Reflection of Music Vol. 57 ヒロ・ホンシュク

閲覧回数 498 回

ヒロ・ホンシュクの音楽には師であるジョージ・ラッセルの影が見える。リディアン・クロマティック・コンセプトだけではなく、グルーヴ感に対するこだわりもそうだ。グルーヴするからこそ複雑なことをやっている演奏もさらりと心地よく聴けるのだ。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams : profile

閲覧回数 522 回

その高潔な人間性、統率力、指導力は「ムーハル」(総師)と呼ばれるにふさわしい。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams by Wadada Leo Smith

閲覧回数 496 回

彼は気高い(スピリチュアルな)男であった。彼の行程は光に満ちていた。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams by Jack DeJohnette

閲覧回数 472 回

1964年に彼とロスコー・ミッチェルがシカゴのAACMを設立する前夜、僕は彼のエクスペリメンタル・バンドで演奏していた。

Share Button
Read more

RIP Muhal Richard Abrams – What he meant to me by Chico Freeman

閲覧回数 451 回

RIP Muhal Richard Ab

Share Button
Read more

ムーハル・リチャード・エイブラムスとの在りし日をしのぶ

閲覧回数 405 回

とりわけ強く印象に残っているのがフェスティヴァルの開幕日と、最終日(日曜日の11日)の取りを飾ったAACMビッグバンドの演奏で、そのリーダーが彼だった。

Share Button
Read more

ムーハル・リチャード・エイブラムスの訃報に接し

閲覧回数 361 回

エイブラムスのピアノは決して硬質ではなく、無機的でもない。全く其の逆で、どんなに激しい演奏においても、共演者のサウンドを生かす事ができる。

Share Button
Read more

連載第27回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 ジェレマイア・サイマーマン・インタビュー

閲覧回数 653 回

クラリネット奏者、インプロヴァイザー、サウンド・アーティストのジェレマイア・サイマーマン。この10年でニューヨークの即興音楽シーンにおけるキーマンとして登場してきた。インプロヴィゼーション、エレクトロニクス、ソロやアンサンブルでのさまざまな作曲的アプローチ。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第19回 ビリー・ミンツ・カルテット at Balboa

閲覧回数 386 回

ビリー・ミンツほどに細やかで美しいスイングをシンバルで鳴らせるドラマーはそうそういない。知る人ぞ知る、ニューヨーク・ドラマーのライブレビューとインタビュー。

Share Button
Read more

#102 林ライガ

閲覧回数 497 回

林ライガは、オーソドックスな基本をしっかり押さえているため、フリー〜インプロ、はたまた邦楽とすら、めくるめく交感しうる鬼才である。

Share Button
Read more

タガララジオ 48 「2017年、晩秋に聴かれるべき5枚のピアノ盤を!」

閲覧回数 464 回

ほんとはオザケン+セカオワを筆頭にしてノンジャンルでノータイムなタガララジオを書こうと思っていたのですが、ピアノ盤ならべていたら締め切り日になっていたという、

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #40 「近藤等則とTokyo Meeting 1985」

閲覧回数 940 回

近藤等則、サムルノリ、姜泰煥ソウル・ジャズ・トリオという、いわゆる東アジアのミュージシャンたちが初めて一堂に会した画期的イベント。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #25 Jon Hendricks

閲覧回数 698 回

ジョン・ヘンドリクスが他界した。ジャズ界ばかりでなく、ストーンズやビートルズやブラジル音楽家たちにまで影響を及ぼした偉人。ヴォーカリーズをイノベートしたヘンドリクスは、ラップ・ミュージックをこの1958年録音のジョージ・ラッセル作品、『New York, N.Y.』でイノベートしたとも言われている。このレコーディングにまつわるラッセルとヘンドリクスとのやりとりや、歴史に残るコルトレーンの姿などを交えて解説。

Share Button
Read more

#5 メリー・ルー・ウィリアムスのフェミニンなドレス

閲覧回数 396 回

メリー・ルー・ウィリアムス(Mary Lou Williams:1910年5月8日〜1981年5月28日)は女性ジャズ・ミュージシャンのパイオニアであり、ジャズシーンに最も貢献した女性ピアニスト、コンポーザー、アレンジャーの一人でもある。
彼女のミュジシャン活動の初期、1930年代に活動していた頃のファッションに注目したい。

