#06 セシル・テイラーとベルリン、FMP

閲覧回数 4,783 回

ベルリンで接したテイラーはリラックスして自然体だった。周囲に彼の音楽の理解者が多くいるベルリンの空気に馴染んでいたのかもしれない。偉大なるモダニストの死に、心から哀悼の誠を捧げたい。

Share Button
Read more

哀悼 セシル・テイラーとの思い出

閲覧回数 3,938 回

そんなセシルが帰国する直前、出来たらもう一度日本へ来たいし、住んでもみたいと語ったのは、決して外交辞令的な発言ではなく、半ば本心だったのではないかと私は思っている。

Share Button
Read more

セシル・テイラー追悼

閲覧回数 3,037 回

セシル・テイラー89歳にて逝く。この文字をインターネットの画面で読んで「ついに」の感にまず襲われた。彼の存在はぼくには特別だった。

Share Button
Read more

JAZZ meets 杉田誠一 #103「セシル・テイラー」

閲覧回数 4,130 回

セロニアスに似て、全く誰のようでもない「間」。デュークに似て、壮大なオーケストレイション。そして、すぐれてパーカッシヴでありながらも、誰よりもよく「うたう」のがセシル・テイラーというわけです。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #30 Cecil Taylor <Charge ‘Em Blues>

閲覧回数 5,738 回

他界してしまったセシル・テイラー。彼がライフ・ワークとしたフリーインプロビゼーションではなく、彼のデビューアルバムからオリジナルのブルース曲を取り上げた。分析して初めてセシルのヴォイシングがコード進行に忠実だったことを発見、また、セシルが曲のフォームをいかに尊重していたかなどに焦点をあててみた。

Share Button
Read more

RIP セシル・テイラー by カーラ・ブレイ

閲覧回数 3,280 回

ここ数年セシルに会いたいと思ってきたけど、果たせなかった。そして、彼は逝ってしまった…。

Share Button
Read more

Cecil Taylor in Europe by Roberto Masotti, Milan

閲覧回数 2,675 回

  Above three in Rav

Share Button
Read more

Cecil Taylor in the old Bimhuis Club, Amsterdam, 2003

閲覧回数 2,823 回

Yes, that is a big loss!

Share Button
Read more

1992・夏・白州 

閲覧回数 3,182 回

これまでに何人もの偉大なジャズ・ピアニストを体感して来たが、セシル・テイラー以上にエレガントなパフォーマンスをする人はいなかった。

Share Button
Read more

精霊たちの祭り「白州」~セシル・テイラーTOKYO FMスペシャル・ライヴ

閲覧回数 3,322 回

セシルも富樫さんももうこの世にはいないけれど、地球の自然に捧げた祈りは、続いていかなければ。

Share Button
Read more

追悼 セシル・テイラー

閲覧回数 3,014 回

ピアノに向かわれるやいなや、お香を焚かれた。

Share Button
Read more

追悼セシル・テイラー「アキサキラ」写真館

閲覧回数 2,923 回

1973年5月22日セシル・テイラー・ユニット@新宿厚生年金会館大ホール。アキサキラ(サワヒリ語で沸騰するの意)を捉えたトリオレコード営業部のアマチュア・カメラマン石井隆の遺作展。

Share Button
Read more

音の見える風景 Chapter55 「トニー・ウイリアムス」 

閲覧回数 5,403 回

これだけは間違いなく言える。彼のような奴は、後にも先にも、一人もいない。本当にただただすごかった…

Share Button
Read more

ジャズ・ア・ラ・モード #10 :ビリー・エクスタインとジョー・ウィリアムスの粋

閲覧回数 2,805 回

『4.スタイリッシュなバンドリーダー達』で初期のバンドリーダーやメンバー達が、如何にお洒落に気とお金を使っていたか、という事を書いた。
ほとんどのバンドが専属シンガーを抱えていた。シンガー達は一際目立ち、個性的でユニークなファッションでバンドに花を添える存在だった。

Share Button
Read more

Live Evil #33 「福盛進也トリオ@TRIOS 2018」  

閲覧回数 2,793 回

福盛進也トリオを生で聴いて、宮沢賢治も<愛燦燦>も<満月の夕>を含めすべてのレパートリーがすでに彼らの血肉と化しており、何の違和感もなく胸に響くことを知った。

Share Button
Read more

Live Evil #32「ヴァネッサ・ブレイ+山口コーイチ/ピアノな夜」

閲覧回数 2,717 回

ヴァネッサは、3歳の頃からピアノに慣れ親しんでいるとはいうものの、どこかピアノを畏怖するような接し方である。

Share Button
Read more

#1524 『カート・エリング/ザ・クエスチョンズ』+『ブランフォード・マルサリス・クヮルテット&カート・エリング/アップワード・スパイラル』

閲覧回数 3,154 回

アルバム自体の出来は圧倒的にエリングの『The Questions』の方に軍配が上がるが、カート・エリングのヴォーカルに焦点を絞って評価を下せば、ことに新たにエリングのファンとなった方ならブランフォードの『アップワード・スパイラル』にもぜひ耳を傾けていただきたい。

