#1368 『内田修ジャズコレクション CHRONICLE』

閲覧回数 3,427 回

“Dr.Jazz”こと内田修先生の訃報と時を同じくして届けられた。岡崎市制100周年の記念事業として編まれたものだから、刊行が先生の死と相前後したのはまったくの偶然だろうが、先生はこの労作の完成を目にされたのだろうか。

Share Button
Read more

#1367 『Frank Kimbrough / Solstice』

閲覧回数 2,314 回

フランク・キンボロウ(p)は、唯一無二の美しいピアノ・タッチとメロディ・センスで知られ、現代ジャズ・ピアノの吟遊詩人ともいうべきアーティストだ。本作では、カーラ・ブレイ(p)、ポール・モチアン(ds)、アンドリュー・ヒル(p)、アネット・ピーコック、マリア・シュナイダー(arr・comp.)ら曲をカヴァーし、自らの30年を越す音楽キャリアで影響を受けたアーティストをオマージュしている。恩師ポール・ブレイ、アンドリュー・ヒル亡き後、その遺鉢を継ぐことをフランク・キンボロウは、静かに宣言した作品である。

Share Button
Read more

#1366 『齋藤徹 / TRAVESSIA』

閲覧回数 2,927 回

今年2016年7月8日に、東京・永福町にある残響の美しいホールsonorium で行われた、コントラバス奏者・齋藤徹のライブコンサートの録音。

Share Button
Read more

#1365 『Han-earl Park, Dominic Lash, Mark Sanders and Caroline Pugh / Sirene 1009』

閲覧回数 2,333 回

NY即興シーンで切磋琢磨し、イギリスへ戻った即興音楽の求道家が放つ鉱物的サウンド・スカルプチャー。インプロヴィゼーションの極意は半人半獣の女神の微笑に包まれる。

Share Button
Read more

#1364 『Rudy Royston Trio / Rise of Orion』

閲覧回数 2,332 回

ニューヨーク・ジャズ・シーンのファースト・コール・ドラマーのルディ・ロイストンは、セカンド・アルバムの『Rise of Orion』で、前作のメンバーのジョン・イラバゴン(ts,ss)と中村恭士(b)とのトリオで、スポンテニアスに凝縮された音世界を構築した。今のルディ・ロイストンの心の葛藤の中から生み出された、自らに誠実なスピリチュアルなサウンドが響き渡るスマッシュ・ヒット作だ。

Share Button
Read more

#1363 『Billy Hart & The WDR Big Band arranged & conducted by Christophe Schweizer / The Broader Picture』

閲覧回数 2,516 回

ビリー・ハートとクリストフ・シュヴァイツァーのふたりに共通する美点は、そのツボを押さえた大局的な音楽展開はもちろんのこと、音楽の血であり肉であるソウルフルなフィーリングが極めて自然に湧出する点にある。切り口は知的で多彩だが、いかなる時も音楽としてブレがない。

Share Button
Read more

#1362 『柳川芳命 / 2016』

閲覧回数 2,290 回

名古屋を拠点に活動するアルトサックス奏者・柳川芳命(やながわほうめい、数年前に「やながわよしのり」より改名)による、2016年のパフォーマンス集。4つのパフォーマンスを収録、そのすべてが共演者違い。レーベルは柳川自身が運営する極音舎。

Share Button
Read more

#1361 『望月治孝 / ガラスをとおして』

閲覧回数 2,214 回

アルトサックス奏者・望月治孝による2016年発表作。同年、静岡江崎ホールを借り切っての録音で、アルトサックス独奏。

Share Button
Read more

#933 映画 矢野顕子『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』

閲覧回数 352 回

その時代背景の中、パットから贈られた曲への作詞・録音風景など、パット・メセニー・ファンにも非常に興味深い映像となっている。

Share Button
Read more

#932 喜多直毅クアルテット 無言歌〜沈黙と咆哮の音楽ドラマ〜

閲覧回数 1,330 回

自然発生的な音で時空を満たしてゆくというインプロの事例には事欠かない昨今、ミクロレヴェルまで徹底して考察され、弾き尽くされ、かつ一音単位でも濃密に息吹く喜多直毅クアルテットの音楽づくりは、正統派のラディカルとして群を抜く。

Share Button
Read more

#931 THE NECKS – 30th Anniversary 初来日ツアー 東京公演

閲覧回数 845 回

シドニーを拠点に30年間独自の音楽活動を続けるピアノ・トリオTHE NECKSの初来日ツアー。アヴァンギャルドにして和み系、豪州の不可知な音楽集団のイマジネーション豊かなサウンドスケープは、聴き手の魂を啓く導きであった。。