Share Button
Read more

座頭市の話 

閲覧回数 396 回

座頭市は盲人であり、按摩を生業としているのが設定だ。「座頭の市さん」である。しかし、本来の字は「座頭」ではなく「座当」であるべきだ。

Share Button
Read more

#1470『板橋文夫+結/謡文』

閲覧回数 2,271 回

『板橋文夫+結/謡文』(MIX DYNAMITE 2017)で民謡と板橋ミュージックを合体、類例を見ない世界を築き上げた。

Share Button
Read more

#1469『Barry Altschul and the 3Dom Factor / Live in Kraków』

閲覧回数 688 回

三者三様のベストプレイが炸裂するこのアルバムを聴いていると、世界の中心で“ジャズ”と叫びたい気持ちになれる。

Share Button
Read more

#1468『Gondo’s Carol Brass Ensemble / Silent Night』

閲覧回数 542 回

ぼくらは歌ではないから器楽用に挑戦的なアレンジも施したりしてますが、でもやはり基本はボストンのあの空気感を録りたかったので別段複雑にしたつもりもありません。

Share Button
Read more

#1467『Laia Genc Liaison Tonique: Birds/ライア・ゲンク リエゾントニック:バーズ』

閲覧回数 800 回

叶わぬ過去、光明への助走期のような現在、未知の世界へのイマジナティヴな眼差しなど—こころの春秋がページを繰る毎に木漏れ日のようにたち現れるソング・ブック。/ This album is a songbook that the spring and autumn of one’s heart — unfulfilled past, run up period towards a bright future, imaginative look at an as-yet-unknown world— appear like sunlight filtering through the trees as the pages are turned by.

Share Button
Read more

#1466『gravity / tree』

閲覧回数 686 回

ドイツ出身のギタリスト、即興演奏家、作曲家Hannes Buder の新プロジェクト。ここで彼はギターではなく、チェロのみを弾いている。弦の響きが時の経過とともに織りなすドラマ性、時に荘厳さすら感じさせる幽玄美の中から、うっとりするような彼特有のリリシズムが透けてくる。

Share Button
Read more

#1465『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』

閲覧回数 1,380 回

通して聴くと72分41秒、『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』は(本田)珠也のリズム、4人のスイング感、グルーヴが全てで、かくしてピットインの夜は更けてゆく。

Share Button
Read more

#1464 『Rent Romus / Deciduous : Midwestern Edition Vol. 1』

閲覧回数 1,007 回

“即興の創造的な強靭さ・歴史・一期一会を共有する人々を橋渡しする”プロジェクト『Deciduous(落葉)』は、森の中の精霊を創造の種とする即興演奏のルーツを復興する試みといえよう。

Share Button
Read more

#1463『Muhal Richard Abrams featuring Malachi Favors / Sightsong』

閲覧回数 906 回

エイブラムスが残したデュオ作品のなかでもひときわ独特な魅力を持った作品。

Share Button
Read more

#991 ハシャ・フォーラ@阿佐ヶ谷ジャズ・ストリート

閲覧回数 373 回

ホンシュクは自他と共に認める「マイルス信者」でレコーディングやライブのいわば「縦軸」はマイルス・ディヴィスの影響と継承発展に、「横軸」は彼の師ジョージ・ラッセルのリディアン・クロマティック概念に基づいている。

Share Button
Read more

#990『トリフォニーホール開館20周年記念コンサート/クリスチャン・ヤルヴィ サウンド・エクスペリエンス2017』

閲覧回数 608 回

クラシック音楽における最先端は、今後どのようにそのエッジを研ぎ澄ませてゆくのだろうか。興味は尽きない。

Share Button
Read more

#989 吉田野乃子 Birthday Live 『ののこ三十路祭り』

閲覧回数 829 回

11月11日、吉田野乃子は30歳の誕生日を迎えた。第1部は彼女が近年取り組んでいるソロ、第2部が結成されたばかりの新バンド「エレクトリック・ヨシダ(仮)」。吉田の現在を映した、記念すべきライブとなった。

