2/12 シンガー アル・ジャロウ逝く

閲覧回数 285 回

20作を超すアルバムをリリース、7度のグラミーに輝いた。

Share Button
Read more

1/05 スイス INTAKTレーベルから1月新譜2作

閲覧回数 926 回

1/05 スイス INTAKTレーベルから1月新譜2作。女流ジャズ・アーティスト、高瀬アキとイングリード・ラウブロックを中心とする。

Share Button
Read more

1/07 ナット・ヘントフ逝く

閲覧回数 960 回

ジャーナリストでジャズ評論家、作家として知られるナット・ヘントフが1月7日に亡くなった。1925年生まれ、享年91。

Share Button
Read more

第1回ベルリン・ジャズ賞はゲプハルト・ウルマン

閲覧回数 884 回

ベルリン市とベルリン=ブランデンブルグ放送によって新しく設立されたベルリン・ジャズ賞はサックス、バスクラリネット奏者で作曲家のゲプハルト・ウルマン。

Share Button
Read more

メールス・フェスティヴァルの新音楽監督はティム・イスフォート

閲覧回数 884 回

メールス・フェスティヴァルの音楽監督にメールス育ちのミュージシャンでプロデューサー、キュレイターとしても活動もしてきたティム・イスフォートが就任。

Share Button
Read more

2016年度ドイツ批評家賞ジャズ部門年間ベスト・レコード賞

閲覧回数 967 回

ドイツ批評家賞の年間ベスト・レコード賞のジャズ部門は『Tord Gustavsen / What was said』。

Share Button
Read more

1/05-1/10 Winter Jazz Fest 2017 と ECM Stage

閲覧回数 1,082 回

新年にニューヨークの多数の会場を結んで開催される第13回ジャズフェスティバル「Winter Jazz Fest」が2017年は、1月5日(木)〜10日(火)に開催される。

Share Button
Read more

11/24~11/25 Jazztoadで日本特集「Far Out East」

閲覧回数 1,264 回

ポーランドのヴロツワフで開催されるJazztopadでFar Out Eastと題した日本特集が組まれる。

Share Button
Read more

11/03~12/16 写真展「The Many Faces of Jazz: Two Perspectives Across The Decades」

閲覧回数 1,191 回

ベルリンのFotogalerie Friderichshainでは、ベルリン在住のドイツ人写真家デトレフ・シュリケ Detlev Schilkeとアメリカ人写真家パトリック・ヒンリーPatrick Hinelyによる写真展が開催されている。

Share Button
Read more

10/03 ECMから10月新譜3タイトル

閲覧回数 1,574 回

ECM10月新譜は3タイトル。ハンガリー出身の女流ギタリスト、ゾフィア・ボロスの新作と、生誕80年を記念したスティーヴ・ライヒの限定3枚組ボックス・セット。キム・カシュカシアンとレーラ・アウレルバッハのコンビ似寄るショスタコーヴィチとアウレルバッハのヴィオラ・ソナタ集。

Share Button
Read more

9/24 ECMからA.シリルとJ.ブロの新作リリース

閲覧回数 1,535 回

ECMの10月新譜は、46年ぶりのECM登場アンドリュー・シリル・カルテット(ビル・フリゼールを含む)と、2度の来日を果たしたデンマークのギタリスト、ヤコブ・ブロの第2弾。

Share Button
Read more

9/06『健さん』にモントリオール映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門で最優秀作品賞!

閲覧回数 1,622 回

モントリオール映画祭は、高倉健が1999年に『鉄道員(ぽっぽや)』(降旗康男監督)で日本人俳優として初めて主演男優賞を受賞した映画祭

Share Button
Read more

9/16 『ロバート・グラスパー・エクスペリメント/アート・サイエンス』世界同時リリース

閲覧回数 2,387 回

本作は初めてバンド・メンバー全員、ロバート・グラスパー(p, key) 、ケイシー・ベンジャミン(sax)、デリック・ホッジ(b) &マーク・コレンバーグ(ds) がニューオリンズのスタジオに2週間籠り、プロダクション、ソングライティングそしてヴォーカルまでシェアした意欲作。