Share Button
Read more

#1523 『Alexander von Schlippenbach – Globe Unity Orchestra / Globe Unity – 50 Years』

閲覧回数 3,453 回

2016年11月、ベルリン・ジャズ祭でのグローブ・ユニティ・オーケストラ50周年記念コンサートのライヴ盤。これは歴史に残る作品である。

Share Button
Read more

#1522 『Satoko Fujii Orchestra New York / Fukushima』

閲覧回数 3,136 回

しかし、この「オーケストラ・ニューヨーク」の面々に、3.11の向こうに9.11が、そして、チェルノブイリ(86年)やスリーマイル島(79年)もイメージされていたとしてもおかしくはない。

Share Button
Read more

#1521 『Patty Waters / 6.12.17』

閲覧回数 3,862 回

30年の沈黙ののち再び活動を始めた異端の女性シンガー、パティ・ウォーターズが盟友ピアニスト、バートン・グリーン等と繰り広げた最新ライヴ音源。「伝説」と言う過去の亡霊を吹き飛ばす迫真性に満ちている。

Share Button
Read more

#1520 『土田晴信/ライヴ・アット・ザ・アディロンダック・カフェ~SUNNY』

閲覧回数 3,188 回

ジミー・スミスから続くジャズ・オルガンの本流、源流を辿りながら研鑽を積み現在に至った土田の現時点での成果を堪能した。

Share Button
Read more

#1519 『北澤恵美子/ハートフル・クラシックジャズ~彩りの風景~』

閲覧回数 4,787 回

北澤のマリンバ、ゴメスのベース、北條などのアレンジ、それぞれが抜群な冴えを示し、この3つの要素が見事に相乗された、“超ジャンル”とも言える魅惑的な“クラシック・ジャズ”の世界。

Share Button
Read more

#1518 『ダフニス・プリエト・ビッグバンド/バック・トゥ・ザ・サンセット』

閲覧回数 3,020 回

プリエトのアレンジはアンサンブルとソロとを区分けせず、両要素が対峙し合ったりしながら溶け合っていくプロセスを打ち出してクライマックスを演出している点が実にユニークで、彼の豊かな才能と人間味に惚れぼれさせられた終曲であり、アルバムであった。

Share Button
Read more

#1517 藤井郷子/ソロ+オーケストラベルリン~ナインティナイン・イヤーズ

閲覧回数 3,166 回

最初は仰天するほど驚いたが、現在ではまた来たなという感じ。先に紹介した『ソロ』が還暦記念『月刊 藤井郷子』の第1弾で、第2弾が『KAZE/Atody Man』、このオーケストラ ベルリンが第3弾ということになる。

Share Button
Read more

#1516 『藤井郷子オーケストラベルリン / Ninety-Nine Years』

閲覧回数 3,662 回

どこを切っても唯一無二の音がする、際立って「個性」的なオーケストラサウンドである。野生と構成との共存が見事であり、そこからはヨーロッパ的なものを感じ取ることができる。

Share Button
Read more

#1515 『Demierre – Dörner – Kocher / Cone of Confusion』

閲覧回数 3,722 回

アクセル・ドゥナー(トランペット)、ジャック・ディミエール(ピアノ)、ヨナス・コッハー(アコーディオン)、3人の頭文字を並べてDDKトリオ。卓越した技量と研ぎ澄まされた精神をもって繰り広げる即興演奏を通じて、常ならぬ音楽的要素に気付かされる。

Share Button
Read more

#1514 『Subtle Degrees / A Dance That Empties』

閲覧回数 3,137 回

気鋭のサックス奏者トラヴィス・ラプランテと、現代最高のドラマーであるジェラルド・クリーヴァーによる、聖性すら宿る「結晶」デュオ。

Share Button
Read more

#1513 『橋本孝之+内田静男 / UH Takayuki Hashimoto + Shizuo Uchida』

閲覧回数 4,038 回

日本地下音楽シーンの個性派二人による音楽の消失した先にある表現の地平を垣間見せるミニアルバム。即興音楽の深みと味わいを強く感じさせる宝石の一枚。

Share Button
Read more

#1512 『NILO / 3』

閲覧回数 3,205 回

札幌出身、ドイツ在住のシンガーソングライター NILO の最新作。都会の日常に寄り添う切なく優しい歌詞とメロディー、美しく緊張感のあるサウンドの対比と融合が素晴らしく心に沁みる。