Share Button
Read more

#988『トリフォニーホール・グレイト・ピアニスト・シリーズ2017-18/エリソ・ヴィルサラーゼ&新日本フィルハーモニー交響楽団』

閲覧回数 531 回

名伯楽としてのキャリアが示すとおり、その演奏は決して奇抜な個性を押し出すものではない。楽曲の構成を噛み砕き、熟成させ、演奏の起伏を決して感情任せにしない。ポイントとなる音やフレーズを起点に変化を持たせ、裏づけ充分に作品を内側から組み直してはドラマを捻出する。演奏は自ずと説得力に満ちたものとなる。

Share Button
Read more

#987 カーリ・イコネン・ピアノ・ソロ

閲覧回数 372 回

けれん味のないロマンティックな精神は70年代のECMのジャズ・ピアニスト達にも通じる「青春性」を率直に表しているようで清々しかった。

Share Button
Read more

#986『舘野泉バースデー・コンサート2017 彼のための音楽を彼が弾く〜今井信子を迎えて/ Izumi Tateno Birthday Concert 2017〜Welcoming Nobuko Imai』

閲覧回数 679 回

新たなジャンルを切り開く先鋒に立ち続けることの厳かな美しさを、入魂の一音一音が雄弁に物語る。/ The intimate, soulful sounds relate with great eloquence the majestic beauty of one who remains standing at the vanguard as a pioneer of new genres.

Share Button
Read more

#985『アンリ・バルダ ピアノリサイタル/ Henri Barda Piano Recital』

閲覧回数 608 回

バルダが黙々と醸成してきた揺るがぬプリンシプルが結実、むせ返るような濃厚な世界に呑み込まれた。/ The unwavering principle that Henri Barda has tacitly cultivated bears fruit, the audience engulfed by his choking, dense world.

Share Button
Read more

#395 『Satoko Fujii Orchestra New York / Fukushima』

閲覧回数 454 回

奇抜を的確に捉えた録音に最大限の喝采を。

Share Button
Read more

#394 『Mario Laginha Novo Trio / Terra Seca』

閲覧回数 394 回

サウンド、音質、極めて良し。久々のアコースティック優秀録音。

Share Button
Read more

#393『波多江崇行 川下直広 小山彰太/Parhelic Circles』

閲覧回数 385 回

ドラムスのエッジに、遠近感の違いを感じる、このワザは何だ?

Share Button
Read more

#392『キアラ・パンカルディ/ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ』

閲覧回数 369 回

この盤は肉厚より繊細さに重点を置いたと受け止める。

Share Button
Read more

#391『Gondo’s Carol Brass Ensemble / Silent Night』

閲覧回数 380 回

管楽器の艶と、開放感、チューバの低音に、こうありたいと我が録音にかぶせる。

Share Button
Read more

#390『細川千尋/CHIHIRO』

閲覧回数 385 回

ピアノのオンマイクで注目されるのは、音の抜けを考慮していること。

Share Button
Read more

#389 『TAMAXILLE/Live at Shinjuku PIT INN』

閲覧回数 378 回

音像の明確さに、オーディオを意識してしまう録音だ。

Share Button
Read more

悠々自適 #72「コンダクションと表現の自由について」

閲覧回数 1,100 回

それにしても、ジャズにおける表現の自由にはあらためて驚く。いや驚くのみならず、深い敬意を抱かずにはいられない。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter 52「井上敬三」 

閲覧回数 10,864 回

<自分に自分を許せないタイプですから死ぬまで吹き続けます>。井上敬三さんはまさにジャズに生きた人であった。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第18回 マタナ・ロバーツ:現代アメリカにおける音楽と政治

閲覧回数 1,133 回

ニーナ・シモンが『ミシシッピ・ガッデム』を、ビリー・ホリデイが『奇妙な果実』をもし歌っていなければ、後世の我々はその当時の人々の苦しみを今ほど知ることが出来ていただろうか。シカゴルーツのサックス奏者、マタナ・ロバーツが音楽を通して表現する現代アメリカの政治的メッセージとは。

