悠々自適 #74 <クロード・ヌガロを聴いてチャールス・ミンガスに涙し、ミシェル・ペトルチアーニの狂気 を思い浮かべ、河田黎のクロード・ヌガロへの思いの深さに感嘆!>

閲覧回数 5,411 回

河田黎がこれらの楽曲、わけてもジャズへのアプローチが欠かせないヌガロの楽曲をこれといった迷いも逡巡もなく堂々と料理出来た裏に、ピアノの太宰百合の例外的な健闘があったことを忘れるわけにはいかない。

Share Button
Read more

R.I.P. Arthur Blythe Jack DeJohnette

閲覧回数 3,430 回

デイヴィッド・マレイ(ts)、ピーター・ウォーレン(b) とともに私のバンド「スペシャル・エディション」に参加してくれるよう頼み込んだ。それは素晴らしい音楽の出会いとなり、「スペシャル・エディション」は永く語り継がれるバンドとなった。

Share Button
Read more

Arthur Blythe : A Tone Master of the Alto Saxophone Oscar Deric Brown

閲覧回数 3,379 回

私はベニー・ゴルソンが耳元で、「いいかい、彼のトーン、彼のサウンドだ。よく聴いておくんだぞ」と囁いたのをはっきりと覚えている。アーサー・ブライスが“トーン・マスター”であることをベニー・ゴルソンが認めたのだ。

Share Button
Read more

追悼 アーサー・ブライス   スタンリー・カウエル

閲覧回数 2,988 回

僕は彼の流麗でソウルフルなサウンドが好きだった。そして時に聞かせるあの泣き節がね。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter49 後藤篤

閲覧回数 28,125 回

類は類を呼ぶ、板橋文夫、林栄一そして後藤篤、みんなエネルギーの塊である。

Share Button
Read more

連載第22回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 3,741 回

ニコール・ミッチェルのMaroon Cloud公演(National Sawdust)、ヒップホップと融合したジェームス・ブランドン・ルイスの新作『No Filter』

Share Button
Read more

ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第14回 ランディ・ピーターソン〜微分音のリズム〜

閲覧回数 6,450 回

マイクロトーンを使った即興演奏でまったく新しい世界を作り出したジョー・マネリと長年に渡り共演したドラマー、ランディ・ピーターソンへのインタビュー。独自の演奏スタイルを持つ彼が、ジョーとの演奏経験について、マイクロトーナル理論のリズム的観点からの分析などについて話をする。

Share Button
Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #100「生悦住英夫について知っている2、3のことども」

閲覧回数 5,697 回

演奏は終わると必ず生悦住は、自らに言い聞かせるようにつぶやく。「生命を削って」まで聴きに来たのだ。

Share Button
Read more

52. マット・ケイン&カンザス・シティ・ジェネレーション・セクステット

閲覧回数 4,918 回

マット・ケインと、ハーモン・メハリを始めとするカンザス・シティの若い世代のミュージシャン達を巡り、カンザス・シティのジャズシーンに見られる動きに注目。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #18 『Caravan』

閲覧回数 9,166 回

アバンギャルドという看板を背負わされたことを嫌い、黒人文化と黒人音楽の伝統を守りながら驚くべきクリエイティビティーを世に残したアーサー・ブライスだったが、商業的に成功しなかったことに苦悩し、パーキンソン氏病に倒れた彼の真のジャズ・アーティストとしての姿を分析してみると同時に、ジャズ・ラテンという曖昧なスタイルの解析も試みてみた。

Share Button
Read more

Kaz Harada ジャズ・ヴァガボンド —覚醒への旅—1

閲覧回数 14,224 回

ドアを開け下界とは隔絶された懐かしい世界に入っていった。室内にはロリンズの心踊るサウンドが響きわたっていて、心臓は早鐘を打ち、血沸き 肉踊るとはこの事なのだろう。

