悠々自適 #75 地歌ライヴに賭ける藤本昭子の闘志と偉業

閲覧回数 3,020 回

かくして第85回記念をうたった藤本昭子の<地歌ライヴ>は成功裏に終演した。この先どのくらい長く続くかは、言わずもがな彼女の健康と気持次第だが、みずからは冒頭の挨拶の中でにこやかに意中を披瀝していたのが頼もしくもあった。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter51 リー・モーガン

閲覧回数 12,615 回

放り出されたヘレンはコートを取りに店に戻るといきなりリーがもの凄い形相で詰め寄ってきた。
その瞬間、ヘレンの手にしていた拳銃から放たれた銃弾がリーの胸を貫いていた。

Share Button
Read more

追悼特集 ジョン・アバークロンビー RIP John Abercrombie

閲覧回数 3,617 回

ジャズ・バラードとリリシズムを特徴とする『39 Steps』(ECM) について、ロンドン・ジャズ・ニュースは “アルバム全体から醸し出される質の高い優美さ、確かさ。4人の匠による完璧なレコーディング” と評した。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #22 ジョン・アバークロンビー <3 East>

閲覧回数 3,954 回

筆者が苦手なアバクロ、筆者がなぜアバクロが苦手なのかの解説に挑戦。一方アバクロのお気に入りアルバム、『Night』からプログレ系名曲<3 East>を題材に、このアバクロ作品の魅力や、ヤン・ハマー、ディジョネット、マイケル・ブレッカー等の共演者の凄さを解説。

Share Button
Read more

#162 来日直前インタビュー:クリス・ピッツィオコス Chris Pitsiokos

閲覧回数 6,470 回

2012年ニューヨーク即興音楽シーンに彗星のように登場したクリス・ピッツィオコスの待望の来日ツアーが9/17からスタート。ヒカシューの新作に参加するなど注目を集める若手サックス奏者が現在の心境と音楽シーンについて語るちょっと辛口の最新インタビュー。

Share Button
Read more

#161 ニューヨークからせんがわまで〜巻上公一(ヒカシュー)インタビュー

閲覧回数 4,282 回

ヒカシューのリーダー、ヴォイス・パフォーマー、インプロヴァイザー、プロデューサーなど様々な顔を持つ巻上公一が、ジョン・ゾーンとニューヨーク・シーンからJazz Artせんがわ、クリス・ピッツィオコスが参加した新作から即興音楽の将来まで語り尽くすロング・インタビュー。

Share Button
Read more

連載第25回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

閲覧回数 2,046 回

激しい色彩を幻視させられるジェイミー・ブランチ『Fly or Die』、弦楽器トリオ「Hear in Now」による伝統と即興との融合『Not Living in Fear』。

Share Button
Read more

#5 未知の国スペインへ

閲覧回数 7,142 回

幸いにも、海岸沿いに南下する電車は直ぐにやってきて、景色を見つつこ れはという駅で降りたのがタラゴーナという鄙びた駅で、美しい海岸の町でした。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #1. チャーリー・パーカーのストライプスーツ

閲覧回数 1,952 回

チャーリー・パーカーが好んで着ておりよく似合っていた、と思うのはペンシルストライプの間隔が少し幅広で地の色が濃いスーツだ。ダブルブレストの4つボタン6つボタンで襟は幅広のピークドラペル( 襟先が尖ってシャープなもの)。トラウザーはゆったりしたで幅広のシルエットで裾はシングル。バードの写真の中にシャツに皮のサスペンダーをしている写真をよく見かけるが、サスペンダーを着用していたに違いない。

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #2. ダイナ・ワシントンのサック・ドレス

閲覧回数 1,914 回

1958年のアメリカ東海岸ニューポートで催された第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルを記録した『真夏の夜のジャズ(Jazz on A Summer’s Day)』(1960年公開)は出演者の顔ぶれ、演奏のみならず、編集、映像も素晴らしいドキュメンタリー映画だ。ダイナ・ワシントンもこのフェスティバル出演者の一人だった。この映画の中には、何人かの素晴らしい女性シンガー達が登場するが、今でも個人的に一番ショッキングで好きなのはダイナ・ワシントンだ。