Share Button
Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #101「庄田次郎」

閲覧回数 1,072 回

出演日は必ず寝袋で、店内に寝泊まりしていく。どんなに飲んでも、ジョギングとストレッチは欠かさない。ボディビルダーとしては、毎年静岡県で5位以内を維持してきている。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #24 Grady Tate

閲覧回数 1,454 回

今月8日に他界したグラディ・テイト、歌手としてグラミーにノミネートされるほどの成功を納めたが、ドラマーとして歴史に重要な痕跡を残したテイト。地味なようだが恐ろしくたくさんのセッションで名作に貢献している。彼の才能を正当に評価する他のミュージシャンたちに請われて多忙だった彼の特異なキャリア。なぜクインシー・ジョーンズやクリード・テイラーがそれほど彼を必要としたか。テイトの唯一無二のドラミング・スタイルを解説。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #39「ユッスー・ンドゥール&スーパー・エトワール」ザ・ガイド・ツアー・イン・ジャパ ‘94

閲覧回数 1,015 回

ユッスー・ンドゥールが高松宮殿下記念世界文化賞の「音楽部門賞」を受賞した。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #4. スタイリッシュなバンドリーダー達

閲覧回数 1,079 回

初期の多くのジャズミュージシャンたちは服装に凝っていた。パリッとした服装は成熟と成功を意味していた。

Share Button
Read more

#1462『ヒカシュー/あんぐり』

閲覧回数 3,477 回

「即興とソング」をテーマに活動する世界随一の雑食性バンド、ヒカシューの23枚目のオリジナル・アルバム。結成39年目にして創造力の極みを更新し続ける彼らに、注目の若手サックス奏者クリス・ピッツィオコスをはじめとする個性派ゲストが加わり展開されるサウンド・ワールドは、迷える現代人への黙示録である

Share Button
Read more

#1461『シーネ・エイ/ドリームス』

閲覧回数 1,722 回

シーネ・エイのジャズ・ヴォーカルの実力と魅力を味わい尽くせる素敵な新作であった。バックのセンスのいいプレイをも称えたい。もっと人気が出ていいシンガーだ。

Share Button
Read more

#1460『Valentin Silvestrov : Hieroglyphen der Nacht / Anja Lechner, Agnès Vesterman』 

閲覧回数 1,815 回

公演チラシを2枚、この過剰な形容にわたしは大いに納得している、

Share Button
Read more

#1459『Kubikmaggi / Things』

閲覧回数 1,896 回

ロシア・サンクトペテルブルクを拠点に活動するジャズ・ロック・バンド、Kubikmaggiによるサード・アルバム。上原ひろみを思わせるプログレッシヴ・ジャズ・ロックな音像に、フリー・ジャズや音響派の要素も入り混じった内容で、職人技の生演奏による折衷主義の極北をいくような音楽だ。

Share Button
Read more

#1458 『Christian Meaas Svendsen / Avin』

閲覧回数 1,730 回

ノルウェーのグループNakamaのベーシストとしても知られるクリスティアン・メオス・スヴェンセンによる新作は、アヴァンギャルドかつエクスペリメンタルなこれまでの彼のイメージの斜め上をいくような、極上の「歌もの」に仕上がっている。スヴェンセンの関心領域の幅広さと音楽的能力の高さを知らしめる傑作だ。

Share Button
Read more

#1457『Juxtaposition / Juxtaposition』

閲覧回数 1,740 回

ノルウェー・オスロを拠点に活動する四人の若手即興演奏家によるセッションの記録。活発化するノルウェーのインプロ・シーンの現在を伝える必聴のドキュメントだ。

Share Button
Read more

#1456『伊藤志宏トリオ・シンクレティア/毒ある寓話 Shikou Ito Trio Syncretia/Doku Aru Gūwa (A Poisonous Moral Tale)』

閲覧回数 4,011 回

伊藤志宏のピアノは美しい。音が違う。ジャズだのクラシックだのといったジャンルの分化以前に、「ピアノ弾き」たる者なら誰もが憧れずにはおれないが、到達できる者はごくわずかの天賦の領域。/ Shikou Ito’s piano is beautiful, the sound is simply different, and his lightning fast direct connection of brain and fingertips creates a dewdrop-like transparency. Before differentiating into the jazz or classical music genre, anyone who considers themselves a “pianist” has no choice but to admire this kind of playing, and acknowledge that only those belonging to a narrow realm of natural talent can attain such heights.