Share Button
Read more

#930 映画「JACO」

閲覧回数 954 回

幼少期から晩年に至る本人の貴重な映像と、ミュージシャン、家族、友人からの証言と、ジャコへのインタビュー映像から丹念に構築され、観客と想いを共有しながらともに旅していく第一級のドキュメンタリー映画

Share Button
Read more

#929 ジョシュア・レッドマン&ブラッド・メルドー Joshua Redman and Brad Mehldau

閲覧回数 773 回

ピアノとサックスの楽器としての構造と基本に立脚したシンプルかつ美しい最高の音色と、巧みなダイナミクスのコントロール、それに基づくピアノとサックスの”完璧な”インタープレイに圧倒された。

Share Button
Read more

#316『Christopher Zuar Orchestra / Musings』

閲覧回数 832 回

各パートの楽器が凄く明瞭に浮かぶ。まず、このマジックに、思わず音量を上げる。

Share Button
Read more

#315 『Carol Welsman / This is CAROL – Love Song 20』

閲覧回数 672 回

弾き語り。ボリューム感で迫るボーカルの質感が、最大の聞き応え。

Share Button
Read more

#1360 『Aggregate Prime / Dream Deferred』

閲覧回数 3,958 回

タイトルの『Dream Deferred』は、1951年に出版されたアフリカ系アメリカ人の作家、ラングストン・ヒューズの詩『Harlem』の一節から引用されている。ピーターソンがアルバム・レコーディングの最初のリハーサルをした2015年10月に、同年4月にボルチモアで起きた3人の白人警官によるアフリカ系のフレディ・グレイフレディ・グレイ殺害事件の最初の裁判を聞き、頻発する白人警官による無実のアフリカ系男性への暴行事件に対する、ピターソンの怒りが、生み出した作品である。

Share Button
Read more

#1359 『David S. Ware & Matthew Shipp Duo / Live in Sant’Anna Arresi, 2004』

閲覧回数 4,348 回

デイヴィッド・S・ウェア(ts)とマシュー・シップ(p)の初のデュオ・アルバム。17年間の共演歴に培われた41分の即興演奏に、<スピリチュアル・ジャズ>という言葉を、生まれ落ちた時の汚れのない裸体に巻き戻す魔法の力を感じる。

Share Button
Read more

#1358 『板橋文夫FIT!+MARDS/アリゲーターダンス 2016』

閲覧回数 4,943 回

今回の作品ではFIT! をクッションにMARDSの面々が大きくクローズ・アップされていて、まるで望遠レンズで撮ったように夫々の個性が前面に広がってくる。

Share Button
Read more

#1357 『ギラ・ジルカ&矢幅歩/Morning Light SOLO-DUO 』

閲覧回数 4,926 回

いわゆるコンピレーションものではなく、「ギラ・ジルカ & 矢幅歩 SOLO-DUO」の名唱、名演を選び抜いたアンソロジーといった面持ち

Share Button
Read more

#1356 『後藤篤╱Free Size ATSUSHI GOTO QUARTET』

閲覧回数 6,607 回

これまで何度かライヴで聴かせていただいているが、これほど4人がベクトルを合わせ音楽に熱中しているユニットはなかなかない。

Share Button
Read more

#1355 『Le Boeuf Brothers + Jack Quartet / Imaginist』

閲覧回数 3,958 回

現代ニューヨーク・ジャズの次代を担うと大きな期待を集めている、1986年にカルフォルニア州サンタクルーズに生まれたレミー&パスカルの一卵性双生児兄弟のル・ブーフ・ブラザースの第4作は、スティーヴ・ライヒ、ジョン・ゾーン(as)とのコラボレーションでも知られる現代音楽ストリングス・ユニット、ジャック・クァルテットを迎えた、コンセプチュアルな野心作だ。ニューヨーク・ジャズ・シーンに、また新たな潮流が巻き起こる。

Share Button
Read more

#928  読売日本交響楽団・第564回定期演奏会

閲覧回数 997 回

彼の演奏を聴きとどけた時点で、この夜の私のほとんどすべては終わった。私にとってのコンサートはデームスを聴き終えた時点で終わったも同然だった。だが、実際は前半が終わったに過ぎない。まだ後半が残っている。

Share Button
Read more

#927 「マイケル・ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団」2016年アジア・ツアー東京公演

