悠々自適 #74 <クロード・ヌガロを聴いてチャールス・ミンガスに涙し、ミシェル・ペトルチアーニの狂気 を思い浮かべ、河田黎のクロード・ヌガロへの思いの深さに感嘆!>

閲覧回数 1,188 回

河田黎がこれらの楽曲、わけてもジャズへのアプローチが欠かせないヌガロの楽曲をこれといった迷いも逡巡もなく堂々と料理出来た裏に、ピアノの太宰百合の例外的な健闘があったことを忘れるわけにはいかない。

Share Button
Read more

R.I.P. Arthur Blythe Jack DeJohnette

閲覧回数 824 回

デイヴィッド・マレイ(ts)、ピーター・ウォーレン(b) とともに私のバンド「スペシャル・エディション」に参加してくれるよう頼み込んだ。それは素晴らしい音楽の出会いとなり、「スペシャル・エディション」は永く語り継がれるバンドとなった。

Share Button
Read more

Arthur Blythe : A Tone Master of the Alto Saxophone Oscar Deric Brown

閲覧回数 812 回

私はベニー・ゴルソンが耳元で、「いいかい、彼のトーン、彼のサウンドだ。よく聴いておくんだぞ」と囁いたのをはっきりと覚えている。アーサー・ブライスが“トーン・マスター”であることをベニー・ゴルソンが認めたのだ。

Share Button
Read more

追悼 アーサー・ブライス   スタンリー・カウエル

閲覧回数 742 回

僕は彼の流麗でソウルフルなサウンドが好きだった。そして時に聞かせるあの泣き節がね。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter49 後藤篤

閲覧回数 5,391 回

類は類を呼ぶ、板橋文夫、林栄一そして後藤篤、みんなエネルギーの塊である。

Share Button
Read more

連載第22回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 904 回

ニコール・ミッチェルのMaroon Cloud公演(National Sawdust)、ヒップホップと融合したジェームス・ブランドン・ルイスの新作『No Filter』

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第14回 ランディ・ピーターソン〜微分音のリズム〜

閲覧回数 2,126 回

マイクロトーンを使った即興演奏でまったく新しい世界を作り出したジョー・マネリと長年に渡り共演したドラマー、ランディ・ピーターソンへのインタビュー。独自の演奏スタイルを持つ彼が、ジョーとの演奏経験について、マイクロトーナル理論のリズム的観点からの分析などについて話をする。

Share Button
Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #100「生悦住英夫について知っている2、3のことども」

閲覧回数 1,121 回

演奏は終わると必ず生悦住は、自らに言い聞かせるようにつぶやく。「生命を削って」まで聴きに来たのだ。

Share Button
Read more

52. マット・ケイン&カンザス・シティ・ジェネレーション・セクステット

閲覧回数 1,187 回

マット・ケインと、ハーモン・メハリを始めとするカンザス・シティの若い世代のミュージシャン達を巡り、カンザス・シティのジャズシーンに見られる動きに注目。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #18 『Caravan』

閲覧回数 2,060 回

アバンギャルドという看板を背負わされたことを嫌い、黒人文化と黒人音楽の伝統を守りながら驚くべきクリエイティビティーを世に残したアーサー・ブライスだったが、商業的に成功しなかったことに苦悩し、パーキンソン氏病に倒れた彼の真のジャズ・アーティストとしての姿を分析してみると同時に、ジャズ・ラテンという曖昧なスタイルの解析も試みてみた。

Share Button
Read more

Kaz Harada ジャズ・ヴァガボンド —覚醒への旅—1

閲覧回数 2,475 回

ドアを開け下界とは隔絶された懐かしい世界に入っていった。室内にはロリンズの心踊るサウンドが響きわたっていて、心臓は早鐘を打ち、血沸き 肉踊るとはこの事なのだろう。

Share Button
Read more

#1411『Mostly Other People Do The Killing / Loafer’s Hollow』

閲覧回数 3,415 回

過去の名作のパロディを隠れ蓑に、アヴァンギャルドなプレイを繰り広げるベーシストのモッパ・エリオットが率いるユニット、モストリー・アザー・ピープル・ドゥ・ザ・キリングは、結成13年目を迎えて意気軒昂な活動を繰り広げている。10枚目のアルバム『Loafer’s Hollow』では、20世紀文学を代表するアイルランド出身の作家、ジェイムス・ジョイスや、現代アメリカの作家たちに捧げられた5曲の文学組曲が、アルバムの中核をなしている。リーダーのモッパ・エリオットは、1930年代のスウィング・ジャズと20世紀文学の融合を現代の視点から図るという、壮大な実験を聴かせてくれた。