Share Button
Read more

7/22 ドミニク・デュヴァル逝く

閲覧回数 2,222 回

セシル・テイラーなどとの共演で知られるベーシスト、ドミニク・デュヴァルが7月22日亡くなった。菌状息肉腫というリンパ腫で闘病中だった。

Share Button
Read more

ECM 8月新譜

閲覧回数 2,445 回

ECM8月新譜の2作は、いずれもECMとは馴染みの深いアーチストの新作で、来日経験もあるカンテレ奏者のシニッカ・ランゲラン『マジカル・フォレスト』(ECM2448)と、ECMの諸作でベーシストとして活躍してきたノルウェーのマッツ・アイレプスンの初リーダー作『ルビコン』(ECM2469)。

Share Button
Read more

7/16 クロード・ウィリアムソン逝く

閲覧回数 2,143 回

アメリカ西海岸のジャズ・シーンで活躍したピアニスト、クロード・ウィリアムソンが7月16日に89歳で亡くなった。

Share Button
Read more

INTAKT レコード(スイス)の8月新譜

閲覧回数 2,461 回

スイスINTAKT レコードから8月新譜2作。1枚は1980年のスイス・ヴィリザウ・ジャズ・フェスのアーカイヴから。もう1枚は、トーマス・モーガンbを擁するジム・ブラックdsのトリオによる新作。

Share Button
Read more

6/30 ドン・フリードマン逝く

閲覧回数 2,382 回

ピアニスト、ドン・フリードマンが6月30日に亡くなった。西海岸でデクスター・ゴードン、ショーティ・ロジャース、バディ・デフランコ、チェット・ベイカー、またオーネット・コールマンなどと共演。1958年にニューヨークに進出。代表作は『サークル・ワルツ』 (Riverside)。

Share Button
Read more

6/22 The EJN Award 2016発表

閲覧回数 2,081 回

ヨーロッパ・ジャズ・ネットワーク (EJN) は第6回EJN Awardの受賞対象を発表した。EJN Awardは冒険的なプログラミングを行ったプロモーターに与えられる賞で、今回はマンチェスター・ジャズ・フェスティヴァルが受賞した。

Share Button
Read more

5/31 多和田葉子クライスト賞受賞

閲覧回数 3,470 回

ドイツの文学賞でも重要なクライスラー賞の発表があり、今年はベルリン在住で日本語とドイツ語の両方で執筆活動をしている作家多和田葉子がを受賞した。クライスト賞を外国人が受賞するのは初めて。

Share Button
Read more

6/20 続報メールス・フェスティヴァル

閲覧回数 2,226 回

メールス・フェスティヴァル最終日のプレス・コンファレンスにおける音楽監督ライナー・ミヒャルケの辞意表明から約1ヶ月、6月18日にメールス市役所でメールス・フェスティヴァルの将来についての会合の結果、Moers Kultur GmbHのCEOと芸術監督ライナー・ミヒャルケは辞意を撤回した。

Share Button
Read more

6/15 JJA Jazz Award 2016

閲覧回数 2,525 回

6月15日にJJA Jazz Award 2016の授賞パーティが行われ、5月15日に発表された音楽家部門受賞者に続き、ジャーナリスト部門受賞者も発表された。音楽家部門の功労賞はヘンリー・スレッギル、ミュージシャン・オブ・イヤーにはマリア・シュナイダー、新人賞にカマシ・ワシントン。レコード・オブ・ザ・イヤーもマリア・シュナイダー・オーケストラの『ザ・トンプソン・フィールズ』。

Share Button
Read more

6/13 NEAジャズ・マスターズ2017発表

閲覧回数 2,553 回

2017年度NEA(全米芸術基金)ジャズ・マスターズの受賞者が発表された。受賞者は、ディー・ディー・ブリッジウォーター、ディヴ・ホランド、ディック・ハイマン、Dr. ロニー・スミス、評論家のアイラ・ギトラーの5名。

Share Button
Read more

11/01~06 第53回ベルリン・ジャズ祭

閲覧回数 2,260 回

11月1日から6日まで開催される第53回ベルリン・ジャズ祭の概要が発表になった。今年はベルリンとニューヨーク・ブルックリンに焦点を当てたプログラムが予定されている。