閲覧回数 1,255 回

スターふたりとこのオーケストラが全身から発するのは、アメリカ文化がもつ「ステージ力」ともいうべき、舞台芸樹の厚みである。たとえばこのユジャ・ワンに代表されるスターが身にまとっているオーラは、徹底的にプロである。聴かせ、見せる(魅せる)存在—–そこにはスターだけが課せられる、厳然たる前提条件の高さがある。

Share Button
Read more

# 926 野瀬栄進+武石聡 Two Men Orchestra “THE GATE”

閲覧回数 984 回

この日もツアーの最終日とあり、ふたりのパートナーシップは水も漏らさぬ緊密さをみせた。

Share Button
Read more

#925 佐藤久成 ヴァイオリン・リサイタル

閲覧回数 1,041 回

、往年の知られざる規模の小さな作品に息を吹きかけるように演奏して観客を楽しませる術といい、日本にもかくも奔放にして個性的な演奏をする演奏家がいるのかと、その演奏を目の当たりにして実は嬉しくなった。

Share Button
Read more

#924 中彩香能 三弦リサイタル(第3回)

閲覧回数 963 回

若い芽がすくすく育って、気がつくと大きな器に磨きがかかり、魅力的なアーティストとなって颯爽とした演奏を披露している。

Share Button
Read more

#923 ロシア・ピアニズムの継承者たち第12回/ユリアンナ・アヴデーエワ プロジェクト2016 [第1回]リサイタル

閲覧回数 1,174 回

プログラムをみれば一目瞭然であるが、音でつむぐ時代考証のようなステージングである。アヴデーエワのピアニズムに固有なのは、その全方位的な音の伸びだろう。何よりも縦にバウンドする力がある。音が単に伸びるのではなく「立ちのぼる」。

Share Button
Read more

#314 『後藤篤カルテット╱Free Size』

閲覧回数 1,117 回

トロンボーンの表情を巧く捉えた録音に好感を持った。

Share Button
Read more

#313 『ギラ・ジルカ & 矢幅歩/Morning Light SOLO-DUO』

閲覧回数 1,124 回

ヴォーカルの音像がすっきりと立ち上がる透明感のある録音だ。

Share Button
Read more

#312 『木下ときわ/Tempo』

閲覧回数 1,231 回

ボーカルの音像のすっきり感に酔う。

Share Button
Read more

#922 生活向上委員会大管弦楽団2016

閲覧回数 2,633 回

フリージャズは死なない。ついに実現した三者会談でジグソーパズルの音楽のパワー、音楽の享楽、音楽の本質を心から堪能する10月革命だった。

Share Button
Read more

#1354 『Andrew Cyrille Quartet / The Declaration of Musical Independence』

閲覧回数 6,583 回

ここでのシリルは定則ビートに忠実なドラミングを展開しているわけではない。大向こうを唸らせるようなプレイとは無縁の、ここでのサウンドに即したリズムの在りようを見出し、ビル・フリゼール、リチャード・タイテルバウム、ベン・ストリートらが描きだすサウンド絵巻や音の情景描写にふさわしいパーカッシヴ・サウンドを、あたかもスティックを絵筆に代えたアーティストとなって生み出している。

Share Button
Read more

#1353 『Harald Lassen / Rainbow Session』

閲覧回数 7,128 回

1987年生まれのサックス奏者ハラルド・ラッセンによる最初のアルバムは、まだ若い時分に北欧ジャズ界の巨匠アリルド・アンデルセンとヨン・クリステンセンに才能を見出されていた彼の、その活動に根差す音楽性を改めて捉え返した記念碑的な作品である。

Share Button
Read more

#1352 『Darcy James Argue’s Secret Society / Real Enemies』

閲覧回数 6,832 回

ダーシー・ジェイムス・アーギュー率いるシークレット・ソサエティは、ポスト・マリア・シュナイダーのジャズ・ビッグ・バンドの中でも、最右翼の存在である。

Share Button
Read more

#1351 『Sabine Kuehlich & Laia Genc / In your own sweet way—A tribute to the great Dave Brubeck』

閲覧回数 7,094 回

デイヴ・ブルーベックをアイドルと崇めるザビーネ・キューリッヒ(vo)と、ベルリン出身のライア・ゲンク(p)のデュオによる、偉大なるピアニストへのオマージュ・アルバム。