Share Button
Read more

#1455『David Virelles / Gnosis』

閲覧回数 1,898 回

本作『グノーシス』は源泉『エムボコ』をECM的カレードスコープ化した作品に思える、クラシックのマーケットに並べられてもいいような構成感覚もある、

Share Button
Read more

# 1454『Gary Peacock Trio / Tangents』

閲覧回数 1,778 回

「ベース奏者によっていかにレベルが上がるものか」と形容できるベーシストはジャズ史において、スコット・ラファロ、ゲイリー・ピーコック、トーマス・モーガンだけです、

Share Button
Read more

#1453『Bill Frisell & Thomas Morgan / Small Town』

閲覧回数 1,823 回

だめだ、なみだで目が見えない、フリゼール、お前、わかってるじゃねえか、うううっ、作曲したモチアンがよみがえってくるぜ、その心意気、しかと受け取った、

Share Button
Read more

#1452『Tim Berne’s Snakeoil / Incidentals』

閲覧回数 1,923 回

チェス・スミスはトランス状態になってはいないか?いつの間にプロデューサー席から怪人デヴィッド・トーンがそこに現れているではないか、

Share Button
Read more

#984 チューチョ・ヴァルデス&ゴンサロ・ルバルカバ ”トランス (Trance) ”

閲覧回数 920 回

どうやら当夜は終始ゴンサロがリードし、チューチョはといえばあたかも息子にすべてを任せて安楽椅子に座っている風だった。

Share Button
Read more

#983 ロジャー・ターナー、喜多直毅、齋藤徹

閲覧回数 1,539 回

類をみない繊細な音を放つロジャー・ターナー。齋藤徹、喜多直毅との4度目の邂逅。

Share Button
Read more

#982 アキ・リッサネン・トリオ

閲覧回数 1,035 回

多くのヨーロッパのピアニストのように過度にメロディアスであったり、コードの情緒性に陶酔する事なくストイックに選び抜かれた最小のエレメンツで構成された音楽でありながらなぜか「暖かい」印象を残していた。

Share Button
Read more

#981『メナヘム・プレスラー ピアノリサイタル/Menahem Pressler Piano Recital』

閲覧回数 1,736 回

ピアニシモになればなるほど美しく、威力は増す。どんな微細なニュアンスも聴き逃すまい、と観客の耳は吸い寄せられる。/ The more pianissimo, the stronger the power. The audiences’ ears were irresistibly drawn toward so as not to miss any single nuance, however subtle.

Share Button
Read more

#980『セドリック・ティベルギアン ピアノリサイタル/Cédric Tiberghien Piano Recital』

閲覧回数 1,635 回

1998年のロン・ティボーコンクールの覇者であり今や世界的に活躍するセドリック・ティベルギアンの音楽は、おそらくピアノという楽器のダイナミクスの限界からも、クラシックという解釈芸術の制約からも、その威力と表現の自由度の高さにおいて最先端をいく。/ The music of Cédric Tiberghien is probably at the leading edge of today’s classical music scene, and in spite of the limited dynamics of the piano and the restrictions on interpreting classical music, this is especially evident when considering his power and high degree of freedom in musical expression.

Share Button
Read more

#979 第50回ティアラこうとう定期演奏会~オペラ「夕鶴」

閲覧回数 1,007 回

それがこの日は、違った。初めてというのがお恥ずかしいくらいに、団伊玖磨が書いたオペラのスコアから生まれる洗練された音楽に酔いしれた。

Share Button
Read more

#978 新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会ルビー(アフタヌーン・コンサート・ シリーズ)第9回

閲覧回数 1,023 回

ウェールズの気候風土を知り抜いた尾高ならではの指揮(指揮棒はこの日1度も使わなかった)がすこぶる印象的だった。

Share Button
Read more

#977 クリス・ピッツィオコス JAPAN TOUR 2017 秋葉原『スペシャル・セッション』

閲覧回数 1,865 回

クリス・ピッツィオコス初来日ツアーの最終日は、ノイズ、ロック、フリージャズなどを相互に越境する怪物たちとのギグとなった。ルインズの吉田達也に加え、フリージャズ・インプロの広瀬淳二にスガダイロー、非常階段のJOJO広重。

