『マシン・ガン』から50年

閲覧回数 1,147 回

ペーター・ブロッツマンがヨーロッパのフリージャズにおける最重要作のひとつ『マシン・ガン』を録音してから半世紀経つ。「怒り」を象徴するかのような攻撃的なサウンドといい、『マシン・ガン』はこの時代を表象するアルバムだ。そして、表現スタイルこそ違えど現代のオルタナティヴ音楽へのとば口を開いたのも彼らなのである。

Share Button
Read more

悠々自適 #80 「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018」聴きある記

閲覧回数 2,027 回

これまで名前しか知らなかったアーティストやオーケストラの、それも思いもよらぬ素敵な演奏に触れて、事前にはまさに思いもしなかった感激に浸った3日間ではあった。

Share Button
Read more

#06 セシル・テイラーとベルリン、FMP

閲覧回数 4,735 回

ベルリンで接したテイラーはリラックスして自然体だった。周囲に彼の音楽の理解者が多くいるベルリンの空気に馴染んでいたのかもしれない。偉大なるモダニストの死に、心から哀悼の誠を捧げたい。

Share Button
Read more

悠々自適 # 79 「ニューハードと日本フィル」

閲覧回数 4,486 回

それも、ジャズのビッグバンドと、クラシックの方はフル編成のオーケストラという、このJazz Tokyoでも過去に一度も試みたことのなかった異色の顔合わせ。

Share Button
Read more

#05 現代ジャズの諸相の中で

閲覧回数 4,907 回

ヴィジェイ・アイヤー、ルドレッシュ・マハンザッパ、レズ・アバシ、フリー系ではジョン・イラバゴンなどアジア系アメリカ人の名前をジャズ・メディアで目にすることが近年多くなった。

Share Button
Read more

悠々自適 #78 「あれもこれも」

閲覧回数 6,196 回

とにかく月に1枚のペースでCDを発売する藤井郷子と田村夏樹夫妻の動向からは目が離せない。

Share Button
Read more

#04 コトバが伝えるもの ~ 詩:白石かずこ、音楽史/音楽批評:リチャード・タラスキン

閲覧回数 6,577 回

ここでは個人的に印象に残った2つの出来事を挙げたい。ひとつは白石かずこの全詩集『白石かずこ詩集成』と翻訳詩集『Sea, Land, Shadow』の出版とそれを祝う会、もうひとつは第33回京都賞思想・芸術部門(音楽)を受賞したリチャード・タラスキンの講演会である。

Share Button
Read more

悠々自適 #72「コンダクションと表現の自由について」

閲覧回数 6,625 回

それにしても、ジャズにおける表現の自由にはあらためて驚く。いや驚くのみならず、深い敬意を抱かずにはいられない。

Share Button
Read more

#76 第16回 東京JAZZフェスティバル

閲覧回数 9,311 回

クラブ(WWW、WWWX)演奏も注目を集めたことなどを含めて、渋谷に移転しての東京JAZZフェスティバルは第1回としては成功裏に再出発したといってよいだろう。

Share Button
Read more

悠々自適 #75 地歌ライヴに賭ける藤本昭子の闘志と偉業

閲覧回数 9,770 回

かくして第85回記念をうたった藤本昭子の<地歌ライヴ>は成功裏に終演した。この先どのくらい長く続くかは、言わずもがな彼女の健康と気持次第だが、みずからは冒頭の挨拶の中でにこやかに意中を披瀝していたのが頼もしくもあった。

Share Button
Read more

#03 アーカイヴ、未来へ遺していくもの

閲覧回数 7,552 回

日本ではどのくらいアーカイヴというものが認識されているのかわからないが、ジャズの研究は音盤のみで出来るものではない。それにまつわる様々な資料も含め、今後の歴史考証なり、文化研究等々のためにも遺していかなければいけないものなのである。

Share Button
Read more

#75 音楽的熟成度を達成したマリア・シュナイダー・オーケストラ

閲覧回数 8,946 回

オーケストラ・リーダーとして、オーケストラル・コンポーザーとして、この道一筋に歩んできたマリアだが、昨年の第58回グラミー賞では最優秀作曲家賞と最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル賞の2部門でベストの栄誉に輝いたことで、ある意味では長年にわたる彼女の努力と精進が報われたといっていいのではないだろうか。