Share Button
Read more

#1350 『Michael Blanco / Spirit Forward』

閲覧回数 6,623 回

マイケル・ブランコは、2000年にニューヨークに拠点を移し、自己のグループ、アラン・ファーバー (tb) らのアンサンブルで活躍するベーシストで、堅実なベース・ラインと作曲の才能も高く評価されてるアーティストである。

Share Button
Read more

#1349 『Birgitta Flick Quartet feat. Lina Nyberg, Nico Lohmann, Silke Eberhard / Dalarna』

閲覧回数 7,243 回

本作は、自己のクヮルテットにリード奏者ふたりとヴォーカルをゲストとして加えたコンボ編成。オーケストラ経験も豊富なフリックの音楽はスケールが大きく、コンポーザーとしての大器ぶりにまず目をみはる。

Share Button
Read more

#1348 『Dre Hocevar / Transcendental Within the Sphere of Indivisible Remainder』

閲覧回数 7,349 回

ニューヨークの精鋭ドラマー、ドレ・ホチェヴァーによる集団即興・集団沸騰サウンドを踏み越えた脈動サウンド。

Share Button
Read more

#1347 『ZEK TRIO / ZEK ! – A Piano Trio only plays the music of Led Zeppelin』

閲覧回数 7,297 回

“レッド・ツェッペリンの音楽だけを演奏するピアノ・トリオ”であるZEK TRIOこそ理想的な芸術形態であることを、哲学的・心理学的・社会学的・神話論的・考古学的に証明する。

Share Button
Read more

#1346 『キース・ジャレット・ピアノソロ/ア・マルティチュード・オブ・エンジェルズ』

閲覧回数 6,949 回

女の子が母親になって、白髪混じりになった今日もやはりサンベアを挙げるのだろうが、その次にすすめるのはこの『たくさんの音楽的天使たち』かもしれない。

Share Button
Read more

#1345 『ウォルフガング・ムースピール/ライジング・グレース』

閲覧回数 6,685 回

他のレーベルでドル箱リーダー作勝負作をリリースするメンツをサイドメンに配置する。これが現在のECMレーベル、アイヒャー統帥の実力なのだ。

Share Button
Read more

#1344 『高橋知己カルテット/WISE ONE』

閲覧回数 8,049 回

『WISE ONE』は津村和彦のトリビュートであるとともに現在の高橋知己カルテットの普段通りの音楽を素直に表現したものである。

Share Button
Read more

#921 遠藤千晶・筝リサイタル

閲覧回数 1,720 回

2009年から足掛け7年で彼女は着実な成長を遂げ、いまや邦楽界の第一線を闊歩する。ジャンルとしての邦楽を超えた彼女のさらなる飛躍を私は大いに期待する。

Share Button
Read more

#920 Steps Ahead meets Soul Bop
ステップス・アヘッド meets ソウル・バップ

閲覧回数 1,698 回

マイク・マイニエリは78歳、ステップス・アヘッドはメンツが流動的、自在なのがかえって吉と出て、懐メロに終わることなく、毎回新鮮な感動がある。その中でのオリジナル・ステップスの名曲の演奏を温故知新で聴けたのは非常に貴重だった。

Share Button
Read more

#919 Sound Live Tokyo 2016 マージナル・コンソート/ツァイトクラッツァー × 灰野敬二

閲覧回数 1,344 回

「貪欲な耳と疲弊した耳のための非挑発的音楽フェスティバル」と銘打って開催されたSound Live Tokyo 2016(以下SLT)のラインナップの中で、ひとつの『集団』として『即興』を核にした表現活動を披露するのが、いずれも1997年に始動したマージナル・コンソートとツァイトクラッツァーである。

Share Button
Read more

#918 チック・コリア・トリロジー with アヴィシャイ・コーエン & マーカス・ギルモア

閲覧回数 1,705 回

3人のとてつもない技量と細やかな感性に裏打ちされて、繊細で緻密なリズムとグルーヴを持ちながら、わかりやすく楽しく、音楽への愛に溢れた時間。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #12 『Shake Loose』

閲覧回数 7,392 回

このアルバム、ドニーは自分の曲作りのスタイルを維持しながらも明らかにボウイの影響を受けて一段階前進しているのがはっきり聞こえてくる。それはボウイの名曲、<A Small Plot Of Land>と<Warszawa>が収録されているからというわけではない。いや、むしろこの2曲のドニーの料理の仕方をまず特筆すべきだろう。是非ボウイのオリジナルと聴き比べて頂きたい。2曲ともボウイとブライアン・イーノの共作だ。つまりボウイがシンセに重点を置いていた作品の中からの選曲だ。ボウイ亡き後ドニーはボウイのオリジナルメロディーをその原曲と違う仮面にすげ替えて新しい音楽を生み出している。<Warszawa>に至っては、まるで<In A Silent Way>のような空気と思えばコルトレーンの背後霊まで付いてくる。