Share Button
Read more

#976 クリス・ピッツィオコス JAPAN TOUR 2017 稲毛『吉田達也DUO』・千駄木『ソロ』

閲覧回数 1,866 回

JAPAN TOUR終盤のクリス・ピッツィオコス×吉田達也デュオと唯一の完全ソロ公演をレポート。日本公演で培った吉田との共感と、日本のオーディエンスへの敬意を素直に表現するピッツィオコスの音楽は、テクニックではなく豊潤な表現力があるからこそ輝いているのである。

Share Button
Read more

#975 クリス・ピッツィオコス JAPAN TOUR 2017 札幌公演『大友良英スペシャル3days』

閲覧回数 2,495 回

クリス・ピッツィオコスJAPAN TOUR、札幌での2日間(9月26、27日)は大友良英との共演であり、いくぶんスペシャル感の強い2日間となった。大友 (g)、Sachiko M (sine wave)、山崎比呂志 (ds)、不破大輔 (b) 芳垣安洋 (ds)というベテラン勢と交歓した二日間を北海道在住のゲスト・コントリビューターがたっぷりとレポート。

Share Button
Read more

#974 N響JAZZ at 芸劇

閲覧回数 1,365 回

そんな、チックの音楽、塩谷、団員を有機的に結びつけ、組み立てて、グルーヴとダイナミックスを生み出して行くマエストロ。

Share Button
Read more

#388『David Virelles / Gnosis』

閲覧回数 1,243 回

低音部を支えるベースの低音の解像の良さは絶品。迫ってくる音量感に絶句。

Share Button
Read more

# 387 『シーネ・エイ/ドリームス』

閲覧回数 1,039 回

近接の歯切れは、録音術ならではの効果。当然、狙っている。

Share Button
Read more

#386 『平林牧子/ホエア・ザ・シー・ブレイクス』

閲覧回数 1,065 回

お互いの楽器間のかぶりも表現のひとつと捉えた録音に喝采。

Share Button
Read more

#385『Mark Dresser / Modicana』

閲覧回数 1,236 回

コントラバスの絃の響き、胴の唸り、空気を振るわす響き、怒濤と言ったら言い過ぎかも知れないが、印象は、まさにそれだ。

Share Button
Read more

# 384『Liudas Mockūnas / Hydro』

閲覧回数 1,291 回

筆者の体験では、大きな器に水を張り先端を突っ込む。いわゆるブクブクが大切なのだ。水面すれすれにマイクをセットしたしたことを思い出す。

Share Button
Read more

#383『Komitas:Seven Songs / Lusine Grigoryan』

閲覧回数 1,011 回

マイキングで中音域の透明さに力を注いだ跡がうかがえるのが注目点。

Share Button
Read more

#382『Hans Hassler / wie die zeit hinter mir her』

閲覧回数 961 回

オンマイク手法でリアルさと音源の発する微細な音も、音圧で聴かせるマジックめいた録音に喝采。

Share Button
Read more

#167 【日米先鋭音楽家対談】クリス・ピッツィオコス×美川俊治×橋本孝之×川島誠

閲覧回数 4,546 回

初来日したニューヨーク即興シーンの新鋭クリス・ピッツィオコスと日本の個性派サックス奏者・橋本孝之と川島誠、そしてノイズ・シーンのオリジネーター美川俊治。“今ここにある音楽表現”を続けるための姿勢と思想を語り合う対談のドキュメント。

Share Button
Read more

#166   Kubikmaggie クービックマギー

閲覧回数 951 回

ペテルスブルグではジャズ・フェスは2つある。ペトロジャズ (Petrojazz) からは僕らの音楽はサイケ過ぎるという理由で出演を拒否されたんだ。

Share Button
Read more

#165 平林牧子 Makiko Hirabayashi

閲覧回数 1,055 回

JT: 新作をジャズと呼んでほしいですか?
平林: いろいろな要素が入っていると思います。ジャンルにはこだわっていません。

Share Button
Read more

#76 第16回 東京JAZZフェスティバル

閲覧回数 2,736 回

クラブ(WWW、WWWX)演奏も注目を集めたことなどを含めて、渋谷に移転しての東京JAZZフェスティバルは第1回としては成功裏に再出発したといってよいだろう。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 56 クリス・ピッツィオコス

