連載第17回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 3,465 回

ヨニ・クレッツマーの2ベース・カルテットによる傑作『Book II』、ネイト・ウーリーがメアリー・ハルヴァーソンらと組んだ新グループのこけら落としライヴ。

Share Button
Read more

#1343 『藤井郷子(Satoko Fujii)ジョー・フォンダ(Joe Fonda)/Duet』

閲覧回数 18,634 回

両者のこの演奏を聴いて、常に作曲者であるインプロヴァイザーと、現代音楽作曲家のスコア作品との明らかな違いがよく分かった。すこぶる興味深かった。

Share Button
Read more

#1342 『 mostly other people do the killing / MAUCH CHUNK 』

閲覧回数 20,473 回

とりわけ、パーカー、マクリーン、オーネット、ブラクストン、そしてジョン・ゾーンにいたるまでのアルトの系譜をたどるようなジョン・イラバゴン(as) のソロは十分聴き応えがある。

Share Button
Read more

#917 「東京都交響楽団・定期演奏会Bシリーズ エリアフ・インバル」

閲覧回数 4,807 回

プログラムの楽曲解説とは違った楽曲の捉え方やショスタコーヴィチ音楽の面白さがあることを発見し、批評家や曲解説の執筆者の判で押したような解説を飛び越えてイメージを思う存分膨らます楽しさを久しぶりに味わった

Share Button
Read more

#916 Sound Live Tokyo 2016 私がこれまでに書いたすべての歌:バンド・ナイト

閲覧回数 4,841 回

2016年9月18日 (日) 18:00

Share Button
Read more

# 915 ランドフェス仙川 2016

閲覧回数 5,487 回

夜の帳が下りた商店街に、静かな立ち上がりから徐々に湿った空気を切り裂いていくようなアルトの一声が響き、ダンサー小暮香帆が呼応してセッション開始。その場に居合わせた少女が小暮の動きを終始追いかけ、二人芝居のように展開していく様子が楽しい。

Share Button
Read more

#914 LAND FES vol.8

閲覧回数 5,088 回

ダンスと音楽が街に飛び出す破天荒なイベントは、人々の生活の中に生きる芸術の神を目覚めさせる感謝祭の時間だった。

Share Button
Read more

#913 Tokyo Big Band Directed by Jonathan Katz 東京ビッグバンド

閲覧回数 4,892 回

東京ビッグバンドはステージに並んだ顔ぶれを見ただけで、野趣横溢する屈強のビッグバンドであると分かる。これから何か楽しいエキサイティングな演奏が起こるという期待が湧いてくるのだ。

Share Button
Read more

#912 Sound Live Tokyo 2016 ピカ=ドン/愛の爆弾

閲覧回数 6,120 回

対峙する者が感情の閾から反応を引き出さざるを得ない「機械仕掛けの神」と「ピカ=ドン」、そして、再生もライヴも、映像も言葉も音楽も、またトランスジェンダーやクイアも、すべてを混淆させて提示される「愛の爆弾」。

Share Button
Read more

#911 Brice Wassy with special band/the sun/三日満月

閲覧回数 4,409 回

ブリス・ワッシーは、やはりサリフ・ケイタのバックでリズム面を取り仕切っていたレジェンドとしての印象が強い。

Share Button
Read more

#910 15th TOKYO JAZZ FESTIVAL「JAZZ IS HERE」

閲覧回数 4,991 回

JAZZの歴史の重みとその先の軽やかな飛翔を物語る東京ジャズ15周年の試みは『ジャズはここにいる(Jazz Is Here)』。『今ここにあるリアル・ジャズ(Jazz Right Now)』とはかなり異なるが、これもまた未来のジャズの予感に繋がるか?

Share Button
Read more

#909 東京ジャズ・フェスティバル(15TH TOKYO JAZZ FESTIVAL)

閲覧回数 5,246 回

東京ジャズ祭が国際フォーラムから撤退し、来年2017年度から渋谷に場所を移して開催されることが決まった。渋谷での Tokyo Jazz Festival 開催に向けた新しい動きがすでに始まったといっていいだろう。

Share Button
Read more

#908 照内央晴「九月に~即興演奏とダンスの夜 茶会記篇」

閲覧回数 5,751 回

照内央晴による身体表現とのコラボレーション。

Share Button
Read more

#87 『地下音楽への招待』

閲覧回数 5,673 回

この本はインタビュー&アーカイブではない、博物館なディスクアーカイブとも無縁だ、70年代後半から80年代にあったとされる音楽は今もリアリティを持って生きていることに愕然とさせられる、付録CD 18トラックがそれを補完している、