Share Button
Read more

6/02 メールス・フェスティヴァル音楽監督辞任表明にEJNがコメント

閲覧回数 2,328 回

メールス・フェスティヴァル最終日の記者発表会で、2006年から音楽監督の任にあたっていたライナー・ミヒャルケが突然辞意を表明。理由は、財政面での混乱が続き、将来的にどのようにフェスティヴァルを継続させるのか不確実になったからだという。また、ミヒャルケはこれを機会にフェスティヴァルの今後について議論してほしいと語っている。これを受け、メールス・フェスティヴァルに対して2015年度EJN Awardを授与したヨーロッパ・ジャズ・ネットワーク(EJN)の役員会は、ライナー・ミヒャルケに援助を惜しまないと発表した。

Share Button
Read more

6/03 ECM6月新譜『ドミニク・ピファレリ・カルテット/TRACÉ PROVISOIRE』

閲覧回数 2,610 回

フランスのジャズ/コンテンポラリー系ヴァイオリニスト、ドミニク・ピファレリのニュー・カルテットによる新作。

Share Button
Read more

5/13~16 メールス・フェスティヴァルのライヴ・ストリーミング

閲覧回数 2,570 回

5月13日(日本時間14日午前3時)から16日まで開催されるドイツのメールス・フェスティヴァルは、フェスティヴァルサイト他でライヴ・ストリーミングされる。

Share Button
Read more

ECMからカーラ・ブレイ・トリオの新作リリース

閲覧回数 2,504 回

ECM5月新譜は、カーラ・ブレイ・トリオの新作。プロデューサーはマンフレート・アイヒャー。

Share Button
Read more

5/06 ヨハネス・バウアー逝く

閲覧回数 2,387 回

かねてより病気療養中だったドイツ屈指のトロンボーン奏者ヨハネス・バウアーが5月6日亡くなった。1954年、旧東ドイツ、ハレ生まれ。享年61。優れたインプロヴァイザーであった彼は、自身のプロジェクトの他、ウルリッヒ・グンペルト・ワークショップ・バンド、グローブ・ユニティ、ペーター・ブロッツマン・テンテットなどで活躍した。

Share Button
Read more

4/04 ゲタチュウ・メクリヤ逝く

閲覧回数 2,439 回

エチオピアのサックス奏者、ゲタチュウ・メクリヤが亡くなった。ゲタチュウは1949年にプロ・デビュー、それ以来エチオピアの音楽界で活躍。2004年からのオランダのポストパンク・バンドThe Exとの活動で、欧米の若い音楽ファンからも人気を得ていた。1935年生まれ、享年81。

Share Button
Read more

4/15 トランペッター曽根麻央が Keep an Eye International Jazz Awardsで優勝

閲覧回数 2,824 回

バークリー音大留学中だったトランペッターの曽根麻央が、去る4月15日アムステルダム・コンサーバトリーで開かれたKeep an Eye International Jazz Awardsで優勝した。

Share Button
Read more

2/23 ECMから2月新譜2作リリース

閲覧回数 2,648 回

ECMの2月のリリースはジャズ系2作。ラルフ・アレッシ(tp)の2013年のECMデビュー作『Baida』に続く2作目『Ralph Alessi, Gary Versace, Drew Gress, Nasheet Waits / Quiver』(ECM2438)とラルフ・アレッシ(tp)の2013年のECMデビュー作『Baida』に続く2作目。レギュラーのリズム隊、ドゥリュー・グレス(b)とナシート・ウェイツ(ds)にサックスのゲイリー・ヴェルサーチを加えたピアノレスの2管カルテット編成。
イスラエルの女流ピアニスト、アナト・フォートのECM3作目『Anat Fort Trio, Gianluigi Trovesi / Birdwatching』。

Share Button
Read more

3/01 米『Jazz Inside Magazine』3月/4月号刊行

閲覧回数 2,589 回

NYを中心に全米のジャズ情報をカバーする専門誌『Jazz Inside Magazine』3月号(Volume:7 Issue:8)が刊行、カバー・ストーリーはピアニスト/コンポーザーの上原ひろみ。

Share Button
Read more

3/02 米『Downbeat』誌 4月号刊行

閲覧回数 2,574 回

米『Downbeat』誌 4月号刊行((Volume 82, Number 4) が刊行。カバー・ストーリーはマイルス・デイヴィスの伝記映画『Miles Ahead』でマイルスを演じた主演/監督のドン・チードル。

