#1398『V.A (大塚広子監修選曲) / PIECE THE NEXT JAPAN BREEZE』

閲覧回数 3,056 回

DJ/プロデューサー/文筆家として多方面で活躍してきた大塚広子による、現代日本のジャズ・シーンを取りまとめたコンピレーション・アルバムの第三弾。『Jazz the New Chapter』シリーズがあえて取り上げることのなかった日本の現代ジャズ・シーンに触れてみるための、貴重なリアルタイム・ドキュメンタリー・アルバムである。

Share Button
Read more

#1388『Stephan Crump | Ingrid Laubrock | Cory Smythe / Planktonic Finales』

閲覧回数 2,576 回

作曲の否定や即興の称揚というよりも、インプロヴィゼーションによって現れるだろうオルタナティヴな構造化――スポンティニアス・コンポージング――の探求。少なくとも本盤に残された有機的に発展していく「即興音楽」は、そうした行為のありようを物語っている。

Share Button
Read more

#1376 『Tanaka/Lindvall/Wallumrød / 3 pianos』

閲覧回数 7,614 回

あくまで五線譜との乖離において拡張/探索されているピアノそれ自体の可能性――それを聴くことはやはりどこか落ち着かなさを覚え、不気味であり、しかしこの上もなく美しい。

Share Button
Read more

この1枚2016(国内編)#02 『高島正志、影山朋子、長沢哲、古池寿浩 / Astrocyte』

閲覧回数 5,460 回

作曲センスを併せ持つ特異な即興演奏家が浮上した重要な一枚

Share Button
Read more

この1枚2016(海外編)#03 『Marek Poliks / hull treader』

閲覧回数 5,118 回

「即興演奏家による作曲作品のリアライゼーション」ならぬ「作曲作品による即興演奏のコンポジション」とでもいうべき音楽。いずれにしろ驚異的な新しい才能が現れたことには間違いがない。

Share Button
Read more

#1353 『Harald Lassen / Rainbow Session』

閲覧回数 14,383 回

1987年生まれのサックス奏者ハラルド・ラッセンによる最初のアルバムは、まだ若い時分に北欧ジャズ界の巨匠アリルド・アンデルセンとヨン・クリステンセンに才能を見出されていた彼の、その活動に根差す音楽性を改めて捉え返した記念碑的な作品である。

Share Button
Read more

#1334 『Nakama / Grand Line』

閲覧回数 15,435 回

Nakamaによる二枚目のアルバム『Grand Line』は、音楽の「形式」と「内容」の相互作用にフォーカスしたユニークな試みだ。それは北欧のローカルな音楽情況にとどまることのない、かつてなく魅力的な実践である。

Share Button
Read more

#1302 『Ayumi Tanaka Trio / Memento』

閲覧回数 13,851 回

ノルウェー音楽に特有の耽美な響きをまといながらも、それらを「日本的感性」とともに表現していく彼女の音楽は、卓越した演奏技術や作曲センスが輝く本盤においても、その特異なありようを随所に聴き取らせてくれる。

Share Button
Read more

#1291 『ジョルジュ・ケイジョ、千葉広樹、町田良夫/ルミナント』

閲覧回数 11,088 回

スティールパン奏者の町田良夫とコントラバス奏者の千葉広樹が、ポルトガルを拠点に活動する打楽器奏者のジョルジュ・ケイジョを迎えて、2014年と翌2015年に都内のジャズ・バーで行ったセッションを収録したアルバム

Share Button
Read more

#1283『Nakama/Before the Storm』

閲覧回数 9,859 回

Nakama Records Adria

Share Button
Read more

#1218 『Weasel Walter & David Buddin / Quodlibet』

閲覧回数 1,825 回

ウォルターは社会的/技術的制度性に絡めとられた音楽にもういちど生きる場所を与えようとしている。少なくとも本盤では、それらが二重に「泥まみれ」にされた演奏として表されている。

Share Button
Read more

#1173 『Rhodri Davies & John Butcher / Routing Lynn』

閲覧回数 1,831 回

2014年に行われた「AVフェスティバル」における、ジョン・ブッチャーとロードリ・デイヴィスの共演を収録したこのアルバムは、複数の聴覚が具体的に捉えた遺跡の響きをライヴ会場において再構成したもの、ということができるだろう。

Share Button
Read more

#1161 『Mostly Other People Do the Killing / Blue』

閲覧回数 2,358 回

このアルバムを聴くわたしたちが巨人の名演を見出してしまうということ――それはジャズの本質としての即興性/一回性や、演奏者に固有の音楽といったものに対して、録音物を通して心酔していた聴衆が、果たして本当は何を聴いていたのかということを明らかにするための、ジャズの側からの苛烈な批評として受け取ることができるのではないだろうか。

Share Button
Read more

#1201 『Andrew Drury / The Drum』『Andrew Drury / Content Provider』

閲覧回数 863 回

アンドリュー・ドゥルーリーによる、かなり毛色の異なる2枚のアルバムからは、音楽の可能性を徹底的に突き詰めると同時に、その探索の領域を軽やかに切り替えていく彼の姿が浮かび上がってくる。

Share Button
Read more