#12 『ハファエル・マルチニ・セクステット+ヴェネズエラ・シンフォニック・オーケストラ/スイチ・オニリカ』

閲覧回数 884 回

—かつてジャズがそうであったようにー 突然変異的な個性を持つ音楽家が三世代にもわたって共存して続々と新作を発表している状況は現在ではブラジルに尽きるのではないだろうか。

Share Button
Read more

#09 The Piano Era 2017
 ザ・ピアノ・エラ 2017

閲覧回数 766 回

主催・企画・制作を二人で行う novus axis 堀内求、NRT 成田佳洋の音楽観を反映した独自のキュレーションで大きな発見と喜びを与えてきた貴重なコンサートだ。

Share Button
Read more

#1468『Gondo’s Carol Brass Ensemble / Silent Night』

閲覧回数 3,068 回

ぼくらは歌ではないから器楽用に挑戦的なアレンジも施したりしてますが、でもやはり基本はボストンのあの空気感を録りたかったので別段複雑にしたつもりもありません。

Share Button
Read more

#991 ハシャ・フォーラ@阿佐ヶ谷ジャズ・ストリート

閲覧回数 1,424 回

ホンシュクは自他と共に認める「マイルス信者」でレコーディングやライブのいわば「縦軸」はマイルス・ディヴィスの影響と継承発展に、「横軸」は彼の師ジョージ・ラッセルのリディアン・クロマティック概念に基づいている。

Share Button
Read more

#987 カーリ・イコネン・ピアノ・ソロ

閲覧回数 1,425 回

けれん味のないロマンティックな精神は70年代のECMのジャズ・ピアニスト達にも通じる「青春性」を率直に表しているようで清々しかった。

Share Button
Read more

#982 アキ・リッサネン・トリオ

閲覧回数 1,710 回

多くのヨーロッパのピアニストのように過度にメロディアスであったり、コードの情緒性に陶酔する事なくストイックに選び抜かれた最小のエレメンツで構成された音楽でありながらなぜか「暖かい」印象を残していた。

Share Button
Read more