霊たちの祭り「白州」~セシル・テイラーTOKYO FMスペシャル・ライヴ

閲覧回数 6,416 回

セシルも富樫さんももうこの世にはいないけれど、地球の自然に捧げた祈りは、続いていかなければ。

Share Button
Read more

追悼セシル・テイラー「アキサキラ」写真館

閲覧回数 5,489 回

1973年5月22日セシル・テイラー・ユニット@新宿厚生年金会館大ホール。アキサキラ(サワヒリ語で沸騰するの意)を捉えたトリオレコード営業部のアマチュア・カメラマン石井隆の遺作展。

Share Button
Read more

#1520 『土田晴信/ライヴ・アット・ザ・アディロンダック・カフェ~SUNNY』

閲覧回数 6,468 回

ジミー・スミスから続くジャズ・オルガンの本流、源流を辿りながら研鑽を積み現在に至った土田の現時点での成果を堪能した。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd by Carla Bley

閲覧回数 5,261 回

ラズウェルのために書いた楽曲がピアノで作曲したように聞こえるという批評を受け、それからはホーンのためにはホーン奏者の身になって書くように心がけるようになりました。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd 追悼 ラズウェル・ラッド

閲覧回数 6,086 回

2007年、アムステルダム Bimhuisにおけるマーク・ドレッサーとのデュオ・コンサートから。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd by Ethan Iverson

閲覧回数 5,219 回

ハイスクールの頃、僕は彼のライナーノーツを繰り返し熟読したものだ。ラッドがいなければ、僕のブログDTM*が存在したかどうか疑わしいもんだ。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams by Wadada Leo Smith

閲覧回数 6,027 回

彼は気高い(スピリチュアルな)男であった。彼の行程は光に満ちていた。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams by Jack DeJohnette

閲覧回数 6,620 回

1964年に彼とロスコー・ミッチェルがシカゴのAACMを設立する前夜、僕は彼のエクスペリメンタル・バンドで演奏していた。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams – What he meant to me by Chico Freeman

閲覧回数 6,421 回

RIP Muhal Richard Ab

Share Button
Read more

Great Music Forever! ムーハルが遺してくれたもの

閲覧回数 7,022 回

ムーハル、素晴らしい音楽をありがとう。そしてオリジナルであること、自分自身が 原型であり、心で他の人と関わった時に生まれるハーモニーの大切さを、あなたは教え てくれた。

Share Button
Read more

#1449『Todd Neufeld / Mu’U』

閲覧回数 11,556 回

ジャンルやスタイルに回収できないニューフェルドの音楽は、決して聴き易いものでもなければ、わかり易いものでもない。しかし、そこに定着された、潜勢や気配から発すべき音を掴み取り、無から有へ跳躍するその瞬間の生々しさには抗し難い重力、強度が宿っているのだ。

Share Button
Read more

#1444 『Racha Fora / Happy Fire』

閲覧回数 11,076 回

そんな新しいリズムの探求に貪欲な若い世代のジャズ・リスナーにとっても、この本宿宏明(ヒロ・ホンシュク)が提示する“New Kind Of Jazz”は相当刺激的に響くはずだ。

Share Button
Read more

特別寄稿 「CDからラッカー盤まで聴き比べ」レポート 山田野案山子

閲覧回数 9,021 回

その次にLPレコードをかけたのですが、同じ音源かと思うほど、まったく入っている音が違い、これには驚きました

Share Button
Read more

#1431『ワダダ・レオ・スミス|田村夏樹|藤井郷子|イクエ・モリ/アスピレーション』

閲覧回数 11,912 回

ある意味、このカルテットはよく鍛えられた「デュオのデュオ」と言えないだろうか。

Share Button
Read more

#964 『ソエジマ・ナイトVol.4』

閲覧回数 10,923 回

今回のソエジマナイトの予想を超える盛況を考えるに、勅使河原ファンの若年層、フリージャズ・ファンの中高年、ストアハウスの常連ファンなど、年齢、性別、分野の壁を越えて集まった観客のせいだろう。

Share Button
Read more

#962 Saxophone Summit サキソフォン・サミット〜故伊藤博昭さんを偲んで

閲覧回数 9,747 回

どうも伊藤さんが、小黒こっちこっちってここまで導いてくれていたような気がするだが...。

Share Button
Read more

菊地雅章 77th Anniversary 1 山下洋輔

閲覧回数 12,231 回

彼は実に真面目なのである。音楽に限らず全てのことに対してひたすら真面目な人間なのだ。ぼくが毎晩新宿で飲んだくれたり、「都はるみを囲む会」にのこのこ出かけていってズタブロの伴奏をやって大恥をかいたり、といった馬鹿なことをしている間にも彼は一心に自分の音楽のことを考え続けているのである。

Share Button
Read more

#157 新作『The Door』をリリースした牧野竜太郎

閲覧回数 9,203 回

僕はこの1枚を通して「これも、ジャズだぜ!!」といってしまうことで、そこに染みついたイメージを少しでも柔らかく、ライトなモノに変えて行けたらと思っているんです。

Share Button
Read more

#1416 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

閲覧回数 15,227 回

硬い事は考えずに、楽しくスイングするジャズを聴きたければ、これを選べばモンクはない。

Share Button
Read more

#1415 『ハン・ベニンク、ベンジャミン・ハーマン、ルード・ヤコブス、ピーター・ビーツ/The Quartet NL』

閲覧回数 15,242 回

これは伝統と化したオランダのコンテンポラリーかつコンサーヴァティヴなジャズの姿だと思い、存分に楽しめば良い。ミシャの名を知らぬ人達も一緒に。涙を流す必要など無いのである。