Share Button
Read more

#311 『ウォルフガング・ムースピール/ライジング・グレース』

閲覧回数 2,096 回

何と表現したらよいのだろう。私の考える録音表現を具体化したCDだ。

Share Button
Read more

#310 『Andrew Cyrille Quartet / The Declaration of Musical Independence』

閲覧回数 1,734 回

良質のアコースティック・ベースに突然覆い被さるピアノ、キーボード、エレキギターの鋭い音色に驚嘆。

Share Button
Read more

#309 『Giovanni Guidi / Ida Lupino』

閲覧回数 1,793 回

極めて高音質録音の空間に浸る。

Share Button
Read more

#308 『Iro Haarla / Ante Lucem』

閲覧回数 1,626 回

ホールを鳴らす...とよく言われるが、これぞホールを目一杯鳴らしての録音。

Share Button
Read more

#307 『Darcy James Argue’s Secret Society / Real Enemies』

閲覧回数 1,625 回

いやはや、超絶根気を要する録音とミックスである。エフェクトされた楽器の音像の揺れが面白い。

Share Button
Read more

#306 『高樹レイwith 伊藤志宏/DUO – two』

閲覧回数 1,877 回

オンマイクの極めて良質ボーカルの音像が、きりりとセンターに突き建つ。

Share Button
Read more

#1343 『藤井郷子(Satoko Fujii)ジョー・フォンダ(Joe Fonda)/Duet』

閲覧回数 8,232 回

両者のこの演奏を聴いて、常に作曲者であるインプロヴァイザーと、現代音楽作曲家のスコア作品との明らかな違いがよく分かった。すこぶる興味深かった。

Share Button
Read more

#1342 『 mostly other people do the killing / MAUCH CHUNK 』

閲覧回数 9,792 回

とりわけ、パーカー、マクリーン、オーネット、ブラクストン、そしてジョン・ゾーンにいたるまでのアルトの系譜をたどるようなジョン・イラバゴン(as) のソロは十分聴き応えがある。

Share Button
Read more

#917 「東京都交響楽団・定期演奏会Bシリーズ エリアフ・インバル」

閲覧回数 2,090 回

プログラムの楽曲解説とは違った楽曲の捉え方やショスタコーヴィチ音楽の面白さがあることを発見し、批評家や曲解説の執筆者の判で押したような解説を飛び越えてイメージを思う存分膨らます楽しさを久しぶりに味わった

Share Button
Read more

#916 Sound Live Tokyo 2016 私がこれまでに書いたすべての歌:バンド・ナイト

閲覧回数 2,134 回

2016年9月18日 (日) 18:00

Share Button
Read more

# 915 ランドフェス仙川 2016

閲覧回数 2,804 回

夜の帳が下りた商店街に、静かな立ち上がりから徐々に湿った空気を切り裂いていくようなアルトの一声が響き、ダンサー小暮香帆が呼応してセッション開始。その場に居合わせた少女が小暮の動きを終始追いかけ、二人芝居のように展開していく様子が楽しい。

Share Button
Read more

#914 LAND FES vol.8

閲覧回数 2,287 回

ダンスと音楽が街に飛び出す破天荒なイベントは、人々の生活の中に生きる芸術の神を目覚めさせる感謝祭の時間だった。

Share Button
Read more

#913 Tokyo Big Band Directed by Jonathan Katz 東京ビッグバンド

閲覧回数 2,104 回

東京ビッグバンドはステージに並んだ顔ぶれを見ただけで、野趣横溢する屈強のビッグバンドであると分かる。これから何か楽しいエキサイティングな演奏が起こるという期待が湧いてくるのだ。

Share Button
Read more

#912 Sound Live Tokyo 2016 ピカ=ドン/愛の爆弾

閲覧回数 2,617 回

対峙する者が感情の閾から反応を引き出さざるを得ない「機械仕掛けの神」と「ピカ=ドン」、そして、再生もライヴも、映像も言葉も音楽も、またトランスジェンダーやクイアも、すべてを混淆させて提示される「愛の爆弾」。

Share Button
Read more

#911 Brice Wassy with special band/the sun/三日満月

閲覧回数 1,984 回

ブリス・ワッシーは、やはりサリフ・ケイタのバックでリズム面を取り仕切っていたレジェンドとしての印象が強い。

Share Button
Read more

#910 15th TOKYO JAZZ FESTIVAL「JAZZ IS HERE」

閲覧回数 2,208 回

JAZZの歴史の重みとその先の軽やかな飛翔を物語る東京ジャズ15周年の試みは『ジャズはここにいる(Jazz Is Here)』。『今ここにあるリアル・ジャズ(Jazz Right Now)』とはかなり異なるが、これもまた未来のジャズの予感に繋がるか?

