ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #27 Roswell Rudd

閲覧回数 12,235 回

ニューヨーク・アートクァルテットなどでの演奏でフリージャズにおけるトロンボーンの位置付けをしたラズウェル・ラッド。恐ろしいほどの数のアルバムを残して他界した、そのほとんどのプロジェクトは多岐にわたるジャンルやスタイルとのコラボ。彼のトロンボーンのスタイルは2種類に別れていたようだ。その2種類が上手に合わさった珍しい録音から1曲解説してみた。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd 追悼 ラズウェル・ラッド

閲覧回数 7,179 回

ディキシーランド・ジャズからスタートしたラズウェル・ラッドの長い音楽キャリアは時代を反映したフリー系ジャズを経て、ワールド・ミュージックで幕を閉じた。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd by Carla Bley

閲覧回数 4,154 回

ラズウェルのために書いた楽曲がピアノで作曲したように聞こえるという批評を受け、それからはホーンのためにはホーン奏者の身になって書くように心がけるようになりました。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd 追悼 ラズウェル・ラッド

閲覧回数 4,999 回

2007年、アムステルダム Bimhuisにおけるマーク・ドレッサーとのデュオ・コンサートから。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd by Ethan Iverson

閲覧回数 4,092 回

ハイスクールの頃、僕は彼のライナーノーツを繰り返し熟読したものだ。ラッドがいなければ、僕のブログDTM*が存在したかどうか疑わしいもんだ。

Share Button
Read more

RIP Roswell Rudd 追悼 ラズウェル・ラッド

閲覧回数 5,561 回

ラッドとレイシーは1999年に『Monk’s Dream』(Verve)を制作、グラミーにノミネートされた。レイシーはこのギグの数ヶ月後に他界した。

Share Button
Read more