Share Button
Read more

#1414『Genzo Okabe 岡部源蔵/Disoriental ディスオリエンタル』

閲覧回数 14,355 回

私はこのアルバムに対して極めて「不安な希望」を持っている。

Share Button
Read more

R.I.P. Arthur Blythe Jack DeJohnette

閲覧回数 9,412 回

デイヴィッド・マレイ(ts)、ピーター・ウォーレン(b) とともに私のバンド「スペシャル・エディション」に参加してくれるよう頼み込んだ。それは素晴らしい音楽の出会いとなり、「スペシャル・エディション」は永く語り継がれるバンドとなった。

Share Button
Read more

Arthur Blythe : A Tone Master of the Alto Saxophone Oscar Deric Brown

閲覧回数 9,050 回

私はベニー・ゴルソンが耳元で、「いいかい、彼のトーン、彼のサウンドだ。よく聴いておくんだぞ」と囁いたのをはっきりと覚えている。アーサー・ブライスが“トーン・マスター”であることをベニー・ゴルソンが認めたのだ。

Share Button
Read more

追悼 アーサー・ブライス   スタンリー・カウエル

閲覧回数 8,122 回

僕は彼の流麗でソウルフルなサウンドが好きだった。そして時に聞かせるあの泣き節がね。

Share Button
Read more

#1400『オデッド・ツール/トランスレーターズ・ノート』

閲覧回数 16,960 回

さて、これはジャズなのか? そうだ、まさにジャズなのだ。何故ならジャズとはハイブリッド音楽の意識であり、そして他のいかなるシーンもこういう音楽を産み出す事はなかっただろうから。

Share Button
Read more

#946 内田修先生を送る会

閲覧回数 15,221 回

これだけの日本を代表するメンバーを集結させられる力は内田先生ならではと、あらためてその偉大さを実感した次第。

Share Button
Read more

Hommage to Misha Mengelberg Roberto Masotti, Millano

閲覧回数 13,838 回

ミラノに住む著名な写真家ロベルト・マゾッテイが捉えたミシャ・メンゲルベルク。1978年を中心に最新は1998年のポートレイトまで。 *をクリックすると拡大表示されます。

Share Button
Read more

ミシャ・メンゲルベルクの思い出 Onnyk

閲覧回数 12,681 回

他のメンバーとは別に用意された6畳ほどの楽屋に、ミシャとペーターが座っている。そしてハンは広くも無い室内をうろうろしている。ヘビースモーカーで知られるミシャは紫煙を吐いて椅子に沈みこんでいる。

Share Button
Read more

Misha Mengelberg 追悼 ~コーヒーとパフェと味噌汁と

閲覧回数 12,462 回

するとミシャさんは、コーヒー、パフェ、そしてなんと味噌汁を同時に注文されたのだ。注文を取りに来ていたウェイトレスさんの一瞬「え!?」といった表情を未だに忘れていない。そして、それらを同時に頂いているミシャさんの姿を見て、サブさんと私は、「これこそフリーなんだよ!これぞDADAなんだよ!」とかワケの分からぬことを話していたのでした。

Share Button
Read more

ミシャと囲碁

閲覧回数 10,799 回

ミシャの腕前は二段くらいだったと思う。こちらは初段くらいだったのでちょうどよかった。やってみたらミシャの方が少し上で、力はあまり感じないけれど、形がよくて品がある。

Share Button
Read more

追悼 ミシャ・メンゲルベルク

閲覧回数 11,617 回

『逍遥遊』セッション@1994年10月6日 山口県防府市カフェ・アモレス

Share Button
Read more

追悼:生悦住さんと私 Onnyk (きんのよしあき)  

閲覧回数 11,745 回

また、特筆すべきは、私淑していたアメリカの音響彫刻家ハリー・ベルトイアのCDを出していただいた事です。ベルトイアのレコードは70年代、知られざる名作でしたが、全11枚のアメリカ盤の質の悪さは本当に情けない物でした。録音だけは生前の本人がしており、質は良かったので、なんとかこれをCD化したいものだと思い、生悦住さんに相談を持ちかけたのです。

Share Button
Read more

#958 DVD『イェーナインリン&高橋ゆり/ピョンチョウに捧ぐ』

閲覧回数 699 回

このDVDはミャンマー国内を対象としており、ここ数十年のポップスの大人気はそれはそれでかまわないが、古典音楽にももっと気軽に親しんでほしいという願いをこめてあります。

Share Button
Read more

「リトアニアのジャズについて」
ヨナス・リムサ

閲覧回数 1,274 回

1990年にリトアニアが再び独立を勝ち取ると、ジャズやその他のジャンルの演奏家にとって演奏したり、学んだり、さまざまなプロジェクトを創造する可能性がさらに広がっていった。

Share Button
Read more

「トマシュ・スタンコ・クァルテット」アジア・オーストラリア・ツアー・レポート

閲覧回数 1,901 回

会場は大勢のゲストで埋め尽され、ポーランドからのジャズ大使をひと目見ようと階段は立見客やら座り込む客で鈴なりとなった。

Share Button
Read more