Share Button
Read more

#02 カーラ・ブレイ

閲覧回数 8,878 回

カーラ・ブレイの作曲面でのアプローチ、既成のイディオムに縛られず、独自のメロディー・ラインやコード進行に依る世界はジャズにおける作曲と即興演奏を再定義させるもので、直接的、間接的に多くのミュージシャンに影響を与え、現代のジャズに繋がっている。

Share Button
Read more

悠々自適 #74 <クロード・ヌガロを聴いてチャールス・ミンガスに涙し、ミシェル・ペトルチアーニの狂気 を思い浮かべ、河田黎のクロード・ヌガロへの思いの深さに感嘆!>

閲覧回数 11,786 回

河田黎がこれらの楽曲、わけてもジャズへのアプローチが欠かせないヌガロの楽曲をこれといった迷いも逡巡もなく堂々と料理出来た裏に、ピアノの太宰百合の例外的な健闘があったことを忘れるわけにはいかない。

Share Button
Read more

#73 悲喜交々

閲覧回数 21,351 回

そういえば、近年、シャープな技量と豊かな音楽センスを持つ若いドラマーが続々と出現している。日本という限られたマーケットの中でもドラムス分野から注目すべき人材が来日しているのをご存知だろうか。

Share Button
Read more

#01 ユージン・スミスと「ジャズ・ロフト」、そしてモンク

閲覧回数 12,055 回

写真家ユージン・スミスといえば、日本ではまず「水俣」だろう。その彼がジャズ・シーン、それも音楽形成の場の証人だった時期があることはほとんど知られていない。

Share Button
Read more

# 72 ヘイトスピーチとヘイトクライムをめぐって

閲覧回数 12,799 回

それにしても、ごく最近に限ってもこの国はおかしい。

Share Button
Read more

#71 食べある記 XVI

閲覧回数 16,997 回

16回目の今回は、ニューヨーク・リコリッシュ・アンサンブル、Satoko Fujii Quartet、くりくら音楽会~二台ピアノ大作戦、ニコール・ヘンリー(Nicole Henry)を食べ歩く。

Share Button
Read more

#70 食べある記 XV

閲覧回数 16,561 回

世代交替は世の常であるが、それにしても昨今、一際優れた能力を持つ新鋭がジャンルの別を問わず、枚挙に暇がないといってもいいくらい次から次へと出現するさまは壮観ですらある。
6月に聴いたジャズ(系)・ヴォーカルの寸評を3つ。もう余白があまりない、最後にクラシックの演奏会から。

Share Button
Read more

#69 小さなホールで出会った喜びと驚き

閲覧回数 11,420 回

♩テクニックといい、表現術といい、演奏スケールといい、まさに舌を巻かざるを得ないソロ・サックスの妙技に酔った2時間余であった。(上野耕平:サクソフォン)
♩6歳を数えた2016年4月、<邦楽2010>が大きな春を迎えたといっていい小ホールでの出来事だった。(音のカタログ Vol.6)

Share Button
Read more

Vol.69 変わりつつあるジャズ・ヴォーカル地図〜3人のジャズ・ヴォーカルを聴いて

閲覧回数 12,910 回

この2ヶ月ほどの間に聴いた出色のジャズ・ヴォーカル公演を久しぶりに取り上げてみよう

Share Button
Read more

Vol.68 | 食べある記 XIV

閲覧回数 12,200 回

photos:VOLCAN (古賀恒雄

Share Button
Read more

Vol.62 | イーダ、それからコルトレーン

閲覧回数 15,606 回

text by Masahiko YUH

Share Button
Read more

#54 食べある記 Xl

閲覧回数 15,048 回

年が改まってはや3ヶ月。時の流れは予想を超えて速い。早くも鞭が入ったかと錯覚するほど、2013年の幕が開いてほどなく、次々とジャズの威勢のいい演奏と出会った。そこで、その幾つかをピックアップすることから本年最初の<食べある記>を始めることにしよう。

Share Button
Read more