この1枚2016(海外アーティスト)#12 『Glauco Venier / Miniatures: Music for piano and purcussions』

閲覧回数 3,554 回

また、グラウコが、ソロ・ピアノの輝かしい伝統を持つECMで自分に何ができるかと考えたというのも納得する。穏やかな時間の流れと緊張感の中にグラウコの美意識が確実に表現され、ECMの中にあっても極めて密度の高い作品となっている。

Share Button
Read more

この1枚 2016(海外編)#11 『ブラッド・メルドー・トリオ/ブルース・アンド・バラッズ』

閲覧回数 5,403 回

海外の<この1枚>も2枚がブラッド・メルドーがらみで、今日のジャズでは最も魅力に富み、2枚とも味わいと奥の深いアルバムだった。

Share Button
Read more

この1枚2016(海外編)#10 『Tord Gustavsen / What was said』

閲覧回数 5,711 回

多文化主義がさまざまな軋轢を生み出す現在、多様な文化が出会い、行き交い、交感する空間こそが求められているのではないか。本作が生まれたことに時代の必然性を感じている。これもジャズという開かれた精神の音楽がベースにあればこそ。

Share Button
Read more

この1枚2016(海外編)#09 『Darcy James Argue’s Secret Society / Real Enemies』

閲覧回数 5,562 回

ポスト・マリア・シュナイダーの最右翼ダーシー・ジェイムス・アーギューの圧倒的な新作は、グラミー賞ベスト・ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバムにノミネートされた。並みいるライヴァルたちを押さえての受賞が期待される。

Share Button
Read more

このCD2016(海外編)#08 『Silva Rasmussen Solberg / Free Electric Band』

閲覧回数 6,580 回

フリージャズの闘士アラン・シルヴァ、多彩極まりないアルトを吹くメテ・ラスムセン、ふたりのポテンシャルを高めるストーレ・リアヴィーク・ソルベルグの3人による刮目すべきセッションの記録。

Share Button
Read more

この1枚(海外編)#07 『Snikka Langeland/The Magical Forest:シニッカ・ランゲレン/マジカル・フォレスト』

閲覧回数 5,824 回

私自身、今まで経験しなかった録音とミックス技術を尽くした録音表現作品だと思う。

Share Button
Read more

この1枚2016(海外編)#06 『mostly other people do the killing / MAUCH CHUNK』

閲覧回数 6,213 回

アルバム『Mauch Chunk』(hot cup Records)はモッパ・エリオット(b)のグループMOPDK「Mostly Other People Do the Killing」の新作であるがアルト一本に絞ったイラバゴンがメイン・ストリームとフリーの間を行き来しながら存分に暴れまわっているところが痛快極まりない。

Share Button
Read more

この1枚2016(海外編)#05 『アロルド・ロペス・ヌッサ/エル・ビアッへ』

閲覧回数 5,583 回

オバマ大統領等の努力でアメリカとキューバの関係が劇的に良くなった今、“マッド・ドッグ”トランプの登場で再び暗雲が漂いつつあるが、アロルドやフォンセカ、トスカ等の才能ある若手達がその魅力ある音楽で、黒雲を強烈に吹き飛ばしてくれること、切に願いたいものです。

Share Button
Read more

この1枚2016(海外編)#04 『Jack DeJohnette / In Movement』

閲覧回数 5,553 回

身を以てジャズの伝統、スピリットを次世代に伝えるべく献身するディジョネットの心意気に打たれる。

Share Button
Read more

この1枚2016(海外編)#03 『Marek Poliks / hull treader』

閲覧回数 5,629 回

「即興演奏家による作曲作品のリアライゼーション」ならぬ「作曲作品による即興演奏のコンポジション」とでもいうべき音楽。いずれにしろ驚異的な新しい才能が現れたことには間違いがない。

Share Button
Read more

この一枚2016(海外編)#02 『Chris Pitsiokos Quartet / One Eye with a Microscope Attached』

閲覧回数 6,471 回

今年も海外編はクリス・ピッツイオコスにとどめを刺す。新境地を切り開く自己のカルテットのデビュー作は何度聴いても刺激が薄れることはない。

Share Button
Read more

この1枚(海外編)#01 『Christophe Schweizer, Billy Hart & The WDR Big Band / The Broader Picture』

閲覧回数 6,975 回

ビリー・ハートとクリストフ・シュヴァイツァーのふたりに共通する美点は、そのツボを押さえた大局的な音楽展開はもちろんのこと、音楽の血であり肉であるソウルフルなフィーリングが極めて自然に湧出する点にある。切り口は知的で多彩だが、いかなる時も音楽としてブレがない。

Share Button
Read more