Share Button
Read more

#1410『松田美緒 / エーラ』

閲覧回数 3,500 回

セファルディの音楽、カーボヴェルデの音楽、エーゲ海の島々にある歌音楽。日本ではなかなか聴く事の出来ないこれらの音楽を知るきっかけとして、リラックスして鑑賞する事の出来るアルバムではないだろうか。 

Share Button
Read more

#1409『Æon Trio / Elegy』

閲覧回数 3,384 回

イオン・トリオによる最初のアルバム『エレジー』では、多様なジャンルの先行者たちの楽曲に範を取り、ジャズの歴史とクラシックの歴史が〈ECM Records〉において交差したところの影響を汲み取りながら、しかしこの三人にしかなし得ないローカルな音楽として結実している。

Share Button
Read more

#1407『Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue』

閲覧回数 3,448 回

蓮見令麻率いるピアノ・トリオによる最初のアルバムは、ピアノの奏法とインタープレイの在り方において菊地雅章からの深い影響を感じさせるが、その声の特異性においても響き合うものがある。それはピアノの旋律をなぞるときでさえ「うたい損ね」ではなく損なわれることのない「うた」そのものなのだ。

Share Button
Read more

#1406『ポール・ラザフォード 豊住芳三郎/The CONSCIENCE』

閲覧回数 4,404 回

その結果、アルバム『The CONSCIENCE』はラザフォード、“SABU”豊住双方のソロ・アルバムでもあり、その上に二人のデュオが成り立っているように聴こえる。

Share Button
Read more

#1405『沖至 井野信義 崔善培/Kami Fusen』

閲覧回数 3,421 回

稀に一期一会ともいえる貴重な出会いが音盤として日の目をみることがある。これはまさにそのような一枚だ。

Share Button
Read more

#1404『Theo Bleckmann / Elegy』

閲覧回数 3,314 回

後半、エレジーのリプライズからの4トラック、への展開が、特に素晴らしい、ブレックマンの声が躍動する、このセッションの熱気が一体化している到達、同じドイツのWinter & Winterレーベルから引っこ抜いただけある、

Share Button
Read more

#1403『Dominic Miller / Silent Light』

閲覧回数 3,279 回

まるでアクローム絵画を見ているかのような音楽だが、この美的感覚を成立させている根底にあるものに同調できるか、あるいはこのような佇まいをした音楽を自分の生活空間にどう関係づける事が出来るか、

Share Button
Read more

#1402『橋本孝之 / ASIA』

閲覧回数 3,584 回

橋本孝之による26分間の即興、アルトソロ。これを聴く者は、異形生命体が生き延びんとするプロセスを幻視することになるだろう。

Share Button
Read more

#1401『オデッド・ツール/トランスレーターズ・ノート』

閲覧回数 3,285 回

そして、このオデッド・ツールは、マーク・ターナーが拓いたマーケットを明確に狙っているサックスの鳴らしを武器にしていることは明白だ、

Share Button
Read more

#1400『オデッド・ツール/トランスレーターズ・ノート』

閲覧回数 3,286 回

さて、これはジャズなのか? そうだ、まさにジャズなのだ。何故ならジャズとはハイブリッド音楽の意識であり、そして他のいかなるシーンもこういう音楽を産み出す事はなかっただろうから。

Share Button
Read more

#949 映画『Chasing Trane, The John Coltrane Documentary』

閲覧回数 1,156 回

ジョン・コルトレーン(1926年9月23日〜1967年7月17日)の初の本格的な伝記映画となる『Chasing Trane』が、2017年4月14日に公開された。監督は『The U.S. v.s. John Lennon』(2007)のジョン・シャインフェルド。

Share Button
Read more

#948 喜多直毅クアルテット~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~

閲覧回数 1,686 回

リズムの相克から生まれる駆動力、サウンドのドラマ性、昂揚と興奮。喜多直毅クアルテットは進化を続ける。

Share Button
Read more

#947 TOKYO BIG BAND 10th Anniversary Concert

閲覧回数 2,005 回

実際、リーダーのジョナサン・カッツをはじめバンドのプレーヤー全員がプレイすることに喜々として楽しんでいる姿や演奏に献身している人間味が、サウンド全体から横溢して聴く者のハートに火をつける。