閲覧回数 3,251 回

クリス・ピッツィオコスが来日し、JAZZ ART せんがわに一陣の風が吹き抜けた。彼のソロ演奏は、未知の領域を探究するようなサウンド構成だった。会場を圧倒するほどの凄みはなかったもののその片鱗は確かに観ることができた

Share Button
Read more

Reflection of Music (Extra) Vol. 55 JAZZ ART せんがわ 2017

閲覧回数 4,152 回

「JAZZ ART せんがわ」がスタートしたのは2008年、今年遂に10周年を迎えた。商業主義とも単なる街興し的なお祭りとも一線を画した独自の路線を持つフェスティヴァルが続いたことは嬉しい。おめでとう!

Share Button
Read more

連載第26回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 1,949 回

ニコール・ミッチェルが彼女のユートピア的世界観たる『Mandorla Awakening II: Emerging Worlds』、「ジャズ」をその文脈から引き離し、粉砕して、その壊れた欠片により流れと混乱の組み合わせを創り上げた『Hearts and Minds』。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第17回 マット・ミッチェル〜注目すべき対象と曖昧な始発点の交差する場所〜

閲覧回数 2,614 回

ニューヨークで今最も勢いのあるピアニストの一人、マット・ミッチェルの新しいアルバム、『A Pouting Grimace』。木管楽器、パーカッション、リズムセクションとエレクトロニクスという総勢12人の変則的アンサンブルに、指揮者としてタイショーン・ソーリーが加わったプロジェクト。El Intrusoマガジンによるマット・ミッチェルへのインタビューも。

Share Button
Read more

#973 2017年9月のニューヨーク

閲覧回数 4,078 回

2017年9月のニューヨーク・ジャズシーン報告。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #23

閲覧回数 2,942 回

面白いのは、マイルスやコルトレーンやエヴァンスやオーネットはラッセルのこの理論に深く耳を傾けたことだった。それがモードジャズの誕生だ。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #38「日野皓正・元彦さんとの仕事」

閲覧回数 2,392 回

元彦さんは皓正さんを「兄貴」と慕い、皓正さんは元彦さんを「トコ」と何かにつけ目をかけていた。二人はとても生真面目で真摯に音楽に立ち向かい、自らを厳しく律していた。

Share Button
Read more

#6 星降るサハラ砂漠を目指して

閲覧回数 4,338 回

砂漠に出たら、すでに旅人や住人が砂上に横たわっているではないか...。見習って仰向けに寝たら大地の懐は涼しく身体を抱きしめてくれるのだった、あ〜何といい気持ちなんだ。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #3. アニタ・オデイのブラックドレス

閲覧回数 1,578 回

アニタ・オデイ、というとほとんどのジャズファンが1958年のニューポート・ジャズフェスティバルでブラックにホワイトのオーストリッチのついたドレスを着て<Sweet Georgia Brown >と<Tea for Two >を歌う姿を思い浮かべるのではないだろうか?

Share Button
Read more

LIVE EVIL #29「Bitches Brew for hipsters only 10 周年記念コンサート」

閲覧回数 2,241 回

とりあえず、10年間お疲れ様でした。機会があればまたレコード・ジャケットの撮影をお願いしたいね。

Share Button
Read more

Live Evil #28「日米友好コンサート / 米国空軍太平洋音楽隊・アジア」

閲覧回数 1,777 回

バディ・リッチで幕を開け、ベイシーで閉じる、アメリカの豊穣なジャズ文化だ。白人隊員中心の軍楽隊だが、アフリカン・アメリカンのバリサックスもいる、女性隊員のトロンボーンとヴォーカルもいる。

Share Button
Read more

#1451『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 3,442 回

このCDは、非イディオマティックな即興演奏という、音楽生成のあり方において最上の記録のひとつであることは論を待たない。それを理解するには、聴くという方法以外には無い。