Share Button
Read more

3/08 サー・ジョージ・マーティン逝く

閲覧回数 2,572 回

「5人目のビートルズ」と言われたビートルズのプロデューサーが死亡。享年90。マーティンは1962年ビートルズを見出し、音楽プロデューサーとしてビートルズのほぼ全作を制作、ビートルズのサウンド・プロデュースの重責を担った。

Share Button
Read more

3/08 ジョン・ヘンドリックスに永年功労賞

閲覧回数 2,571 回

50年代に一斉を風靡したヴォーカル・トリオ「ランバート、ヘンドリックス&ロス」の男性ヴォーカリスト、ジョン・ヘンドリックスに第31回ビストロ・アウォードの ASCAPボブ・ハリントン永年功労賞が授与された。

Share Button
Read more

3/09 ナナ・ヴァスコンセロス逝く

閲覧回数 2,584 回

ブラジルのパーカッショニスト、ナナ・ヴァスコンセロスが肺がんのため死亡。盟友のギタリスト/ピアニスト、ナナ・ヴァスコンセロスと4月に中国と日本で公演を予定、ECMでライヴ・レコーディングが予定されていた中での逝去。

Share Button
Read more

3/12 ECMから第1回3月新譜2作リリース

閲覧回数 2,583 回

ECMから3月新譜第1回発売としてジャズ系アルバム2作がリリースされた。1作は、早くもECM4作目となるヴィジェイ・アイヤー(p)とワダダ・レオ・スミス(tp)による『a cosmic rhythm with each stroke』(ECM2486)とハンガリアのギタリスト、フェレンチ・スネトバーガーのECMデビュー『In Concert』(ECM2458)。

Share Button
Read more

3/19 ECMから第2回3月新譜3作リリース

閲覧回数 2,737 回

ECMの3月新譜第2回発売として、ジャズ系1作、ニューシリーズ2作がリリースされた。ニック・ベルチュのMOBILEのECMデビュー作『continuum』(ECM2464)、トーマス・ツェートマイア+パリ室内管弦楽団によるロベルト・シューマン作品集(ECM2396)、タリン室内オーケストラ、エストニア交響室内楽団とアニャ・レヒナー(cello)によるエストニアの作曲家トヌ・コルヴィッツのECMデビュー作『Mirror』(ECM2327)。

Share Button
Read more

3/25 チェット・ベイカーの伝記映画公開

閲覧回数 2,504 回

オランダ・アムステルダムのホテルから墜死した悲劇のトランペッター/ヴォーカリスト、チェット・ベイカー(1929〜1988)の伝記映画『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』(IFC Folms) が3月25日公開される。

Share Button
Read more

4/15〜17 ECM Festival Freiburg

閲覧回数 2,506 回

ドイツ南西部のスイスとフランスとの国境に接する都市フライブルグで3日間にわたり ECM フェスティバルが開催される。出演は、スイスのニック・ベルチュアのユニットMOBILE、ポーランドのマルチン・ヴァシレフスキー・トリオ、イタリアのデュオ・ガッザーナ、フランシス・クチュリエ&アニャ・レヒナー他。

Share Button
Read more

4/30 International Jazz Day

閲覧回数 2,780 回

UNESCOが中心となり7大陸の190カ国が参加して全世界的に行われるInternational Jazz Day (4月30日)は今年で5周年を迎えるが、今年のグローバル・ホスト・シティはアメリカの首都ワシントンDCが務める。コンセプトはジャズを通して世界中の人々が理解しあって手をつなごうという友好の輪。

Share Button
Read more

5/06〜08 ECM Festival 上海

閲覧回数 2,585 回

5月に中国・上海で3日間にわたってECMフェスティバルが予定されている。出演は、6日は、チョン・ミョンフンの指揮で上海シンフォニー・オーケストラがアルヴォ・ペルトとブラームスを演奏、8日はスイスのスザンヌ・アビュール・グループが出演予定。プレ・イベントとして4月16日にエグベルト・ジスモンチのソロ・コンサートが予定されている。