Share Button
Read more

#946 内田修先生を送る会

閲覧回数 1,539 回

これだけの日本を代表するメンバーを集結させられる力は内田先生ならではと、あらためてその偉大さを実感した次第。

Share Button
Read more

#945 ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド featuring デイヴ・ウェックル、ジョン・パティトゥッチ、エリック・マリエンサル & フランク・ギャンバレ

閲覧回数 1,157 回

繊細で自由な最高の演奏の中でケミストリーを生み出すことができる名手たち、チック、デイヴ、ジョンのトリオに、最高のソリストのエリックとフランク。次の機会を楽しみにしたい。

Share Button
Read more

#346 『紙上 理(しがみ・ただし)/In a Sentimental Mood』〜Hear, there and everywhere #4

閲覧回数 1,269 回

デジタル録音時代の立ち向かい方を熟知したエンジニアの技と判断。

Share Button
Read more

#345『沖至 井野信義 崔善培/Kami Fusen』〜Hear, there and everywhere #6

閲覧回数 1,183 回

トランペットの多彩なサウンド、マウスピース近接音を的確な表現で捉え、甘くなる部分が無い。

Share Button
Read more

#344『伊藤君子/美空ひばりを歌う』〜 Hear, there and everywhere #5

閲覧回数 1,131 回

ヴォーカルの音像の明確さもさることながら肉質感の音質管理が印象的だ。

Share Button
Read more

#343 『高橋知己カルテット/WISE ONE』

閲覧回数 1,113 回

とくにテナーの味わいのあるサウンドは魅力。演奏者の持ち味が浮き出ている。

Share Button
Read more

#342 『ポール・ラザフォード  豊住芳三郎/The CONSCIENCE』〜Hear, there and evrywhere #7

閲覧回数 1,111 回

風圧を感じるようなドラムの表現。おそらくワンポイントに近い収録で得られたと思われる。

Share Button
Read more

#341『Craig Taborn / Daylight Ghosts』

閲覧回数 1,069 回

やはりエンジニアの個性が表面に現れるサウンドが濃厚だ。

Share Button
Read more

#340『松田美緒/エーラ』

閲覧回数 1,428 回

超絶 優秀録音。

Share Button
Read more

#339 『Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue』

閲覧回数 1,058 回

左右空間に広がる透明感を伴った収録技術に衝撃的な感動を伴う。

Share Button
Read more

#338 『Æon Trio / Elegy』

閲覧回数 1,254 回

音源は室内楽。当然トリオ空間の再現が重要視されているが、私は音色の聴いた事のない違いに大きな衝撃をうけた。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 52 ミシャ・メンゲルベルク

閲覧回数 3,847 回

ミシャ・メンゲルベルクはヨーロッパの音楽シーンにおける60年代のパラダイム転換を象徴するミュージシャンだった。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #17 『Hypochristmutreefuzz』

閲覧回数 4,204 回

エリック・ドルフィーの<Last Date>でしかミシャ・メンゲルベルクの名を知らなかった筆者、訃報をきっかけにミシャのフリー・インプロバイザーとしての実力やICPなどでの活躍を知るが、フリー・インプロバイザーとジャズとを両立できる数少ないアーティストとして感銘を受け、ジャズ・プレーヤーとしてのミシャを解析して見た。

Share Button
Read more

ミシャとサブ、そしてモンクを想うとき      望月由美

閲覧回数 3,948 回

サブは数多くのミュージシャンを招聘し日本に真のフリー・ミュージックを紹介してきたが、振り返ってみるとミシャが一番良かったねとため息を漏らした。

Share Button
Read more

Hommage to Misha Mengelberg Roberto Masotti, Millano

閲覧回数 3,084 回

ミラノに住む著名な写真家ロベルト・マゾッテイが捉えたミシャ・メンゲルベルク。1978年を中心に最新は1998年のポートレイトまで。 *をクリックすると拡大表示されます。

Share Button
Read more

ミシャ・メンゲルベルクの思い出 Onnyk

閲覧回数 3,095 回

他のメンバーとは別に用意された6畳ほどの楽屋に、ミシャとペーターが座っている。そしてハンは広くも無い室内をうろうろしている。ヘビースモーカーで知られるミシャは紫煙を吐いて椅子に沈みこんでいる。

