46. チャック・へディックス氏との “ オーニソロジー ” : チャーリー・パーカー・ヒストリカル・ツアー

閲覧回数 4,572 回

私のカンザス・シティ滞在にはいくつかのハイライトがある。その一つにUMKC (University of Missouri-Kansas City )、ニコルス・ライブラリー、マー・サウンド・アーカイブスのディレクター、チャック・ヘディックス氏(以下へディックス)を訪れる事がある。

Share Button
Read more

よしだののこのNY日誌 第7回(最終回)

閲覧回数 2,363 回

text and photos by 吉

Share Button
Read more

#870 このライブ/このコンサート2015海外編#06 『Chris Pitsiokos』

閲覧回数 7,970 回

演奏の都度その姿を変えるキメラ、クリス・ピッツイオコスの圧倒的なライヴ

Share Button
Read more

#869 このライブ/このコンサート2015国内編#06 『うたをさがして』

閲覧回数 7,789 回

「ことば」の力を呼び起こす齋藤徹、さとうじゅんこ、喜多直毅のトリオ

Share Button
Read more

#082『日本のジャズは横浜から始まった』

閲覧回数 3,051 回

text by 稲岡邦弥 タイトル: 日

Share Button
Read more

#1276 このCD2015海外編#09 『Jack DeJohnette / Made in Chicago』

閲覧回数 10,160 回

ジャック・デジョネットに加え、ヘンリー・スレッギル、ロスコー・ミッチェル、ムハール・リチャード・エイブラムスという、シカゴの前衛集団AACM(Association for the Advancement of Creative Musicians)を代表する面々の歴史的な共演。

Share Button
Read more

#1275 この一枚2015(国内編)#01『近藤秀秋/Asyl』

閲覧回数 5,213 回

優れたエンジニアでありギタリスト、コンポーザー・アレンジャー、挑戦的な音楽学者、といういくつもの近藤の顔が垣間みえ、みごとに融け合いながらも、精緻なアルバム構成は極めてスリリングで感覚的な歓びに満ちている。

Share Button
Read more

#144 Josh Evans ジョシュ・エヴァンス

閲覧回数 6,796 回

ニューヨークで大活躍中のトランぺッター、ジョシュ・エヴァンス。ジャッキー・マクリーンとジャズの伝統とは。

Share Button
Read more

#1268 『板橋文夫FIT! / みるくゆ』

閲覧回数 10,027 回

人々を苦しめてやまない理不尽な力に抗する激情、抒情を見事なまでに音楽という形に昇華

Share Button
Read more

#865 エリソ・ヴィルサラーゼ ピアノ・リサイタル

閲覧回数 7,126 回

海原のような深く広大な音楽、ゆえにじわじわと寄せてくるその怖しさも含め、芸術家としての女性らしさ、の極北を見る思いがする。

Share Button
Read more

#864 田崎悦子ピアノリサイタル「三大作曲家の遺言-Ⅲ」

閲覧回数 8,505 回

極めてエレガントな佇まいで登場した田崎悦子は、作品の内へ内へと降りてゆくことでその情熱をみごとに昇華させ、ピアノが自ら語り、発光しているような澄 明な境地を力強く切り開いていた。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #3 『ハシャ・フォーラ/ハシャ・ス・マイルス』

閲覧回数 10,390 回

10月8日にインパートメント社から国内配給が開始された我々ハシャ・フォーラの新譜、『ハシャ・ス・マイルス』の曲目解説を依頼されたのだが、実は困っている。自分の曲の説明を公開したくないのだ。

Share Button
Read more