Share Button
Read more

Reflection of Music vol. 48 JAZZ ART せんがわ

閲覧回数 5,572 回

「JAZZ ARTせんがわ」のようなフェスティヴァルはメディアでもある。2日間通えば、現代のリアリティを体験することが出来る。東京ローカルとはいえ、幾つもの音楽シーンが存在する。それを横断するような新たな出会い、刺激のある独自のプログラムがあるところがいい。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #11『City Lights』

閲覧回数 20,254 回

13歳の子供がこれだけの演奏をするからと言う理由で注目されている、という事実からジョーイを正当に評価しない意見もよく聞く。しかし、彼のこのアルバムのトラックを他のピアノトリオのアルバムとシャッフルして、ある意味目隠しテストテスト的に流した時、ジョーイのトラックを『未熟』などのような印象を受けるだろうか。筆者にとって、新しさがないから面白くないという印象はあっても、このアルバムは筆者が楽しめるだけの要素を十分備えている。

Share Button
Read more

#21 村上 寛トリオ

閲覧回数 3,100 回

100席ほどの教会の会堂で開かれた手づくりコンサートにも妥協はもちろん、遠慮や手加減は一切なし。セットリストを一瞥すれば本気度は一目瞭然だ

Share Button
Read more

#305 『スガダイロー x 夢枕獏/陰陽師の音〜蝉丸』

閲覧回数 4,478 回

下賀茂神社の虫の鳴き声も聴けますよ。

Share Button
Read more

#304 『藤井郷子& ジョー・フォンダ / Duet』

閲覧回数 4,493 回

録音の場所空間が大きく貢献している。教会での録音。スタジオ録音でリバーブ処理では得られないサウンド。

Share Button
Read more

#303 『ベン・ウェブスター・ミーツ・ピエト・ヌードワイク 1973』

閲覧回数 4,202 回

ライヴで此処まで音像を引き立てた録音ができていた事は、当時のスタッフに喝采だ。

Share Button
Read more

#302 『早坂紗知/2.26 バースデイ・ライブ 30周年 feat. 山下洋輔』

閲覧回数 4,732 回

ライブ空間が醸し出す楽器の響き、デッドに迫る楽器の鋭い表現。この混在が、たまらない。

Share Button
Read more

#301 『藤井郷子ソロ/インビジブル・ハンド』

閲覧回数 4,305 回

ドッシリとした質量のある音質の表現は惚れ惚れする。オン・マイクながら、近いという限られた領域の感触はまったく無い。

Share Button
Read more

#300 『ミュンシュ+日フィル/ベルリオーズ:幻想交響曲&リハーサル』

閲覧回数 4,380 回

だが、時が経つにつれ、あ〜アナログ録音って、このサウンドだよ...と、記憶が蘇る。アナログ録音が持つ特有の重厚さを満喫。

Share Button
Read more

#299 『チャリート/アメリカン・ゴールド・スタンダード』

閲覧回数 4,446 回

ヴォーカルを取り巻く楽器群の引き立てが、絶妙のテクニック。ミックスに時間を要した配慮が窺える。

Share Button
Read more

#298 『スティーヴ・カーン/バックログ』

閲覧回数 4,789 回

ジェームス・ファーバー録音@アヴァター・スタジオ。グレッグ・カルビ マスタリング@スターリング・サウンド。なんと贅沢な陣容。

Share Button
Read more

#297 『The Fred Hersch Trio / Sunday Night at the Vanguard』

閲覧回数 4,183 回

ジェームス・ファーバーのヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディング盤。黙って通り過ごせない。

Share Button
Read more

#34 『JAZZ』1969.6  創刊号

閲覧回数 2,507 回

何れにしても、東大安田講堂封鎖が象徴する学生運動華やかなりし1969年(昭和44年)にジャズの月刊誌を創刊した杉田誠一の英断は高く評価されて然るべきだろう。

Share Button
Read more

#33 隔月刊『音楽』  ’74 8月号 Music Musique Musik

閲覧回数 2,545 回

「日本のミュージシャン〜〜今、我々は...」と題された二人の若手アルトサックス奏者へのインタヴューも出色の企画。ひとりは、高柳昌行「ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アーツ」在籍中の森剣治。もうひとりは軍楽隊を率いていた頃の阿部薫。

Share Button
Read more