Share Button
Read more

#1450 『Racha Fora / Happy Fire:New Kind of Jazz』

閲覧回数 8,855 回

自他ともにマイルス・フリークとしてしられるヒロ・ホンシュクであるが、本アルバムではさらに飛躍してジョージ・ラッセル(p,comp,arr)、マイルス・デイヴィス(tp)、ビル・エヴァンス(p)そしてヒロ・ホンシュク(fl,EWI)がサイクリカルに巡っている。

Share Button
Read more

#1449『Todd Neufeld / Mu’U』

閲覧回数 3,690 回

ジャンルやスタイルに回収できないニューフェルドの音楽は、決して聴き易いものでもなければ、わかり易いものでもない。しかし、そこに定着された、潜勢や気配から発すべき音を掴み取り、無から有へ跳躍するその瞬間の生々しさには抗し難い重力、強度が宿っているのだ。

Share Button
Read more

#1448 『Vijay Iyer Sextet Far From Over』 

閲覧回数 3,497 回

静と動、ダイナミックとフローティング、めっちゃカッコいい表題曲「Far From Over」、ジャズイズカミングバック!

Share Button
Read more

#1447 『Avishai Cohen / Cross My Palm With Silver』

閲覧回数 3,097 回

伸びやかなトランペット・トーンの陰影を含んだECM独特のヨーロッパ詩情、これに尽きる名盤だ、

Share Button
Read more

#1446 『Cortex / Avant-Garde Party Music』

閲覧回数 3,763 回

北欧から登場したネオ・ハードバッパー、コルテックス。政府の援助を受け、自ら前衛を名乗り、往年のフリージャズを装いながら、シーンの内側から革命を模索する音楽闘士が奏でる『アヴァンギャルドなパーティ・ミュージック』は新たな創造性へのプロテスト・ソングである。

Share Button
Read more

#1445『Talibam! / Endgame of the Anthropocene』『Talibam! / Hard Vibe』

閲覧回数 3,759 回

2004年から活動を続けるアヴァンユニット・Talibam!の新作2枚。仮想のSFサウンドトラック、サイケデリックなロック。まるでタイプの異なることこそ彼らの真骨頂か。

Share Button
Read more

#1444 『Racha Fora / Happy Fire』

閲覧回数 3,443 回

そんな新しいリズムの探求に貪欲な若い世代のジャズ・リスナーにとっても、この本宿宏明(ヒロ・ホンシュク)が提示する“New Kind Of Jazz”は相当刺激的に響くはずだ。

Share Button
Read more

#1443 『Racha Fora / Happy Fire:New Kind of Jazz』

閲覧回数 3,540 回

永遠の師マイルスの “常に新しい方向に進め” という教えをモットーに、ヒロとそのバンドは “今までに聞いたことのないグルーブ感”、すなわち21世紀型のハイブリット・ミュージックを探求、その創出・深化の過程にある。

Share Button
Read more

#1442『Todd Neufeld / Mu’U』

閲覧回数 3,316 回

ウェルメイドな楽曲を手がけるギタリストが数多くいる現代のジャズ・シーンのなかで、演奏家としてオリジナルな響きを生み出すことのできるミュージシャンはほとんどいないように思う。

Share Button
Read more

#1441『Todd Neufeld / Mu’U』

閲覧回数 2,067 回

菊地雅章が身を挺してこじ開けたインプロジャズは、胚胎しその種子となった核がいたるところに内在していることが聴きとることができる、しかしながらそれは、卓抜した演奏者、ここの5にん、トロンボーンを繰るタイションも含む、によってでしか到達できない結果として、だ、もとよりジャズは奏者の力量がものを言う、

Share Button
Read more

#1440『TON-KLAMI / Prophecy of Nue』

閲覧回数 3,597 回

姜泰煥、高田みどり、佐藤允彦による唯一無二のグループ、トン・クラミ。22年を経て陽の目を見る圧倒的な演奏である。苛烈なエネルギーを放出した『In Moers』よりも多彩であり、ショーケース的な『Paramggod』よりも一期一会の迫力に満ちている。

Share Button
Read more