Extra:R.I.P. ジェイ・マクシャン

閲覧回数 4,966 回

1. 追悼   ジェイ・マクシャン:稲岡 邦彌

♪ カンザス・シティに草鞋(わらじ)を脱ぐ

ジェイ“フーティ”マクシャン:1916.1.12〜2006.12.07
ピアノ/シンガー/コンポーザー/バンドリーダー

オクラホマ州マスコギー出身。教会に通う信仰心の厚い両親の下、4人兄弟の末弟として生まれる。 レコードやラジオを聴きながら両親に隠れてピアノを独修。ジェームスP.ジョンソンからブルース を、アール・ハインズからジャズのエッセンスを学ぶ。15才の時にドン・バイアスtsのバンドで稼い だギャラを持ち帰り両親の認めるところとなる。大恐慌下のことである。生地の周辺で武者修業を続 け、1937年秋、職探しのためネブラスカ州オマハに住む叔父を頼ってバス旅行中、カウント・ベイ シー・ビッグバンドを聞くため降りたカンザス・シティで仲間に誘われ腰を落ち着ける。ブルース、 ブギウギ、ジャズに通じていたマクシャンがカンザス・シティでポジションを得るには時間がかから なかった。その後、同地をホームグラウンドに活動を続け、客分の身だったが、カンザス・シティを代表するミュージシャンのひとりとして自他共に認める存在となった。

♪ チャーリー・パーカーを見出す

ジェイ・マクシャンの最大の功績のひとつは、若きチャー リー・パーカー(1920~1955)の異才を見出し、手を差し伸べ たことだろう。カンザス・シティに居着いて間もなく、聞き慣 れないサウンドに耳を奪われたマクシャンはBar Lu Ducに飛び 込みパーカーの存在を知る。余りの異能振りに地元のミュージ シャンから共演を拒まれていたパーカーを1938年11月、クラ ブ・コンチネンタルに出演中の自分のテンテットに招じ入れるが、パーカーがドラッグに手を出していることを知り、退団さ せる。NYから戻ったパーカーを1940年前後にバンドに復帰さ せるが、<ヤードバード・スィート>などを作曲、作曲家とし ての才能もみせ始めていたパーカーの才能を惜しみながらも、 再度ドラッグに耽溺するパーカーを見過ごせず、ツアーの途中 で見限らざるを得なくなる。1942年末のことであった。なお、 パーカーのレコード・デビューは、マクシャンの『Hootie’s Blues』(1941)。

♪ バードとフーティ

パーカーのニックネーム“バード”についてマクシャンは以下の ように証言している; ネブラスカ州のリンカンへいく途中で、チャーリーは、バード というニックネームをつけられてしまった。レストランで食事 をしたとき、メニューにチキンとあるのをみると、どこのレス トランでも、彼は、「このヤードバードをもらおうか」と言っ ていたからだ。(『チャーリー・パーカーの伝説』ロバート・ ジョージ・ライズナー/片岡義男訳 晶文社~ジェイ・マク シャン~)なお、マクシャン自身のニックネーム“フーティ”に ついては、マクシャンの「酔っぱらい」説と、下戸のマクシャ ンがアルコール入りのカクテルを飲み、腰を抜かした様子をか らかわれた」(『KANSAS CITY JAZZ』Frank Driggs&Chuck Haddix/Oxford University Press)のふたつの説がある。 なお、上記『KANSAS CITY JAZZは、「Hootie’s Blues」として一章をジェイ・マクシャンに捧げてい る。

♪ カンザス・シティに骨を埋める

マクシャンは1943年から1944年まで軍役に服す。50年代と60年代にはレコードやツアーからは遠ざ かったが、69年にツアーを再開、80年代までヨーロッパ・ツアーを行うなど活発に活動を展開する。 1978年には彼を主役に映画『Hootie Blues』が製作され、1987年にはブル-ス基金の「名声の殿堂」に 推挙される。1996年、リズム&ブルース基金からパイオニア賞を受賞、2003年には「ブルース100周年」の特別企画でクリント・イーストウッドによりマクシャンをフィーチュアしたドキュメンタリー 『Piano Blues』が製作される。 2000年、カンザス・シティのアメリカン・ジャズ・ミュージアムはアウトドアのパフォーマンス・パ ヴィリオンを「McShann」と命名することを決定。 2003年には、アルバム『Goin’ to Kansas City』が「トラディショナル・ブルース」部門でグラミー賞に ノミネートされた。 2006年の今年、カンザス・シティの聖ルカ病院に入院中、死去。同地では来年早々、市をあげてのメ モリアル・イベントを予定しているという。

