#1547 『Kyoko Kitamura’s Tidepool Fauna / Protean Labyrinth』

閲覧回数 1,912 回

NY在住のヴォーカルインプロヴァイザー、コンポーザーの北村京子がリーダーを務めるカルテット「Tidepool Fauna」のデビューアルバム。言葉を排した北村の「声」を起点に、モノクロームの夢境を彷徨うような玄妙な美しさが作品全体を透徹する。

Share Button
Read more

#1534 『Cory Smythe & Peter Evans / Weatherbird』

閲覧回数 3,918 回

ピーター・エヴァンスとコリー・スマイス、90年前の歴史的デュオへの“返歌”

Share Button
Read more

#1526 『Matt Piet Trio / LIVE IN CHICAGO』

閲覧回数 3,946 回

シカゴのライジングスター・ピアニストによる、脳の快楽であると同時に身体に響くライブ集成

Share Button
Read more

#1525 『North Of North (S​/​T)』

閲覧回数 4,118 回

オーストラリアの現代音楽演奏家たちによる格調高い「フリージャズ」

Share Button
Read more

#1514 『Subtle Degrees / A Dance That Empties』

閲覧回数 4,841 回

気鋭のサックス奏者トラヴィス・ラプランテと、現代最高のドラマーであるジェラルド・クリーヴァーによる、聖性すら宿る「結晶」デュオ。

Share Button
Read more

#1503 『Christian Lillingers Grund / C O R』

閲覧回数 5,994 回

Christian Lillinger 率いるオールスターグループの最新作にして、レーベル設立第一弾。一曲一曲が奇妙な小宇宙である全編にわたって、彼の美学とスネアドラミングが行き渡っている

Share Button
Read more

#1494 『石田幹雄 / 時景』

閲覧回数 6,181 回

石田幹雄の「真骨頂」をとらえた、待望のソロピアノアルバム

Share Button
Read more

#1492 『Alex Cline, Dan Clucas, Peter Kuhn, Dave Sewelson, Scott Walton / Dependent Origination』

閲覧回数 5,875 回

復活したピーター・キューンによる、「因縁生起」という名のスペクタクルなフリージャズ。

Share Button
Read more

#1002 1971年新宿~2018年札幌。阿部辰也の過去と現在、2つの「フリージャズ最前線」をめぐって

閲覧回数 10,498 回

1970年代初頭、伝説の新宿ピットイン・ニュージャズ・ホールで若き日を過ごした阿部辰也。2018年、吉田野乃子らとともに「札幌 Free Jazz 最前線」と題したイベントに出演した彼の現在の演奏と、フリージャズへの思いをきいた。

Share Button
Read more

#1484 『Yedo Gibson – Vasco Trilla / Antenna』

閲覧回数 6,233 回

アムステルダム在住ブラジル人リード奏者 Yedo Gibson と、バルセロナ在住ポルトガル人パーカッショニスト Vasco Trilla による、コスモポリタン・デュオユニットの第2作。Yedo Gibson の“あれ”に心奪われる。

Share Button
Read more

#1483 『Fish From Hell / Moby Dick Wanted !』

閲覧回数 5,929 回

フランスのトリオによる『白鯨』をテーマとした音楽劇。人間とモビィ・ディックの描き方の対比が趣深い。

Share Button
Read more

#1482 『The Noise Eating Monsters / The Noise Eating Monsters』

閲覧回数 5,837 回

「ノイズを食う怪物たち」3人による、ロックやフリージャズやファンクを取り込んだ楽しき即興音楽

Share Button
Read more

#05 『Gayle Barcella Cabras / Live in Belgium』

閲覧回数 5,321 回

フリージャズ界の至宝、チャールズ・ゲイルの最新作。たった一音で魂が震えるような音は健在。

Share Button
Read more

#06 『スガダイロー Little Blue/Summer Lonely』

閲覧回数 5,472 回

この1枚ではなく、この1曲。アルバムとしてもむろん素晴らしいが、<Round Midnight>の超絶解釈にとどめを刺す。

Share Button
Read more

#06 クリス・ピッツィオコス JAPAN TOUR 2017 札幌公演

閲覧回数 7,342 回

クリス・ピッツィオコスの札幌公演は、彼の驚嘆すべきテクニック、山崎比呂志の鮮烈なドラム、ショローCLUBの面々の疾走などとともに記憶に残る2日間だった。

Share Button
Read more

#1472 『Devouring the Guilt / Devouring the Guilt』

閲覧回数 8,053 回

ジャケットのアイスクリームのようには甘くない。が、とびきり旨い。シカゴ新世代テナーサックス奏者によるパワフルなフリージャズ。

Share Button
Read more

#1471 『Rent Romus’ Lords of Outland / In the darkness we speak a sound brightness and life』

閲覧回数 8,375 回

鬼才レント・ロムスが長年率いる「Lords of Outland」の最新作は、おもちゃ箱のように楽しいもの面白いものを詰め込んだ、10編のポップなサウンドアート

Share Button
Read more

#1466『gravity / tree』

閲覧回数 7,978 回

ドイツ出身のギタリスト、即興演奏家、作曲家Hannes Buder の新プロジェクト。ここで彼はギターではなく、チェロのみを弾いている。弦の響きが時の経過とともに織りなすドラマ性、時に荘厳さすら感じさせる幽玄美の中から、うっとりするような彼特有のリリシズムが透けてくる。

Share Button
Read more

#989 吉田野乃子 Birthday Live 『ののこ三十路祭り』

閲覧回数 7,214 回

11月11日、吉田野乃子は30歳の誕生日を迎えた。第1部は彼女が近年取り組んでいるソロ、第2部が結成されたばかりの新バンド「エレクトリック・ヨシダ(仮)」。吉田の現在を映した、記念すべきライブとなった。

Share Button
Read more

#975 クリス・ピッツィオコス JAPAN TOUR 2017 札幌公演『大友良英スペシャル3days』

閲覧回数 13,423 回

クリス・ピッツィオコスJAPAN TOUR、札幌での2日間(9月26、27日)は大友良英との共演であり、いくぶんスペシャル感の強い2日間となった。大友 (g)、Sachiko M (sine wave)、山崎比呂志 (ds)、不破大輔 (b) 芳垣安洋 (ds)というベテラン勢と交歓した二日間を北海道在住のゲスト・コントリビューターがたっぷりとレポート。

Share Button
Read more