Share Button
Read more

Misha Mengelberg 追悼 ~コーヒーとパフェと味噌汁と

閲覧回数 3,082 回

するとミシャさんは、コーヒー、パフェ、そしてなんと味噌汁を同時に注文されたのだ。注文を取りに来ていたウェイトレスさんの一瞬「え!?」といった表情を未だに忘れていない。そして、それらを同時に頂いているミシャさんの姿を見て、サブさんと私は、「これこそフリーなんだよ!これぞDADAなんだよ!」とかワケの分からぬことを話していたのでした。

Share Button
Read more

ミシャと囲碁

閲覧回数 2,897 回

ミシャの腕前は二段くらいだったと思う。こちらは初段くらいだったのでちょうどよかった。やってみたらミシャの方が少し上で、力はあまり感じないけれど、形がよくて品がある。

Share Button
Read more

追悼 ミシャ・メンゲルベルク

閲覧回数 2,974 回

『逍遥遊』セッション@1994年10月6日 山口県防府市カフェ・アモレス

Share Button
Read more

追悼 ミシャ・メンゲルベルク

閲覧回数 3,367 回

その布で、ミシャはピアノを、ハンはドラムセットを被せ、紐で縛り始めた。聴衆は固唾を飲んで見守るばかり。楽器を縛りおえた二人は黙って会場を後にした。残された聴衆は一瞬の間ののち大きな拍手と指笛で彼らのパフォーマンスを讃えた。

Share Button
Read more

ミシャ・メンゲルベルク追悼コンサート

閲覧回数 2,871 回

ボケることも、言葉少なになるのも、忘れていくことも、人間にとって自然なこと...。

Share Button
Read more

R.I.P. 生悦住英夫

閲覧回数 2,285 回

喋るのも辛そうな状態だったので、話す負担すらかけさせたくない気持ちでした。私は作り笑顔で、部屋の雰囲気を暗くしないようにしようとする事がやっとでした。川島さんが「何か聴きたい音楽はありますか」と訊くと、やはり「船村徹」と答えられました。

Share Button
Read more

追悼:生悦住さんと私 Onnyk (きんのよしあき)  

閲覧回数 1,785 回

また、特筆すべきは、私淑していたアメリカの音響彫刻家ハリー・ベルトイアのCDを出していただいた事です。ベルトイアのレコードは70年代、知られざる名作でしたが、全11枚のアメリカ盤の質の悪さは本当に情けない物でした。録音だけは生前の本人がしており、質は良かったので、なんとかこれをCD化したいものだと思い、生悦住さんに相談を持ちかけたのです。

Share Button
Read more

連載第21回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 1,816 回

ストレート男性の世界から音楽を拡張した「The New York Review of Cocksucking」(!)、カラフルで、ときに暴力的で啓示的でもあり、古くからのスピリットにモダンの美学を吹き込んだ「Sirene 1009」。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第13回 蓮見令麻〜手探りでたぐり寄せた、その糸で織ったもの

閲覧回数 2,659 回

2作目のアルバム、ピアノ・トリオ作品『Billows of Blue』のリリースに至るまでに出会うべくして出会った数々の名盤と、ニューヨークの音楽家達。「ジャズ」とは何かという問いの追求について、自身が語る。

Share Button
Read more

ある音楽プロデューサーの軌跡 #36 『山下和仁+ラリー・コリエル /ギター・オデッセイ: 四季』

閲覧回数 1,894 回

背筋を伸ばし上半身を直立させて弾くラリーに対し、背中を丸めギターのボディに覆いかぶさるようにして弾く山下。この姿勢はおそらく大きなギターを抱え込んで弾いていた幼少の頃の癖が抜けきれないのだろう。

Share Button
Read more

Live Evil #26 「横田明紀男レコ発インストア・ミニライヴ」

閲覧回数 1,439 回

デコラティヴな奏法ながら全体としては設計のしっかりした構成美に富んだ横田の演奏からはどこかガウディの建築が想起されたといえば言い過ぎだろうか。

Share Button
Read more

#1399 八木美知依、インゲブリクト・ホーケル・フラーテン、ポール・ニルセン・ラヴ/ディケイド〜ライヴ・アット・アケタの店

閲覧回数 6,435 回

タイトルの『Decayed』は「腐った、衰えた」という意味だが、発音が同じ「Decade(10年間)」とのダブル・ミーニングであるのは間違いない。前作から10年後、2015年12月13日荻窪アケタの店での実況録音である。