Share Button
Read more

5/13~5/16 メールス・フェスティヴァル

閲覧回数 2,664 回

5月13日から16日にかけて開催されるメールス・フェスティヴァルのプログラムが発表された。プログラムは、映画音楽分野でも注目される作曲家ヨハン・ヨハンソンの初監督作品『End of Summer』を上映しながらライヴで演奏、またハリエット・タブマン・トリオとカサンドラ・ウィルソンによるプロジェクト”Black Sun”、ベッカ・スティーブンス&ジェイコブ・コリアーなど現在注目されるミュージシャンの他、若手が多く出演。本会場でのコンサートの他、朝と夜にはセッションも行われる。

Share Button
Read more

5/21 ポール・ブレイ・メモリアル

閲覧回数 2,393 回

去る1月3日逝去したピアニストのポール・ブレイのメモリアルが遺族3人(Kヤロル・ゴス、アンジェリカ・パーマー、ヴァネッサ・ブレイ)のより発表された。メモリアルの場所はポールのNYの拠点であったチェリー・ヴァレーのスター・シアターにて3時から。詳細は未定。

Share Button
Read more

2/20 セロニアス・モンク国際ジャズ・コンペティション「ヴォーカル部門」プレゼンテーション

閲覧回数 2,674 回

2015年度セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・ジョンペティション「ヴォーカル」部門のファイナリスト(1~3位)によるプレゼンテーションがトライベカ・アート・センターで行われる。

Share Button
Read more

2/11 ポール・ブレイ追悼コンサート

閲覧回数 2,560 回

新年1月3日逝去したピアニスト、ポール・ブレイを追悼するコンサートがNYCダウンタウンのグリニッチ・ハウス・ミュージック・スクールで催される。

Share Button
Read more

1/30 ビル・フリゼールが新作『星に願いを』リリース

閲覧回数 2,337 回

人気ギタリスト ビル・フリゼールの新作は映画音楽をフィーチャーした『星に願いを』。

Share Button
Read more

1/29 ECMからアヴィシャイ・コーエン(tp) 他新譜2作

閲覧回数 2,415 回

快進撃を続けるECMから1月29日、新譜2作がリリースされた。

Share Button
Read more

1/28 スペインのジャズ国際投票で藤井郷子が「作曲家部門」3位に

閲覧回数 2,383 回

スペインのジャズ・ブログ「el intruso」(エル・イントルーゾ)主催の2015年度国際ジャズ批評家投票(第8回)で藤井郷子が「コンポーザー」部門で3位に選出された。

Share Button
Read more

1/15 チャールス・ロイドがブルーノートから新作リリース

閲覧回数 2,344 回

昨年ブルーノートレコードと再契約したサックス奏者のチャールス・ロイドが移籍後2作目のアルバム『I Long To See You,』をリリース。

Share Button
Read more

1/12 メールス市の2016年度インプロヴァーザー・イン・レジデンスはキャロリン・ポーク

閲覧回数 2,512 回

メールス・ジャズ祭でよく知られるドイツ、メールス市の2016年度インプロヴァーザー・イン・レジデンスはキャロリン・ポークに決定。

Share Button
Read more

1/06 米「ダウンビート」誌2月号刊行

閲覧回数 2,279 回

米ジャズ専門誌「ダウンビート」2月号(Volume 82, Number 2)が刊行された。

Share Button
Read more

1/05 米「ジャズ・インサイド・マガジン」1/2月号刊行

閲覧回数 2,271 回

全米のジャズ情報をカバーするNY発のジャズ専門誌『ジャズ・インサイド・マガジン』1/2月号(Volume:7 Issue:6)が刊行、カバー・ストーリーはECM。

Share Button
Read more

1/03 ポール・ブレイ逝く

閲覧回数 2,481 回

バップからアヴァンガルド、シンセサイザーまでこなしたミュージシャンズ・ミュージシャン、稀代のスタイリスト、インプロヴァイザー、ポール・ブレイが避寒先のフロリダの自宅で逝去。

Share Button
Read more

12/31 ナタリー・コール逝く

閲覧回数 2,264 回

2008年にC型肝炎感染を公表、その後腎移植をするなど健康回復に努めていた歌手のナタリー・コールが、12月31日、ロサンゼルスで心臓疾患のため逝去。

Share Button
Read more