#03 アーカイヴ、未来へ遺していくもの

閲覧回数 1,586 回

日本ではどのくらいアーカイヴというものが認識されているのかわからないが、ジャズの研究は音盤のみで出来るものではない。それにまつわる様々な資料も含め、今後の歴史考証なり、文化研究等々のためにも遺していかなければいけないものなのである。

Share Button
Read more

#02 カーラ・ブレイ

閲覧回数 2,877 回

カーラ・ブレイの作曲面でのアプローチ、既成のイディオムに縛られず、独自のメロディー・ラインやコード進行に依る世界はジャズにおける作曲と即興演奏を再定義させるもので、直接的、間接的に多くのミュージシャンに影響を与え、現代のジャズに繋がっている。

Share Button
Read more

#01 ユージン・スミスと「ジャズ・ロフト」、そしてモンク

閲覧回数 4,934 回

写真家ユージン・スミスといえば、日本ではまず「水俣」だろう。その彼がジャズ・シーン、それも音楽形成の場の証人だった時期があることはほとんど知られていない。

Share Button
Read more