Share Button
Read more

#1411『Mostly Other People Do The Killing / Loafer’s Hollow』

閲覧回数 11,589 回

過去の名作のパロディを隠れ蓑に、アヴァンギャルドなプレイを繰り広げるベーシストのモッパ・エリオットが率いるユニット、モストリー・アザー・ピープル・ドゥ・ザ・キリングは、結成13年目を迎えて意気軒昂な活動を繰り広げている。10枚目のアルバム『Loafer’s Hollow』では、20世紀文学を代表するアイルランド出身の作家、ジェイムス・ジョイスや、現代アメリカの作家たちに捧げられた5曲の文学組曲が、アルバムの中核をなしている。リーダーのモッパ・エリオットは、1930年代のスウィング・ジャズと20世紀文学の融合を現代の視点から図るという、壮大な実験を聴かせてくれた。

Share Button
Read more

#1410『松田美緒 / エーラ』

閲覧回数 10,829 回

セファルディの音楽、カーボヴェルデの音楽、エーゲ海の島々にある歌音楽。日本ではなかなか聴く事の出来ないこれらの音楽を知るきっかけとして、リラックスして鑑賞する事の出来るアルバムではないだろうか。 

Share Button
Read more

#1409『Æon Trio / Elegy』

閲覧回数 11,217 回

イオン・トリオによる最初のアルバム『エレジー』では、多様なジャンルの先行者たちの楽曲に範を取り、ジャズの歴史とクラシックの歴史が〈ECM Records〉において交差したところの影響を汲み取りながら、しかしこの三人にしかなし得ないローカルな音楽として結実している。

Share Button
Read more

#1408 『V.A. / Tokyo Flashback P.S.F. 〜Psychedelic Speed Freaks〜』

閲覧回数 13,973 回

日本の地下音楽を世界に広めたPSFレコードの最後の作品。22組のアーティストが未発表・新録音トラックを提供、トータル150分を超える大作。スタイルも方法論も録音状態もバラバラながら、全体を曰く言い難いひとつのカラーというか香りのようなものが貫いている。それを言い表そうとすると「サイケデリック」という言葉が最も適切だろう。

Share Button
Read more

#1407『Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue』

閲覧回数 11,063 回

蓮見令麻率いるピアノ・トリオによる最初のアルバムは、ピアノの奏法とインタープレイの在り方において菊地雅章からの深い影響を感じさせるが、その声の特異性においても響き合うものがある。それはピアノの旋律をなぞるときでさえ「うたい損ね」ではなく損なわれることのない「うた」そのものなのだ。

Share Button
Read more

#1406『ポール・ラザフォード 豊住芳三郎/The CONSCIENCE』

閲覧回数 22,285 回

その結果、アルバム『The CONSCIENCE』はラザフォード、“SABU”豊住双方のソロ・アルバムでもあり、その上に二人のデュオが成り立っているように聴こえる。

Share Button
Read more

#1405『沖至 井野信義 崔善培/Kami Fusen』

閲覧回数 11,397 回

稀に一期一会ともいえる貴重な出会いが音盤として日の目をみることがある。これはまさにそのような一枚だ。

Share Button
Read more

#1404『Theo Bleckmann / Elegy』

閲覧回数 11,068 回

後半、エレジーのリプライズからの4トラック、への展開が、特に素晴らしい、ブレックマンの声が躍動する、このセッションの熱気が一体化している到達、同じドイツのWinter & Winterレーベルから引っこ抜いただけある、

Share Button
Read more

#1403『Dominic Miller / Silent Light』

閲覧回数 10,627 回

まるでアクローム絵画を見ているかのような音楽だが、この美的感覚を成立させている根底にあるものに同調できるか、あるいはこのような佇まいをした音楽を自分の生活空間にどう関係づける事が出来るか、

Share Button
Read more

#1402『橋本孝之 / ASIA』

閲覧回数 11,488 回

橋本孝之による26分間の即興、アルトソロ。これを聴く者は、異形生命体が生き延びんとするプロセスを幻視することになるだろう。

Share Button
Read more

#1401『オデッド・ツール/トランスレーターズ・ノート』

閲覧回数 10,982 回

そして、このオデッド・ツールは、マーク・ターナーが拓いたマーケットを明確に狙っているサックスの鳴らしを武器にしていることは明白だ、

Share Button
Read more

#1400『オデッド・ツール/トランスレーターズ・ノート』

閲覧回数 11,150 回

さて、これはジャズなのか? そうだ、まさにジャズなのだ。何故ならジャズとはハイブリッド音楽の意識であり、そして他のいかなるシーンもこういう音楽を産み出す事はなかっただろうから。

