#81 嶋 護著『菅野レコーディング・バイブル』

閲覧回数 287 回

ジャズの世界では、黒人を中心とするイースト・コースト・ジャズを得意とするルディ・ヴァン・ゲルダーと白人を中心とするウエスト・コースト・ジャズのロイ・デュナンが東西を二分する名エンジニアとしてながらく名を馳せていたが、じつは日本にはある意味では彼らを凌ぐ録音制作家菅野沖彦が存在していたのである。

Share Button
Read more

Live Evil #009 ミャンマー(ビルマ)の伝統音楽の魅力~
サインワイン・アンサンブル:演奏と歌とダンスの織りなす世界

閲覧回数 36 回

ところで、当夜の参会者のほとんどは知らない彼女の第4の顔がある。彼女はECMファンにはおなじみのピアニスト、マイク・ノックのパートナーなのだ。

Share Button
Read more

40. カンザスシティ・ロイヤルズ 〜 私を野球に連れて行って!

閲覧回数 6,616 回

カンザスシティ・ロイヤルズが、2014年メジャーリーグベースボール (MLB) で29年ぶりにワールドシリーズ出場を果たした。街をあげての応援と、この街の人達のカンザスシティ・ロイヤルズ応援歌の数数。

Share Button
Read more

#1161 『Mostly Other People Do the Killing / Blue』

閲覧回数 8,003 回

このアルバムを聴くわたしたちが巨人の名演を見出してしまうということ――それはジャズの本質としての即興性/一回性や、演奏者に固有の音楽といったものに対して、録音物を通して心酔していた聴衆が、果たして本当は何を聴いていたのかということを明らかにするための、ジャズの側からの苛烈な批評として受け取ることができるのではないだろうか。

Share Button
Read more

悠々自適 #63 ジャズとミャンマーの古典音楽の間で
~マイク・ノックと高橋ゆり

閲覧回数 44 回

彼女はまず、ミャンマー古典歌謡を演奏する最もベーシックで代表的な演奏形態であるサインワイン(Saing Waing)・アンサンブルの紹介から講演を開始した。

Share Button
Read more