Share Button
Read more

#1398『V.A (大塚広子監修選曲) / PIECE THE NEXT JAPAN BREEZE』

閲覧回数 6,275 回

DJ/プロデューサー/文筆家として多方面で活躍してきた大塚広子による、現代日本のジャズ・シーンを取りまとめたコンピレーション・アルバムの第三弾。『Jazz the New Chapter』シリーズがあえて取り上げることのなかった日本の現代ジャズ・シーンに触れてみるための、貴重なリアルタイム・ドキュメンタリー・アルバムである。

Share Button
Read more

#1397『Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue』

閲覧回数 6,500 回

すでにいくつかのレビューで触れられているとおり、後期の菊地雅章の到達を、この蓮見令麻のピアノは備えている、が、

Share Button
Read more

#1396『GRERUM OMNIBUS / HANDFUL』

閲覧回数 7,745 回

ピアノのティモシー・バンシェット(p)とドラムスのジェイミー・ピート(ds)はここ数年グレールムとのトリオのほかアムステルダムを中心に精力的に活動している若手で、二人とも楽器を鳴らし切っているところが好感を持てる。

Share Button
Read more

#1395『ヒグチケイコ+神田晋一郎/passing and longing and there is only a trace left 過ぎしも愛しもただ跡だけが残り』(2017:Ftarri)

閲覧回数 7,337 回

成熟が内包するスリルと、決して飼い慣らされぬ気高さ。移ろう一瞬が遺す残像の数々に絡めとられつつ、「うた」が志向する極北のエレガンスが味わえる。It is purely the thrill contained in maturity and an untamed noble dignity. Captured by the numerous residual images left by each fleeting moment, the listener can only enjoy the ultimate elegance that the “songs” and performers aspire to achieve.

Share Button
Read more

#1394『Albert Cirera/ Hernâni Faustino/ Gabriel Ferrandini /Agustí Fernández: Before the Silence』

閲覧回数 7,419 回

リスボンとバルセロナを股にかけるクァルテット。果てしなく続いていきそうな壮大なフリー・インプロヴィゼーションは、沈黙から爆音まで最大限の振れ幅でありながらも、緩みを一瞬たりともみせぬ頑健な構築力で無敵の存在感/Spanning the jazz scenes of Lisbon and Barcelona, this full-on quartet and their spectacular improvisations ranging from deep silence to roaring mayhem give the impression of a never ending river.

Share Button
Read more

#1393『Craig Taborn / Daylight Ghost』

閲覧回数 6,201 回

この『Daylight Ghost』の最大のポイントは、ズバリ、管のクリス・スピードの存在だ、このナナメになった棒読みトーンの官能だ、

Share Button
Read more

#1392『ティグラン・ハマシアン / An Ancient Observer〜太古の観察者』

閲覧回数 6,275 回

『Mockroot』の世界に、耽溺したうえで、このピアノ・ソロ作品は受け止められなければならない。

Share Button
Read more

#1391『Shai Maestro Trio / The Stone Skipper』

閲覧回数 6,038 回

借りパクも、剽窃も、孫引きも、ポップスの凶悪で生命線な力学である、これをジャズとして聴けるのかというと申し訳ないがまったくノーだ、

Share Button
Read more

#1390『Matt Mitchell / Forage』

閲覧回数 5,939 回

ティム・バーンの自己レーベル「スクリューガン」からリリースされるという事実、これが示すのはマット・ミッチェルの拒絶か、ECMアイヒャーの却下である、

Share Button
Read more

#1389『Aron Talas Trio / Floating Island』

閲覧回数 6,287 回

さりげなく21世紀型つんのめるドラムンベーススタイルのタイコの叩きを添えているのも、「コレが新しいんだ、カッコいいのだ」と鼻につくところもない(とっても重要)、つまりは、スマートなのだ、

Share Button
Read more

#1388『Stephan Crump | Ingrid Laubrock | Cory Smythe / Planktonic Finales』

閲覧回数 5,839 回

作曲の否定や即興の称揚というよりも、インプロヴィゼーションによって現れるだろうオルタナティヴな構造化――スポンティニアス・コンポージング――の探求。少なくとも本盤に残された有機的に発展していく「即興音楽」は、そうした行為のありようを物語っている。

