#922 生活向上委員会大管弦楽団2016

閲覧回数 5,060 回

フリージャズは死なない。ついに実現した三者会談でジグソーパズルの音楽のパワー、音楽の享楽、音楽の本質を心から堪能する10月革命だった。

Share Button
Read more

Reflection of Music Vol. 49 (Extra) 生活向上委員会+ドン・モイエ

閲覧回数 3,323 回

「TIME TUNNEL」と題された生活向上委員会+ドン・モイエの座・高円寺での公演をスライド・ショーでドキュメント。

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第8回 ラファエル・マルフリート~感性と認識を越える領域~

閲覧回数 3,234 回

録音されたノイズ、弦の擦り切れる様な音、聴覚を最大限に刺激する音の密度の後に続く、シンプルなアコースティックギターとベースのインタープレイ。絡まる静寂。ベルギーの気鋭エレクトリック・ベーシスト、ラファエル・マルフリート、渾身のデビュー作。

Share Button
Read more

#1354 『Andrew Cyrille Quartet / The Declaration of Musical Independence』

閲覧回数 11,693 回

ここでのシリルは定則ビートに忠実なドラミングを展開しているわけではない。大向こうを唸らせるようなプレイとは無縁の、ここでのサウンドに即したリズムの在りようを見出し、ビル・フリゼール、リチャード・タイテルバウム、ベン・ストリートらが描きだすサウンド絵巻や音の情景描写にふさわしいパーカッシヴ・サウンドを、あたかもスティックを絵筆に代えたアーティストとなって生み出している。

Share Button
Read more

#1353 『Harald Lassen / Rainbow Session』

閲覧回数 12,247 回

1987年生まれのサックス奏者ハラルド・ラッセンによる最初のアルバムは、まだ若い時分に北欧ジャズ界の巨匠アリルド・アンデルセンとヨン・クリステンセンに才能を見出されていた彼の、その活動に根差す音楽性を改めて捉え返した記念碑的な作品である。

Share Button
Read more

#1352 『Darcy James Argue’s Secret Society / Real Enemies』

閲覧回数 12,064 回

ダーシー・ジェイムス・アーギュー率いるシークレット・ソサエティは、ポスト・マリア・シュナイダーのジャズ・ビッグ・バンドの中でも、最右翼の存在である。

Share Button
Read more

#1351 『Sabine Kuehlich & Laia Genc / In your own sweet way—A tribute to the great Dave Brubeck』

閲覧回数 12,722 回

デイヴ・ブルーベックをアイドルと崇めるザビーネ・キューリッヒ(vo)と、ベルリン出身のライア・ゲンク(p)のデュオによる、偉大なるピアニストへのオマージュ・アルバム。

Share Button
Read more

#1350 『Michael Blanco / Spirit Forward』

閲覧回数 11,717 回

マイケル・ブランコは、2000年にニューヨークに拠点を移し、自己のグループ、アラン・ファーバー (tb) らのアンサンブルで活躍するベーシストで、堅実なベース・ラインと作曲の才能も高く評価されてるアーティストである。

Share Button
Read more

#1349 『Birgitta Flick Quartet feat. Lina Nyberg, Nico Lohmann, Silke Eberhard / Dalarna』

閲覧回数 13,095 回

本作は、自己のクヮルテットにリード奏者ふたりとヴォーカルをゲストとして加えたコンボ編成。オーケストラ経験も豊富なフリックの音楽はスケールが大きく、コンポーザーとしての大器ぶりにまず目をみはる。

Share Button
Read more

#1348 『Dre Hocevar / Transcendental Within the Sphere of Indivisible Remainder』

閲覧回数 13,282 回

ニューヨークの精鋭ドラマー、ドレ・ホチェヴァーによる集団即興・集団沸騰サウンドを踏み越えた脈動サウンド。

Share Button
Read more

#1347 『ZEK TRIO / ZEK ! – A Piano Trio only plays the music of Led Zeppelin』

閲覧回数 12,755 回

“レッド・ツェッペリンの音楽だけを演奏するピアノ・トリオ”であるZEK TRIOこそ理想的な芸術形態であることを、哲学的・心理学的・社会学的・神話論的・考古学的に証明する。

Share Button
Read more

#1346 『キース・ジャレット・ピアノソロ/ア・マルティチュード・オブ・エンジェルズ』

閲覧回数 12,313 回

女の子が母親になって、白髪混じりになった今日もやはりサンベアを挙げるのだろうが、その次にすすめるのはこの『たくさんの音楽的天使たち』かもしれない。

Share Button
Read more

#1345 『ウォルフガング・ムースピール/ライジング・グレース』

閲覧回数 11,940 回

他のレーベルでドル箱リーダー作勝負作をリリースするメンツをサイドメンに配置する。これが現在のECMレーベル、アイヒャー統帥の実力なのだ。

Share Button
Read more

#1344 『高橋知己カルテット/WISE ONE』

閲覧回数 13,606 回

『WISE ONE』は津村和彦のトリビュートであるとともに現在の高橋知己カルテットの普段通りの音楽を素直に表現したものである。

Share Button
Read more

#921 遠藤千晶・筝リサイタル

閲覧回数 3,489 回

2009年から足掛け7年で彼女は着実な成長を遂げ、いまや邦楽界の第一線を闊歩する。ジャンルとしての邦楽を超えた彼女のさらなる飛躍を私は大いに期待する。

Share Button
Read more

#920 Steps Ahead meets Soul Bop
ステップス・アヘッド meets ソウル・バップ

閲覧回数 3,545 回

マイク・マイニエリは78歳、ステップス・アヘッドはメンツが流動的、自在なのがかえって吉と出て、懐メロに終わることなく、毎回新鮮な感動がある。その中でのオリジナル・ステップスの名曲の演奏を温故知新で聴けたのは非常に貴重だった。

