ムーハル・リチャード・エイブラムスの訃報に接し

閲覧回数 352 回

エイブラムスのピアノは決して硬質ではなく、無機的でもない。全く其の逆で、どんなに激しい演奏においても、共演者のサウンドを生かす事ができる。

Share Button
Read more

座頭市の話 

閲覧回数 387 回

座頭市は盲人であり、按摩を生業としているのが設定だ。「座頭の市さん」である。しかし、本来の字は「座頭」ではなく「座当」であるべきだ。

Share Button
Read more

#1451『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 3,427 回

このCDは、非イディオマティックな即興演奏という、音楽生成のあり方において最上の記録のひとつであることは論を待たない。それを理解するには、聴くという方法以外には無い。

Share Button
Read more

#969 「注目すべき人々との出会い」を求めて

閲覧回数 2,128 回

このデュオ演奏、ぴったり予定通り20分だった。じつは最近、予定時間通りの演奏ができている。時間芸術としての音楽において、これは非常に大事なことではないか?しかも楽曲ではなく、即興演奏のアンサンブルでそれができるということは?

Share Button
Read more