Share Button
Read more

#1010 川島誠×齋藤徹

閲覧回数 3,871 回

特異なアルト奏者・川島誠と経験豊富なコントラバス奏者・齋藤徹との初共演。互いに普段とは違うプレイをみせた。

Share Button
Read more

#1009 福盛進也トリオ@横濱エアジン

閲覧回数 3,084 回

「理屈抜きに福盛進也トリオの音が好き」ということを認識した。そして、またライヴでその音響に包まれる瞬間を心から楽しみにしている。ぜひ、福盛進也トリオはライヴで体験して欲しい。

Share Button
Read more

#1008 福盛進也トリオ大阪公演

閲覧回数 3,016 回

関西人にとって、阪神淡路大震災からの復興の願いがにじむ「満月の夕」はなじみ深い。かつて彼がこの曲に惹かれ、やがて私たちはこのトリオの「満月の夕」に出会うことになった。音楽がつなぐ縁の面白さだと思う。

Share Button
Read more

#1007 青木菜穂子+神田晋一郎 夜の音樂 / ゆび の たわむれ vol.3 ≪Tango Concert≫

閲覧回数 2,598 回

コンサートは、青木の専門とするジャンルであるタンゴやモダン・フォルクローレ(*1) を軸に、神田や青木のオリジナル曲を織り交ぜる形で進行した。

Share Button
Read more

#1006「ラ・フォル・ジュルネ2018〜モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」ナントのレポートとTOKYOのみどころ

閲覧回数 4,310 回

La Folle Journée de

Share Button
Read more

#431 『土田晴信オルガントリオ/アット・アディロンダック・カフェ〜SUNNY』

閲覧回数 3,480 回

ライヴ録音とはいえ、音像の明確さは、あっけにとられる程の輪郭表現

Share Button
Read more

#430 『ギレルモ・グレゴリオ|ニコラス・レットマン=バーチノヴィッチ|トッド・キャップ/フュートラ・スパルタン組曲』

閲覧回数 3,282 回

これが、クラリネットかと響きの豊かさが素晴らしい。

Share Button
Read more

#429  『Kira Kira / Bright Force』

閲覧回数 3,157 回

試聴の冒頭でキラキラを感じた。しゃれではない。

Share Button
Read more

#428 『ダフニス・プリエト・ビッグバンド/バック・トゥ・ザ・サンセット』

閲覧回数 3,099 回

ラテン楽器の切れのいいサウンドが、オーディオを奮い立たせる。

Share Button
Read more

#427 『辛島文雄/My Life in Jazz』

閲覧回数 3,097 回

ピアノの音質に馴染ませたドラム、ベースが強固に固める素晴らしい録音だ。

Share Button
Read more

#426 『永井隆雄 feat. 藤原幹典/Akatombow』

閲覧回数 3,003 回

ピアノの左右空間を埋める仕掛けが、強く印象に残る録音手法に喝采。

Share Button
Read more

#425 『キップ・ハンラハン/クレッセント・ムーン』

閲覧回数 3,075 回

とにかく面白い録音。

Share Button
Read more

#424 『Globe Unity・50 YEARS』 

閲覧回数 3,256 回

楽器群の音質が優れていて、コンテンポラリーなサウンドが強烈に引き立つ

Share Button
Read more

#423 『榎本秀一カルテット/Another~Live at葡萄舎』

閲覧回数 2,919 回

尺八、いいサウンドに録っている。

Share Button
Read more

#422 『栗林すみれ/Pieces of Color』

閲覧回数 2,863 回

ピアノを囲む楽器群のサウンドを、マイキングの音質を頼りにした組み立が面白い。

Share Button
Read more

# 421 『Aketa Ocarina Orchestra 風の道〜In アケタオカリーナ祭り2016』

閲覧回数 2,870 回

ピアノ伴奏とのバランスが巧く出来ていて、ピアノ対オカリナの配置は不明だが、配慮は、さすがだ。

Share Button
Read more

#170 能楽一噌流笛方15代目 一噌幸弘

閲覧回数 4,136 回

70年代のセシルの音楽には、都節(みやこぶし)音階という日本の音階がふんだんにでてきます。(中略)あれだけ強烈に自在に弾き倒しておいて、最後が能楽の「音取り」のようになって終わる。おおっ!と思いましたね。

Share Button
Read more