#13 『ワダダ・レオ・スミス|田村夏樹|藤井郷子|イクエ・モリ/アスピレーション』

閲覧回数 1,126 回

実際、CDを聴く時間も余裕もなかったため、上記の<この1枚>もただ全体の体裁をこわさないために、脳裏にわだかまっていた数枚を思い出すままに列ねたに過ぎない。

Share Button
Read more

#12 『Gato Libre / Neko』

閲覧回数 798 回

藤井はアコーディオンをはじめて鳴らしてみる少女のように、響きを手探りに耳をすまして、「出てきた音」になかば驚いたり魅惑されたり佇んだり希望を持ったりという、

Share Button
Read more

#11 『川島誠 / Dialogue』

閲覧回数 986 回

川島誠は自己の裡にあるなにものかと向かい合う。その厳しい過程で生まれたいちどだけの音楽。

Share Button
Read more

#10 『ティー/インターステラー』

閲覧回数 711 回

エフェクター・サウンド全開音源だ。アコースティック感はヴォーカルのみ。

Share Button
Read more

#09 『後藤篤カルテット/フリー・サイズ』

閲覧回数 1,208 回

後藤篤、1974年生まれの43歳そして石田幹雄、1981年生まれの36歳、今最も創造力が豊かで活力みなぎる年代の2人が音への向き合い方そして情熱を懸命に吐露したマイルストーン的な作品である。

Share Button
Read more

#08 『深井克則/リバース』

閲覧回数 719 回

そしてその長い音楽歴の割りに余り恵まれていたとは言い難い、深井という一人の卓越したミュージシャンの、優しさ、厳しさ、激しさ等々、その美点・秀点のほとんど全てがここには網羅されているとも言える。

Share Button
Read more

#07 『桑原あい×石若駿 Ai Kuwabara×Shun Ishiwaka/Dear Family』

閲覧回数 761 回

この数年での二人の飛躍は驚くべきもので、「日本の若手を代表する」どころではなく、早く世界で活躍すべき逸材であり、今後のさらなる飛躍を楽しみにしたい。

Share Button
Read more

#06 『スガダイロー Little Blue/Summer Lonely』

閲覧回数 1,024 回

この1枚ではなく、この1曲。アルバムとしてもむろん素晴らしいが、<Round Midnight>の超絶解釈にとどめを刺す。

Share Button
Read more

#05 『Satoko Fujii Orchestra New York / Fukushima』

閲覧回数 758 回

現実にはFukushimaを共有していないニューヨークのミュージシャン達にここまで深く共感させ得たのはひとえに藤井のスコアの力だろう。

Share Button
Read more

#04 『V.A. / 実験音楽演奏会 2』

閲覧回数 875 回

大崎/戸越銀座のイベント・スペース「l-e」で行われていた杉本拓による「実験音楽スクール」の参加者たちからなる「実験音楽演奏会」の二枚目となるアルバム。

Share Button
Read more

#03 『灰野敬二/わたしだけ?』

閲覧回数 771 回

このアルバムは時代や国境や社会情勢に関係なく「人間存在」に対する「?」を提示しているのである。そして全人類の内、筆者を含むある一定のパーセンテージ、それがたとえ0.000000013%(73億分の1)であれ、「?」を愛する者が存在する限り、常に「この1枚」と呼ばれ続けるに違いない。

Share Button
Read more

#02 『伊藤志宏トリオ・シンクレティア/毒ある寓話』

閲覧回数 1,160 回

ピアノはもっともポピュラーな楽器だけに、「弾ける」の価値観にも様々あろうが、伊藤志宏のピアノは文句なしに最高の道標のひとつ。

Share Button
Read more

#01 『ミクロマクロ/曲のとびだす絵本』

閲覧回数 894 回

ギターとヴォイス、それぞれの達人が「真剣に遊ぶ」、その現場を余すところなく記録した本作を聴き進めるうちに、全ての音が色彩を帯びてくる

Share Button
Read more