JAZZ meets 杉田誠一 #105「追悼:アレサ・フランクリン」

閲覧回数 5,475 回

多くのブラック・ピープルにとって、根拠地=ホームとは、教会であること。

Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #104「追悼 松坂妃呂子」

閲覧回数 8,813 回

学校のひとつではあったOLEOから学んだことは、計り知れない。それから『ジャズ批評』からも。松坂比呂さん、有難うございました。

Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #103「セシル・テイラー」

閲覧回数 10,140 回

セロニアスに似て、全く誰のようでもない「間」。デュークに似て、壮大なオーケストレイション。そして、すぐれてパーカッシヴでありながらも、誰よりもよく「うたう」のがセシル・テイラーというわけです。

Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #101「庄田次郎」

閲覧回数 11,673 回

出演日は必ず寝袋で、店内に寝泊まりしていく。どんなに飲んでも、ジョギングとストレッチは欠かさない。ボディビルダーとしては、毎年静岡県で5位以内を維持してきている。

Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #100「生悦住英夫について知っている2、3のことども」

閲覧回数 17,982 回

演奏は終わると必ず生悦住は、自らに言い聞かせるようにつぶやく。「生命を削って」まで聴きに来たのだ。

Read more

#98 梅津和時と生活向上委員会

閲覧回数 20,946 回

 あの最もエキサイティングだった70年代から遠く離れて、はたして「いま、ジャズ十月革命の予感。」なのでせうか?
 時代はさらに寒く...。フリ〜インプロバイズドの燃えさかる「いま」を直視したい。

Read more

#97 追悼 ジェレミー・スタイグ

閲覧回数 16,220 回

ほんの1週間前の、ヘロヘロ苦汁のエヴァンスとはまったく別人かと思わせるほどの活性化である。明白に、スタイグは、トリオを凄まじくも。扇情的にあおり続ける。ゴメスとマーティ・モレルは、ただただリズムを正確に刻んでさえいれば、用が足りた。

Read more

#96 追悼 ガトー・バルビエリ

閲覧回数 14,875 回

と、バッタリ、ガトー・バルビエリと出会う。黒いハット、枯れ草色のコットン・ジャケットに、赤白ストライプのシャツ。 「Hi ! ガトー、たったいま『ラスト・タンゴ・イン・パリス』を観てきたよ」 ちょっと、キョトンとしていたけれども、ドン・チェリーの奥さんが、ゆっくりていねいに、伝えてくれる。

Read more

Vol.61 白石かずこ

閲覧回数 10,884 回

「ママ」も「パパ」も懐(ふところ)が宇宙空間のように深い。両者とも気分はサン・ラの『太陽中心世界』であるはず。「ママ」はビートニクを通過し、「パパ」もフリージャズをすでに通過している。インプロヴァイズド・ポエムとインプロヴァイズド・ミュージックはフレッシュに交感しないわけはない。

Read more