Share Button
Read more

#909 東京ジャズ・フェスティバル(15TH TOKYO JAZZ FESTIVAL)

閲覧回数 2,481 回

東京ジャズ祭が国際フォーラムから撤退し、来年2017年度から渋谷に場所を移して開催されることが決まった。渋谷での Tokyo Jazz Festival 開催に向けた新しい動きがすでに始まったといっていいだろう。

Share Button
Read more

#908 照内央晴「九月に~即興演奏とダンスの夜 茶会記篇」

閲覧回数 2,851 回

照内央晴による身体表現とのコラボレーション。

Share Button
Read more

#87 『地下音楽への招待』

閲覧回数 3,050 回

この本はインタビュー&アーカイブではない、博物館なディスクアーカイブとも無縁だ、70年代後半から80年代にあったとされる音楽は今もリアリティを持って生きていることに愕然とさせられる、付録CD 18トラックがそれを補完している、

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #11『City Lights』

閲覧回数 9,038 回

13歳の子供がこれだけの演奏をするからと言う理由で注目されている、という事実からジョーイを正当に評価しない意見もよく聞く。しかし、彼のこのアルバムのトラックを他のピアノトリオのアルバムとシャッフルして、ある意味目隠しテストテスト的に流した時、ジョーイのトラックを『未熟』などのような印象を受けるだろうか。筆者にとって、新しさがないから面白くないという印象はあっても、このアルバムは筆者が楽しめるだけの要素を十分備えている。

Share Button
Read more

#305 『スガダイロー x 夢枕獏/陰陽師の音〜蝉丸』

閲覧回数 2,174 回

下賀茂神社の虫の鳴き声も聴けますよ。

Share Button
Read more

#304 『藤井郷子& ジョー・フォンダ / Duet』

閲覧回数 2,194 回

録音の場所空間が大きく貢献している。教会での録音。スタジオ録音でリバーブ処理では得られないサウンド。

Share Button
Read more

#303 『ベン・ウェブスター・ミーツ・ピエト・ヌードワイク 1973』

閲覧回数 2,032 回

ライヴで此処まで音像を引き立てた録音ができていた事は、当時のスタッフに喝采だ。

Share Button
Read more

#302 『早坂紗知/2.26 バースデイ・ライブ 30周年 feat. 山下洋輔』

閲覧回数 2,188 回

ライブ空間が醸し出す楽器の響き、デッドに迫る楽器の鋭い表現。この混在が、たまらない。

Share Button
Read more

#301 『藤井郷子ソロ/インビジブル・ハンド』

閲覧回数 2,124 回

ドッシリとした質量のある音質の表現は惚れ惚れする。オン・マイクながら、近いという限られた領域の感触はまったく無い。

Share Button
Read more

#300 『ミュンシュ+日フィル/ベルリオーズ:幻想交響曲&リハーサル』

閲覧回数 2,084 回

だが、時が経つにつれ、あ〜アナログ録音って、このサウンドだよ...と、記憶が蘇る。アナログ録音が持つ特有の重厚さを満喫。

Share Button
Read more

#299 『チャリート/アメリカン・ゴールド・スタンダード』

閲覧回数 2,093 回

ヴォーカルを取り巻く楽器群の引き立てが、絶妙のテクニック。ミックスに時間を要した配慮が窺える。

Share Button
Read more

#298 『スティーヴ・カーン/バックログ』

閲覧回数 2,196 回

ジェームス・ファーバー録音@アヴァター・スタジオ。グレッグ・カルビ マスタリング@スターリング・サウンド。なんと贅沢な陣容。

Share Button
Read more

#297 『The Fred Hersch Trio / Sunday Night at the Vanguard』

閲覧回数 2,032 回

ジェームス・ファーバーのヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディング盤。黙って通り過ごせない。

