「全ては電子音楽だ」 アトミック〜スペース〜コンピュータによる20世紀音楽の思い出

閲覧回数 1,378 回

1957年に生まれた私ができるのは、過去の物語を語り継ぐことであり、記憶の彼方にかすむ、幻影の歌う電子の声に耳を澄ますのみなのだ。

Share Button
Read more

#1507 『バール・フィリップス=吉沢元治/Oh My, Those Boys!』

閲覧回数 1,381 回

二度とこの演奏には出会えない。この録音以外では。つまりこのライブが企画され、録音されていたことが、そしてこのように届けられたことが僥倖である。

Share Button
Read more

#1502 『福盛進也/フォー・トゥー・アキズ』

閲覧回数 1,462 回

無言歌がロマン主義の賜だとすれば、『For 2 Akis』においては、まさにどの曲もネオロマンチシズムの情緒に満ちあふれている。いや、過剰とさえ思える程だ。

Share Button
Read more

ヒストリカル・フィクション 「君が代マアチ〜明治36年のスウィング・ガールズ〜」

閲覧回数 2,066 回

この小説は、実在した「吾妻婦人音楽連中」(邦楽をやるときには東婦人音楽連中と表記)という芸妓のブラスバンドをモデルにして書かれました。

Share Button
Read more

#1495 『ASUNA x Fumihito Taguchi/100×100』

閲覧回数 2,130 回

まあ即物的と言えば言えますが、ここまでのアナログ・サウンドを今、どれだけの人がやれるでしょうか。

Share Button
Read more

#1490 『お酒の子守唄』

閲覧回数 2,118 回

「天音」は、実はお酒の名前でして、この音楽を聴かせながら発酵したという代物。

Share Button
Read more

ムーハル・リチャード・エイブラムスの訃報に接し

閲覧回数 2,904 回

エイブラムスのピアノは決して硬質ではなく、無機的でもない。全く其の逆で、どんなに激しい演奏においても、共演者のサウンドを生かす事ができる。

Share Button
Read more

座頭市の話 

閲覧回数 3,301 回

座頭市は盲人であり、按摩を生業としているのが設定だ。「座頭の市さん」である。しかし、本来の字は「座頭」ではなく「座当」であるべきだ。

Share Button
Read more

#1451『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 7,102 回

このCDは、非イディオマティックな即興演奏という、音楽生成のあり方において最上の記録のひとつであることは論を待たない。それを理解するには、聴くという方法以外には無い。

Share Button
Read more

#969 「注目すべき人々との出会い」を求めて

閲覧回数 4,522 回

このデュオ演奏、ぴったり予定通り20分だった。じつは最近、予定時間通りの演奏ができている。時間芸術としての音楽において、これは非常に大事なことではないか?しかも楽曲ではなく、即興演奏のアンサンブルでそれができるということは?

Share Button
Read more