Share Button
Read more

#1387 『Aron Talas / Floating island』

閲覧回数 5,963 回

その潔さとみずみずしさはジャズの本場からアウェイでいられることの大いなるプラスの面に違いない。

Share Button
Read more

#944 橋本一子&中村善郎 duo

閲覧回数 2,215 回

観客は、橋本がホステスを務めるTVジョッキーに中村がゲスト参加した番組を生で観ている風情。ボサノバらしいなんともインティメートな雰囲気に満たされた、しかしとびきりゴージャスなひとときだった。

Share Button
Read more

#943 THE RESIDENTS ザ・レジデンツ – In Between Dreams –

閲覧回数 2,000 回

『レジデンツ』とはステージ上の特定の誰かを指すのではなく、この時間を共有し錯乱した夢物語に参画するすべての人々が醸し出す集団的無意識の擬人化なのかもしれない。

Share Button
Read more

#942 齋藤徹 plays JAZZ

閲覧回数 2,378 回

ふたたび齋藤徹が抱きしめた「ジャズ」、「齋藤徹のジャズ」に向けた序章。

Share Button
Read more

#941 植松孝夫+永武幹子デュオ

閲覧回数 2,191 回

豪放で魅力溢れる音色を持つ植松孝夫のテナー、知的できらびやかな永武幹子のピアノ。大ヴェテランと新進気鋭とのデュオ。

Share Button
Read more

#940 田崎悦子 Joy of Chamber Music Series vol.10

閲覧回数 2,605 回

この「Joy of Chamber Music Series」は、田崎悦子がアメリカ留学時代に経験したタングルウッド音楽祭がベースとなっている。ルドルフ・ゼルキンやアイザック・スターンといった巨匠が若き音楽家と別け隔てなく生活を共にし、アンサンブルを楽しむ、音楽漬けの日々—。これが後の芸術家人生に及ぼす影響は測りしれない。

Share Button
Read more

#939 OKABE FAMILY Young VIPs tour at BIMHUIS, AMSTERDAM

閲覧回数 1,824 回

ヨーロッパで英語がノン・ネイティブのための共通語であるのと同様、ジャズが彼らと私たちの共通言語ということだろう。ジャズは健在なり。

Share Button
Read more

#938 東京都交響楽団第825回定期演奏会Cシリーズ

閲覧回数 1,772 回

「魔法使いの弟子」にしても、この「幻想交響曲」にしても、あたかも全力で格闘技を試みているかのような彼の一挙手一投足、あるいはステージ上の俳優が身体を張って演技するかのように彼のタクトに応える都響の迫真の熱演に、会場を埋めた聴衆の誰も彼もが思う存分酔わされたのではないだろうか。

Share Button
Read more

#937 ダニエル・“ピピ”・ピアソラ・トリオ

閲覧回数 1,561 回

ダニエル・“ピピ”・ピアソラは、タンゴに革命をもたらしたアストル・ピアソラの孫にあたる、アルゼンチン・ジャズ界を代表するドラマーで、エスカランドラム、エンセンブレ・レアル・ブック・アルヘンティーナ等にも参加している。

Share Button
Read more

#936ダニー・マッキャスリン・グループ with マーク・ジュリアナ、ティム・ルフェーヴル、ジェイソン・リンドナー

閲覧回数 1,949 回

急激にしかも世界的に注目されるようになったのは、デヴィッド・ボウイの遺作『★(Blackstar)』を支えるバンドに抜擢されたこと。グラミー賞授賞式では、ダニー以下バンドメンバーが登壇し、デヴィッドに代わりダニーが受賞しスピーチを行った。