Share Button
Read more

#1438『Max Johnson / In the West』

閲覧回数 4,387 回

マックス・ジョンソン、クリス・デイヴィス、マイク・プライド、スーザン・アルコーンという傑出した四者が、別々のタイムフレームを持ちつつも同じ時空間を共有しているかのようなサウンド。ジョンソンのウォームなベースはその中で見事に浮かび上がっている。

Share Button
Read more

#1437『ティー / インターステラー』

閲覧回数 4,649 回

フォーキーなテイストからソウルフルな歌声までを自在に操ってみせるインド出身で日本在住のヴォーカリスト、ティーによるデビュー作。

Share Button
Read more

#1436 『Yordan Markov Bulgaria Quintet / Iztok』

閲覧回数 6,465 回

インプロも含めすべてのパーツが「あるべき音」としてぴたりと収まる完成度の高さと、あらゆる楽器を受け入れてしまいそうな懐の深さが同居、ライヴでのハプニングが楽しい所以だ。/ Including rich improvised parts, a high level of completeness in which all the fragments precisely fit as true sounds is combined with a deep acceptance of every instrument; this is why their spontaneous live show is such fun.

Share Button
Read more

#1435『柳川芳命+Meg / Hyper Fuetaico Live 2017』

閲覧回数 3,984 回

アルトサックスの柳川芳命とドラムスのMegによる独創的なデュオ、その区切りとなるライヴ盤。

Share Button
Read more

#1434『Akmee / Neptun』

閲覧回数 3,581 回

ノルウェーのグループNakamaのドラマーを務めるアンドレアス・ウィルトハーゲンらが率いるバンドAkmeeのファースト・アルバム。

Share Button
Read more

#1433 『黛敏郎 ピアノ作品集 「天地創造」/ Toshiro Mayuzumi Works for Piano』

閲覧回数 4,692 回

黛敏郎が16歳から36歳までに作曲したピアノ曲の世界初録音。1945年から1965年という戦後20年間の日本を背景に、かくも芳醇な音楽が湧き出ていたことに驚く。/ This album is the world’s first recording of piano pieces composed by Toshiro Mayuzumi. All the pieces were written over 20 years from the age of 16 to 36, and it is surprising that against this background starting from 1945 post-World War II Japan, such well-mellowed music was bubbling forth.

Share Button
Read more

#967 三浦一馬/東京グランド・ソロイスツ

閲覧回数 3,712 回

少なくとも本場アルゼンチンでもこれほどの充実したプログラムと構成のピアソラ・タンゴは滅多に体験できないという感激をひたすら味わいながら楽しんだ2時間余であった。

Share Button
Read more

#374『KOKOTOB / Flying Heart』

閲覧回数 2,519 回

その楽器が表現できる意外性に気づいたエンジニアに賞賛。凄いぞ。

Share Button
Read more

#373『ワダダ・レオ・スミス|田村夏樹|藤井郷子|イクエ・モリ/アスピレーション』

閲覧回数 2,450 回

田村夏樹+藤井郷子のサウンドを追いかけて来たが、聴く度に度肝を抜かれる。

Share Button
Read more

#372 『ティー/インターステラー』

閲覧回数 2,373 回

演奏空間に浮かびあがるヴォーカルを意識させるバランス感覚は、褒めていい。

Share Button
Read more

#371 『藤井聡子カルテット/ライヴ・アット・ジャズルーム・コルテス』

閲覧回数 2,303 回

ライヴは音場に空間感が現れる楽しさがある。

Share Button
Read more

#370 『Chris Speed Trio / Platinum On Tap』

閲覧回数 2,248 回

ベースとドラムがサウンド構成の重要な部分を担っている。

Share Button
Read more

#369 『一噌幸広/わらぶき』

閲覧回数 2,294 回

心地良いのは二つの音源に対極を感じさせない音像処理だ。

Share Button
Read more

#368 『Omri Ziegele – Where’s Africa / Going South』

閲覧回数 2,244 回

極めて明瞭な近接サウンド。

Share Button
Read more