Share Button
Read more

#86 「ヴァン・ゲルダー決定盤 101」

閲覧回数 3,611 回

ジャズ喫茶で名盤に耳を傾け、新譜を追いかけたファンにはあの肉迫するスリリングでダイナミックなヴァン・ゲルダー・サウンドがまざまざと蘇ってくるだろうが、ヘッドフォンやイアフォン主体のデジタル世代の若者にはゲルダー・サウンドはどのように響いているのだろうか。

Share Button
Read more

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #10『Obi』

閲覧回数 10,013 回

トゥーツ・シールマンズが逝ってしまった。ブラジル音楽をこよなく愛したトゥーツの『The Brazilian Project』、その中からジャヴァンの名曲のひとつ、<Obi>を解説。ジャヴァンの卓越した作曲法と、トゥーツのハイレベルなブラジル音楽の理解度に焦点を当ててみた。

Share Button
Read more

#1341 『生活向上委員会ニューヨーク支部 / SEIKATSU KOJO IINKAI』

閲覧回数 11,161 回

パンクとフリージャズ、どちらも革命の拠点のニューヨークに赴き直に体験したミュージシャンが持ち帰り、自ら革命戦士となることで、日本の音楽シーンに変革をもたらしたという事実は興味深い。

Share Button
Read more

#1340 『生活向上委員会:In NY支部』

閲覧回数 10,537 回

ともあれ、祝CDリリース! 待ち望んでいました。おまけに、ドン・モイエまでが来日し、生活向上委員会と共演するとは! 一体どんな演奏が繰り広げられるのか。ぜひともライヴ録音をリリース願います。

Share Button
Read more

#1339 『The Fred Hersch Trio / Sunday Night at the Vanguard』

閲覧回数 8,697 回

センシティヴなタッチとリリカルなプレイで、ヴァンガードのハウス・ピアニストと言える地位を確立したフレッド・ハーシュのヴァンガード・ライヴとしては4作目。Sunday Nightと銘打っているが、実際は金曜から日曜日の夜のベスト・テイクを現代ジャズ録音の名匠ジェイムス・ファーバーがヴィヴィッドに捉えた作品。

Share Button
Read more

#1338 『Chris Pitsiokos Quartet / One Eye with a Microscope Attached』

閲覧回数 9,021 回

クリス・ピッツイオコスたちにとってポップとアヴァンギャルドの境界は存在しない。ジャズもパンクもヒップホップも前衛もすべて等しく「音楽」でしかないという生まれながらに血肉の中に刷り込まれた感覚を武器に世界を撹拌するからこそ、彼らの音は限りなく「リアル」なのである。

Share Button
Read more

#1337 『加藤真亜沙/アンモーンの樹 』

閲覧回数 9,510 回

ニューヨークのジャズ・シーンに、また新たな才能溢れるピアニスト/コンポーザー/アレンジャーが登場した。斬新な4ホーンズのアレンジと、ユニークな作曲、エッジの効いたピアノ・プレイで、加藤真亜沙(p,kb,vo)は処女作とは思えない完成度の高いリーダー・アルバム『アンモーンの樹』で、鮮烈なデビューを飾った。

Share Button
Read more

#1336 『The Cookers / The Call Of The Wild And Peaceful Heart』

閲覧回数 8,756 回

中堅トランペッターのデヴィッド・ワイスが、9年前にヴェテラン・プレイヤーを結集して結成したオールスター・グループ、ザ・クッカーズが、レーベルをスモーク・セッションズ・レコーズに移籍して5枚目のアルバムをリリースした。ワイス自身が、最もスピリチュアルで、激しいプレイと自負する快作である。

Share Button
Read more

#1335 『渋谷毅 市野元彦 外山明/Childhood』

閲覧回数 10,138 回

渋谷と市野が弾くメロディーは遠い幼い頃の記憶を思い出させてくれるようなどこかで聴いたことがあるようなメロディーが次々と湧いてくるので、初めて聴いても昔から聴いていたような錯覚におちいる曲である。

Share Button
Read more

#1334 『Nakama / Grand Line』

閲覧回数 8,909 回

Nakamaによる二枚目のアルバム『Grand Line』は、音楽の「形式」と「内容」の相互作用にフォーカスしたユニークな試みだ。それは北欧のローカルな音楽情況にとどまることのない、かつてなく魅力的な実践である。

Share Button
Read more

#907 ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ
directed by エリック・ミヤシロ with special guest イヴァン・リンス