Share Button
Read more

# 337 『羽野昌二+庄子勝治 /Shoji & Shoji』〜Hear, there and everywhere #3

閲覧回数 1,813 回

ドラムも負けていない。スピーカー空間一杯の拡散。絡むアルトの表現と音響上に素晴らしい効果を示した。

Share Button
Read more

# 336 『羽野昌二+中村大 Duo/Soft Core』

閲覧回数 1,719 回

シンバルの強調感が演奏以上の刺激を受けるのは、マイキングの仕業。

Share Button
Read more

# 335 『Trouble Kaze / JUNE』

閲覧回数 1,844 回

トランペットはいかなる奏法も音の出口は探れるが、ピアノは、通常のマイキングから、エフェクトがかかると変更せざるをえない。

Share Button
Read more

# 334 『Aron Talas Trio / Floating Island』

閲覧回数 1,766 回

シンバルの距離感を感じさせる扱いが、トリオの空間表現の要となる。

Share Button
Read more

# 333 『八木美知依 本田珠也/道場 弐ノ巻』

閲覧回数 1,848 回

さらにエレクトリックを上手く使って音像移動の仕掛けが面白い空間を造る。ディレイの効果等、ミックス段階でのきめの細かい作業が楽器の生をさらに異次元で聴く感触に。

Share Button
Read more

# 332 『DJ大塚広子/ピース・ザ・ネクスト・ジャパン・ブリーズ』 

閲覧回数 1,774 回

すべての音楽が、聴いて楽しいので、録音試聴であることを忘れる。どの楽器も鮮明、音量感を持たせた録り方に、数多の経験を重ねた筆者ではあるが、思わず「一歩退く」。

Share Button
Read more

# 331  『カオリ・ヴァイブス・カルテット/クロス・ポイント』〜Hear, there and everywhere #2

閲覧回数 1,908 回

そしてエンジニアを含めて、緊張感で仕上げる「一発録り」。

Share Button
Read more

#330 『川崎 燎 Ryo Kawasaki / Level 8』

閲覧回数 1,802 回

録音段階から、イメージされた音色とエッジの立て方を計算しての録音だと推察。

Share Button
Read more

#155 Aron Talas; アーロン・タラーシュ(アーロン・タラス)

閲覧回数 1,121 回

その人の音楽上のアイデンティティは、多少の差はあってもあれこれのミュージシャンの無数の影響が集積されたものではないでしょうか。

Share Button
Read more

# 154 川崎 燎 RYO KAWASAKI (Part 2)

閲覧回数 1,869 回

基本的に、僕はジャズを学ぶのは学校ではなくて全部独学でできるはずだと思っている。音楽学校は音楽理論や演奏技術に長けていれば良い音楽家になれるという錯覚を作り出してしまう恐れがある。なぜかと言うと僕の観点では真の音楽家とは独自の音楽手法を編み出せる技量がないと存在し得ないと思われるから...。

Share Button
Read more

#90「G-Modern~Psychedelic, Avant-garde, Underground Magazine」 Vol.25

閲覧回数 2,660 回

G-Modern 25号を開いてみると、灰野敬二、JOJO広重、非常階段などの固有名詞があちこちに踊っている。表4の広告は灰野敬二のドラム・ソロのアルバムだ。そう、G-Modernは言ってみれば彼らの牙城だったのだ。

Share Button
Read more

#73 悲喜交々

閲覧回数 4,593 回

そういえば、近年、シャープな技量と豊かな音楽センスを持つ若いドラマーが続々と出現している。日本という限られたマーケットの中でもドラムス分野から注目すべき人材が来日しているのをご存知だろうか。

Share Button
Read more

連載第20回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 2,277 回

マシュー・シップ最後の録音かもしれない作品『Piano Music』、ジェームス・ブランドン・ルイスのセル・シアターでのライヴ

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第12回 ヘンリー・バトラー~ニューオーリンズの面影

閲覧回数 2,454 回

ニューオーリンズという独自の文化を継承し育んで来た土地、そのコミュニティが一定の規模で離散し、音楽の根付く場所がそのエネルギーを失いかける時。ひとりのピアニストがニューヨークに渡り、その新境地で故郷特有の音楽を奏でる。その音はどんな風にニューヨークの音楽家コミュニティに影響を及ぼしていくのだろうか。土地と音楽のつながりとは。

Share Button
Read more

#1386 『渋さ知らズ/渋樹 JUJU』

閲覧回数 8,832 回

「ジムノペディ」についての謎はともかく、のっけからフル回転する狂騒のソロ爆発~立花秀揮(as)、石渡明廣(g)、山田あずさ(vib)~には久々に脳髄がほてった。

Share Button
Read more

#1385『川崎燎 Ryo Kawasaki/Level 8』

閲覧回数 8,997 回

このアルバムでは全13曲を通し、”レベル8“(どうやらユニット名でもある様だ)に於けるこれまでの成果(そこには当然50余年に亘るギター人生も反映されているが…)を、無理ない形でしかもきっぱりと開示する。

