よしだののこのNY日誌 第5回

閲覧回数 2,942 回

text and photos by 吉

Share Button
Read more

#1260 『十中八九』

閲覧回数 8,423 回

いわき市は東日本大震災の被害の中心ではなかっただろうが、原発事故では少なからず影響を受けたはずである。不破の胸には沈む市民の心を鼓舞したい気持ちが少なからずあったに違いない。その心情と行動がいわき市民を動かし大きなうねりとなりつつある。

Share Button
Read more

#1257 『Jeff Denson Trio / Jeff Denson plus Lee Konitz』

閲覧回数 10,539 回

一聴して肩肘はらない気楽なノリと身上としつつも、リー・コニッツという巨人をアメリカのジャズ史のうえに投影した、かなり練られた楽曲構成がみてとれる。

Share Button
Read more

#1252 『Mette Rasmussen and Chris Corsano / All the Ghosts at Once』

閲覧回数 9,296 回

北欧のサックス奏者とNYのドラマーの野心的かつ独創的な演奏集

Share Button
Read more

#1251 『Old Time Musketry / Drifter』

閲覧回数 7,202 回

アメリカ内部からの「古き良きアメリカ」探索

Share Button
Read more

#849 アンリ・バルダ ピアノ・リサイタル

閲覧回数 6,793 回

クラシックという文脈では多少芝居がかりすぎていると評されかねないバルダのステージ・パフォーマンスは、クラシカルであると同時に否応もなくアヴァンギャルドである。クラシック音楽はバルダのような存在にかかってこそ、長きにわたるその歴史を一気に現代にまで繋ぎ、花開くのだ。

Share Button
Read more

Reflection of Music vol.42 キム・ミール&アイヴィン・ロンニング

閲覧回数 4,142 回

ノルウェーではジャズだけではなく即興音楽でも活躍するキム・ミールやアイヴィン・ロンニングのような1980年代生まれの若手の逸材が出てきている。

Share Button
Read more

44. カンザス・シティ:チャーリー・パーカー・バースディ・セレブレーション 2015

閲覧回数 4,335 回

2015年はバード生誕95年、没後60年という節目にあたる。8月29日、バードが眠る、ミズーリ州、カンザス・シティのリンカーン・セメタリーで催された『チャーリー・パーカー・バースディ・セレブレーション』の様子を綴る。

Share Button
Read more

Vol.24 ノルウェーの若手トリオ「Lana Trio」(ラナ・トリオ)

閲覧回数 4,675 回

ECM Recordsの音楽に魅了されノルウェーに来た私も、ここに住むようになってから予想していなかったような様々な音楽シーンを知ることになった。彼らの音楽を通して、現在のノルウェーの音楽を感じてみられてはいかがでしょうか。

Share Button
Read more

#852 ハシャ・フォーラ~CDリリース記念Japan Tour 2015 2015年9月5日 東京JAZZ The Plaza@国際フォーラム

閲覧回数 5,292 回

今年で14年目を迎える「東京JAZZ」。調布の味の素スタジアムでスタートしたこの大型ジャズ・フェスはビッグ・サイトを経て国際フォーラムに落ち着いた。

Share Button
Read more