閲覧回数 2,610 回

イヴァンは、ステージ上でも「キラー・ビッグバンド」と絶讃し、演奏を終えて、再度の共演を希望し、「一緒にツアーに出たい」とまで言ったらしい。それは簡単ではないにしても、その言葉に値する演奏だった。

Share Button
Read more

#906 マイク・スターン・トリオ with special guest 渡辺香津美

閲覧回数 2,470 回

二人のプレイとソロをたくさん聴かせてくれたこの公演に会場のギターフリークはしっかり満足したに違いない。比較すると、マイクは2〜3コーラス以上の長い時間の流れの中でフレーズが生まれ、ハーモニーを創り出すのを感じるのに対して、渡辺は各コーラスのそれぞれのパートで自在なテクニックを活かした高速フレーズを繰り出して来る。どちらが優れているということではなく、音の生まれ方の違いがわかって面白い。

Share Button
Read more

#20 Norwegian cool jazz trio +one

閲覧回数 3,326 回

天候の懸念もあり1stセットでB♭を後にしたが、この時代に東京の赤坂でノルウェーの若い世代が牽引するクール派ジャズを堪能できるとは夢にも思わなかった。

Share Button
Read more

#296 『Miroslav Vitous / Music of Weather Report』

閲覧回数 2,722 回

ミックスにも細心の注意が払われたと観察。録音終了後のミックス技術に相当な時間を要したと思う。

Share Button
Read more

#295 『Mats Eilertsen / Rubicon』

閲覧回数 2,720 回

アンサンブルに、カッコ良くヴィブラフォンが乗っかる。ベースの音像も小音量時も明確な音像だ。美しい音色のピアノがたまらない。ドラムもギターも。

Share Button
Read more

#294 『Glauco Venier / Miniatures~Music for Piano and Percussion』

閲覧回数 2,694 回

ホール中央にピアノが置かれた周辺を時々遮る打楽器の遊び、これを想像する。

Share Button
Read more

#293 『Jim Black / The Constant』

閲覧回数 2,626 回

ピアノの自然さに対するベースとドラムが迫り来る音像は、このグループの印象を強める効果なのかも知れない。

Share Button
Read more

#292『Peter Erskine John Taylor Palle Danielsson / As It Was』

閲覧回数 2,673 回

このサウンドを聴いていると、ジャズの分野でのハイレゾ録音の可能性を感じ取る。

Share Button
Read more

#291『Dominique Pifarély Quartet / Tracé Provisoire』

閲覧回数 2,568 回

リバーブ処理を上手く使って空間に泳がせる表現に、現実の演奏の輪郭がドサッと展開。

Share Button
Read more

#290 『Sinikka Langeland / The Magical Forest』

閲覧回数 2,838 回

私自身、今まで経験しなかった録音とミックス技術を尽くした録音表現作品だと思う。

Share Button
Read more

#1333 『原田依幸 with モンドリアン・アレオパディティカ・ストリング・カルテット / 1983』

閲覧回数 11,947 回

盟友梅津和時と袂を分かつことになった原田が、『失楽園』を著して有名なイギリスの詩人ミルトンが1644年、当時の言論弾圧に抗して刊行したパンフレットの書名『アレオパジティカ』に倣って「自由な表現」を求めたように、我々リスナーは「自由な妄想」を追求すべきことを提言したい。

Share Button
Read more

#1332 『辛島文雄/マイ・フェイヴァリット・シングス 』

閲覧回数 11,237 回

辛島文雄のジャズ人生50年の軌跡を音にしたオールスター・ドリーム・セッション。
病と闘いながら創作意欲をかきたてて演奏活動を精力的に続けている辛島文雄の次作が何になるのか期待したい。

Share Button
Read more

#1331 『Dave Douglas & High Risk / Dark Territory』

閲覧回数 9,502 回

様々なフォーマットで、八面六臂の活躍を続けるデイヴ・ダグラス (tp) のエレクトリック・ユニット、“High Risk”の2作目。ジョナサン・マロン (el-b) とマーク・ジュリアナ (ds) の強烈なグルーヴの上で、Shigetoのエレクトニカがダークな空気を醸し出し、ダグラスのトランペットが闇を切り裂く。

Share Button
Read more

#1330 『Greg Ward & 10 Tongues / Touch My Beloved’s Thought』

閲覧回数 9,119 回

シカゴ・ベースで活躍するサックス・プレイヤー、グレッグ・ワードが、10人編成のグループ、10 Tonguesと15人のダンサーを擁して録音した、ミンガスの『The Black Saint and the Sinner Lady』へのオマージュ作。

Share Button
Read more