#1410『松田美緒 / エーラ』

閲覧回数 4,336 回

セファルディの音楽、カーボヴェルデの音楽、エーゲ海の島々にある歌音楽。日本ではなかなか聴く事の出来ないこれらの音楽を知るきっかけとして、リラックスして鑑賞する事の出来るアルバムではないだろうか。 

Share Button
Read more

#1403『Dominic Miller / Silent Light』

閲覧回数 4,187 回

まるでアクローム絵画を見ているかのような音楽だが、この美的感覚を成立させている根底にあるものに同調できるか、あるいはこのような佇まいをした音楽を自分の生活空間にどう関係づける事が出来るか、

Share Button
Read more

R.I.P. 生悦住英夫

閲覧回数 3,048 回

喋るのも辛そうな状態だったので、話す負担すらかけさせたくない気持ちでした。私は作り笑顔で、部屋の雰囲気を暗くしないようにしようとする事がやっとでした。川島さんが「何か聴きたい音楽はありますか」と訊くと、やはり「船村徹」と答えられました。

Share Button
Read more

#1366 『齋藤徹 / TRAVESSIA』

閲覧回数 14,216 回

今年2016年7月8日に、東京・永福町にある残響の美しいホールsonorium で行われた、コントラバス奏者・齋藤徹のライブコンサートの録音。

Share Button
Read more

#1362 『柳川芳命 / 2016』

閲覧回数 13,116 回

名古屋を拠点に活動するアルトサックス奏者・柳川芳命(やながわほうめい、数年前に「やながわよしのり」より改名)による、2016年のパフォーマンス集。4つのパフォーマンスを収録、そのすべてが共演者違い。レーベルは柳川自身が運営する極音舎。

Share Button
Read more

#1361 『望月治孝 / ガラスをとおして』

閲覧回数 13,051 回

アルトサックス奏者・望月治孝による2016年発表作。同年、静岡江崎ホールを借り切っての録音で、アルトサックス独奏。

Share Button
Read more

#903 齋藤徹の世界〜還暦記念コントラバスソロリサイタル〜

閲覧回数 4,786 回

フォルムやサウンドイメージだけをフォーカスしがちな録音物という形態では、齋藤のような音楽のあり方の魅力は見えにくい。齋藤のようなスタンスの音楽家の場合、音楽だけでなく、なぜそうするのかという芸術家という生き方自体も、観る人に重要な示唆を与えるかも知れない。

Share Button
Read more

#1317 『川口賢哉/雨露~無伴奏尺八即興独奏~』

閲覧回数 16,842 回

ここにある尺八の演奏は、サックスやトランペットなどが切り捨ててきた領域をたしかに有しており、楽器のアドバンテージを活かした即興演奏には可能性を感じる。

Share Button
Read more

#878 照内央晴×松本ちはやDUO 即興演奏公開レコーディング・ライブ

閲覧回数 3,840 回

自らのルーツを全身全霊で叩きつけてきた渾身のパフォーマンスだった。 閉じた「即興のための即興」ではなく、様々な音楽を前提にした汎性を問われる現代即興として、間違いなく一流。

Share Button
Read more