Share Button
Read more

#919 Sound Live Tokyo 2016 マージナル・コンソート/ツァイトクラッツァー × 灰野敬二

閲覧回数 3,241 回

「貪欲な耳と疲弊した耳のための非挑発的音楽フェスティバル」と銘打って開催されたSound Live Tokyo 2016(以下SLT)のラインナップの中で、ひとつの『集団』として『即興』を核にした表現活動を披露するのが、いずれも1997年に始動したマージナル・コンソートとツァイトクラッツァーである。

Share Button
Read more

#918 チック・コリア・トリロジー with アヴィシャイ・コーエン & マーカス・ギルモア

閲覧回数 3,421 回

3人のとてつもない技量と細やかな感性に裏打ちされて、繊細で緻密なリズムとグルーヴを持ちながら、わかりやすく楽しく、音楽への愛に溢れた時間。

Share Button
Read more

Chapte 46 ジャッキー・マクリーン 

閲覧回数 18,323 回

また、別のステージでは渡辺貞夫 (as) とアルト・マドネスを展開、生まれも育ちもパーカー派の二人はバードゆかりの<コンファーメーション>や<デクスタリティ>を気持ちよさげに吹き上げた。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #12 『Shake Loose』

閲覧回数 13,243 回

このアルバム、ドニーは自分の曲作りのスタイルを維持しながらも明らかにボウイの影響を受けて一段階前進しているのがはっきり聞こえてくる。それはボウイの名曲、<A Small Plot Of Land>と<Warszawa>が収録されているからというわけではない。いや、むしろこの2曲のドニーの料理の仕方をまず特筆すべきだろう。是非ボウイのオリジナルと聴き比べて頂きたい。2曲ともボウイとブライアン・イーノの共作だ。つまりボウイがシンセに重点を置いていた作品の中からの選曲だ。ボウイ亡き後ドニーはボウイのオリジナルメロディーをその原曲と違う仮面にすげ替えて新しい音楽を生み出している。<Warszawa>に至っては、まるで<In A Silent Way>のような空気と思えばコルトレーンの背後霊まで付いてくる。

Share Button
Read more

#22 「サムルノリ in 高麗 2016 〜 高麗郡建都1300年記念」

閲覧回数 2,309 回

チンのカンミンソク師の顔がなかったのは寂しかったが、まさにレジェンドとしてのサムルノリがそこに存在してあった。

Share Button
Read more

#32 ドン・チェリー 生誕80年

閲覧回数 1,786 回

1936年11月18日生まれのドン・チェリーが11月18日に生誕80年を迎える。

Share Button
Read more

#311 『ウォルフガング・ムースピール/ライジング・グレース』

閲覧回数 4,143 回

何と表現したらよいのだろう。私の考える録音表現を具体化したCDだ。

Share Button
Read more

#310 『Andrew Cyrille Quartet / The Declaration of Musical Independence』

閲覧回数 3,568 回

良質のアコースティック・ベースに突然覆い被さるピアノ、キーボード、エレキギターの鋭い音色に驚嘆。

Share Button
Read more

#309 『Giovanni Guidi / Ida Lupino』

閲覧回数 3,692 回

極めて高音質録音の空間に浸る。

Share Button
Read more

#308 『Iro Haarla / Ante Lucem』

閲覧回数 3,358 回

ホールを鳴らす...とよく言われるが、これぞホールを目一杯鳴らしての録音。

Share Button
Read more

#307 『Darcy James Argue’s Secret Society / Real Enemies』

閲覧回数 3,338 回

いやはや、超絶根気を要する録音とミックスである。エフェクトされた楽器の音像の揺れが面白い。

Share Button
Read more

#306 『高樹レイwith 伊藤志宏/DUO – two』

閲覧回数 3,648 回

オンマイクの極めて良質ボーカルの音像が、きりりとセンターに突き建つ。

Share Button
Read more

#150(Extra) 『地下音楽への招待』刊行: 剛田武

閲覧回数 3,016 回

この本の主人公は音楽でも人でもなく「場」なんです。「地下音楽」のことをまったく知らなくても、自分たちの場を作ろうと動き出した人たちが、何かに導かれるように繋がり合い、それぞれの目的に向かって散って行った栄枯盛衰の物語として楽しんでいただきたいですね。

Share Button
Read more

#36 『INSPIRATION & POWER 14』

閲覧回数 1,782 回

2面は、詩人の八木忠栄と北沢邦方のエッセイ、「新宿を危険でいっぱいにする」「ニュージャズに期待する」。

Share Button
Read more

#35 Modern Pals新聞 Vol.2/No.1(復刊1号)

閲覧回数 1,851 回

紙名:Modern Pals新聞 Vol

Share Button
Read more