Share Button
Read more

#949 映画『Chasing Trane, The John Coltrane Documentary』

閲覧回数 5,837 回

ジョン・コルトレーン(1926年9月23日〜1967年7月17日)の初の本格的な伝記映画となる『Chasing Trane』が、2017年4月14日に公開された。監督は『The U.S. v.s. John Lennon』(2007)のジョン・シャインフェルド。

Share Button
Read more

#948 喜多直毅クアルテット~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~

閲覧回数 6,888 回

リズムの相克から生まれる駆動力、サウンドのドラマ性、昂揚と興奮。喜多直毅クアルテットは進化を続ける。

Share Button
Read more

#947 TOKYO BIG BAND 10th Anniversary Concert

閲覧回数 7,433 回

実際、リーダーのジョナサン・カッツをはじめバンドのプレーヤー全員がプレイすることに喜々として楽しんでいる姿や演奏に献身している人間味が、サウンド全体から横溢して聴く者のハートに火をつける。

Share Button
Read more

#946 内田修先生を送る会

閲覧回数 7,038 回

これだけの日本を代表するメンバーを集結させられる力は内田先生ならではと、あらためてその偉大さを実感した次第。

Share Button
Read more

#945 ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド featuring デイヴ・ウェックル、ジョン・パティトゥッチ、エリック・マリエンサル & フランク・ギャンバレ

閲覧回数 6,268 回

繊細で自由な最高の演奏の中でケミストリーを生み出すことができる名手たち、チック、デイヴ、ジョンのトリオに、最高のソリストのエリックとフランク。次の機会を楽しみにしたい。

Share Button
Read more

#346 『紙上 理(しがみ・ただし)/In a Sentimental Mood』〜Hear, there and everywhere #4

閲覧回数 4,959 回

デジタル録音時代の立ち向かい方を熟知したエンジニアの技と判断。

Share Button
Read more

#345『沖至 井野信義 崔善培/Kami Fusen』〜Hear, there and everywhere #6

閲覧回数 4,709 回

トランペットの多彩なサウンド、マウスピース近接音を的確な表現で捉え、甘くなる部分が無い。

Share Button
Read more

#344『伊藤君子/美空ひばりを歌う』〜 Hear, there and everywhere #5

閲覧回数 4,316 回

ヴォーカルの音像の明確さもさることながら肉質感の音質管理が印象的だ。

Share Button
Read more

#343 『高橋知己カルテット/WISE ONE』

閲覧回数 4,290 回

とくにテナーの味わいのあるサウンドは魅力。演奏者の持ち味が浮き出ている。

Share Button
Read more

#342 『ポール・ラザフォード  豊住芳三郎/The CONSCIENCE』〜Hear, there and evrywhere #7

閲覧回数 4,255 回

風圧を感じるようなドラムの表現。おそらくワンポイントに近い収録で得られたと思われる。

Share Button
Read more

#341『Craig Taborn / Daylight Ghosts』

閲覧回数 4,030 回

やはりエンジニアの個性が表面に現れるサウンドが濃厚だ。

Share Button
Read more

#340『松田美緒/エーラ』

閲覧回数 4,533 回

超絶 優秀録音。

Share Button
Read more

#339 『Rema Hasumi 蓮見令麻 / Billows of Blue』

閲覧回数 3,942 回

左右空間に広がる透明感を伴った収録技術に衝撃的な感動を伴う。

Share Button
Read more

#338 『Æon Trio / Elegy』

閲覧回数 4,728 回

音源は室内楽。当然トリオ空間の再現が重要視されているが、私は音色の聴いた事のない違いに大きな衝撃をうけた。

Share Button
Read more