Share Button
Read more

#1384『Eivind Opsvik / Overseas V』

閲覧回数 9,438 回

「Overseas」シリーズ最新作。作曲の才能や、柔らかくも力強くもサウンドを駆動するベースプレイをみせるアイヴィン・オプスヴィーク。豊潤極まりない音色のテナーを吹くトニー・マラビー。フォークやロックの影響を織り込みながら、暖かく、ドラマチックな音楽を展開している。

Share Button
Read more

#1383『Yotam Silberstein / The Village』

閲覧回数 8,521 回

アナット・コーエン(ts,ss,cl)、オメール・アヴィタル(b)らに続く、ニューヨーク・ジャズ・シーンを席巻する新世代のイスラエル出身アーティストの中心的存在のヨタム・シルバーステインの最新作。ジャズ、ブルースから、ブラジリアン、中近東音楽、フラメンコ、アルゼンチン、ウルグアイの音楽がブレンドされながら、ケニー・バレル(g)、ウェス・モンゴメリー(g)、グランド・グリーン(g)らジャズ・ギターのトラディションの王道を往き、レニー・トリスターノ(p)の音楽理論を踏襲したアルバムである。

Share Button
Read more

#1382『NORD/NORD』

閲覧回数 9,161 回

35年ぶりに再発された地下音楽の極北作品。大音量のノイズ演奏と言えば高柳昌行の「集団投射」を思い出すが、NORDの轟音演奏の起伏の大きなストーリー性は、心の中のセンチメンタリズムの証に違いない。泣けるノイズは新鮮な驚きです。

Share Button
Read more

#1383『Infinitude / Ingrid and Christine Jensen with Ben Monder』

閲覧回数 8,746 回

ダーシー・ジェイムス&シークレット・ソサエティや、自己のグループ、テリ・リン・キャリントン(ds)のモザイク・プロジェクトで活躍する、イングリッド・ジェンセン(tp)と、カナダのマリア・シュナイダーと異名をとるクリスティン・ジェンセン(as,ss)の、姉妹の20年に及ぶコラボレーションは、ベン・モンダーが加わり、本作『インフィニチュード』で、新たなフェイズのスタート・ポイントに立った。

Share Button
Read more

#1380『CP Unit/Before the Heat Death』

閲覧回数 9,092 回

鬼才クリス・ピッツイオコスが率いるニューヨーク・ネオ・ロフト・シーンの猛者からなるCPユニットは、音楽的エントロピーの増大に深く関与する音楽を創造している。目指すは音楽の”終焉”の先にある甘美な風景である。

Share Button
Read more

#1379『ミカ・ストルツマン&リチャード・ストルツマン/Duo Cantando』

閲覧回数 9,299 回

クラリネットとマリンバだけが作ることができる美しさと切なさが溢れる時間に浸り、日本的な風景と心を感じさせながら、甘い余韻とともにアルバムを締め括る。いや、マリンバ&クラリネットをもっと聴きたいという欲求を残されて困るではないか。

Share Button
Read more

#89 『Free Music 1960~80 (ディスクガイド編)』

閲覧回数 2,811 回

編集に注力する末富とITを駆使する河合、この名コンビが実現した電子ブック/オンデマンドによる「フリー・ミュージック」の刊行はスタートを切ったばかり。今後どのような企画が飛び出すかまったくもって目が離せない。

Share Button
Read more

Chapter 48 ケニー・ドーハム

閲覧回数 11,901 回

1957年のある夜、場所は伝説のカフェ・ボヘミア。マイルスのセットにドーハムがやってきて飛び入りで吹き、マイルスより目立つ演奏をして意気揚々と引き上げていった。そしてその翌日もドーハムがやってきて今夜も吹かせてほしいとステージに立った。今度はマイルスがドーハムを完全にねじ伏せたという

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #16 『The Train and the River』

閲覧回数 4,768 回

フュージョン界のゴッドファーザーと言われていたラリー・コリエルが突然死してしまった。筆者の大好きなフィリップ・カテリーンとのデュオアルバムから<The Train and The River>を解説するとともにコリエルの偉業やフュージョンの歴史も解説。

Share Button
Read more

特別寄稿 「良い音、忠実な音、心地よい音、太い音、細い音、歪と飽和の識別原理」

閲覧回数 2,490 回

アーチストが発信する音が先ず一番の基本となります、それらが例え歪んでいようと、飽和してようと、多少音程が外れていようと、もしアーチストがこれが自分の求めている音であり満足の行くものであればそれを修正する必要はない事になります

Share Button
Read more