追記:
トリオレコード勤務時代にカタログ契約していたアラン・ベイツのBlack Lionレーベルにジェイ・マクシャンのアルバムが2作あったが、日本ではリリースする機会を見い出し得なかった。1作は、『Jay McShann ‎– The Band That Jumps The Blues』で、1947〜49年にLAで録音されたもの。もう1作は『Jimmy Witherspoon & Jay McShann』で、こちらも1947~49年のLA録音。最初のアルバムにもジミー・ウィザースプーン(vo) が参加しており、おそらく同じセッションからマクシャンとウィザースプーンのリーダー名で2作のアルバムを編集したものと思われる。明らかにマクシャンのバンドにウィザースプーンがヴォーカルとして起用されたセッションである。
なお、ブラックライオン・レーベルはその後フリーダム・レーベルなどとともにドイツの会社に売却され、現在はDA Musicから発売されている。

RIP Jay McShann 竹村1 RIP Jay McShann 竹村2

 

2.ジェイ・マクシャンを訪ねた時の事:竹村洋子

“The Last of Blue Devils”(1979)を最初に観た時のショックったらなかった。何だか解らないけど やたらスイングする人達がまだこんなにいるんだ...と驚いた。そしていつかカンサスシティに絶対行きたい!という思いがやっと実現して以来、年2回通い続けて今年で8年になる。最初にジェイ・マクシャンを聴いたのはいつだったか正確には覚えていないが、多分高校生の時。ジャズ好きのう~んと年上の友人に「随分渋いね!」と言われたのは覚えている。

カンザスに通い始めてすぐ、リンダ・マクシャンを紹介された。彼女はジェイの3人いる娘の一番 上。その下にジェニー、パムと続く。パムとは2年程前偶然デトロイト・ジャズフェスティバルの Jazz Timesのテントで働いていた時会った。  リンダとは最初に会った時からずっと親しくしている。彼女は1年半程まえにシカゴに移ったが、 カンサスにいる時は週に何度かジェイとマリーアン(ジェイの2番目の奥さん,現在足の骨を折って リハビリセンターにいる)に食べ物を持って行ったり、ここ数年は随分ジェイ夫婦をささえていた。 彼女はとても聡明で強く、そして優しい。私にとってもお手本のような存在の女性だ。リンダと知り 合ってから幾度もジェイの家に遊びに連れて行ってくれる、と言っていたがなかなかチャンスがな く、2005年の8月にやっと実現した。  ジェイの家に行く予定の前日、カンサスの古いアールデコ・スタイルの素晴らしいコンサートホー ル、フォリー・シアター(Folly Theater)でジェイのコンサートがあった。インターミッションにリンダが私を楽屋に連れて 行ってジェイとマリーアンに紹介してくれた。私はあのジェイ・マクシャンに会えるなんて、もうドキドキでかなりナーバスになっていた。晩年のジェイはあまり人との交流もなくコンサートが終わっ ても誰とも話さずすぐに帰ってしまい、家からもほとんど出ないので彼自身に直接会える事はカンサ スの人達にとっても稀な事なのだ。楽屋でジェイとマリー・アンにリンダが「私の友達のYokoよ!明日、家に連れて行くから!」とジェイ に紹介すると、彼は満面の笑みで「良く来た!良く来た!」と私の手を握ってくれて...もうそれし かその時の事は覚えていない。 楽屋をあとにした後、リンダが「ジェイはとってもイージーな人だから全然何も心配しなくてもいいの よ!」と言ってくれた。

その日のコンサートは、カンサスシティではトップクラスの実力を誇るドラムのトミー・ラスキン、ジェラルド・スパイツとベースとギターと のカルテット。ジェイ以外は全員2世代くらい若いミュージシャン達だったが、コンサートでは サイド・プレイヤー達の存在が私には皆無に思えた。ジェイが一人であの独特の声でウーウー歌いながら完全に 独走態勢、という印象だった。さすがに89歳。昔の輝きはないが相変わらずブルージーにスイング しまくり、あの大きな体をユッサユッサ揺すって演奏し、グランドピアノが小さくみえた楽しいコン サートではあった。恐らくあのコンサートがジェイ最後のオフィシャルなコンサートだったのではな いかと思う。

次の日のお昼過ぎ、リンダと一緒にジェイの家を訪ねた。あの日の事はまだ記憶に新しい。家に 入ってびっくりしたのはその暮らしの質素な事。ここからあのサウンドが生まれているとはとても考 えられないようなごくフツーの平屋。リビングの片隅にこれまた小さなピアノが一台。カウント・ベ イシーがオルガン一台しか持っていなかった事は有名だが、音が出れば何でもいいのかな?とその時 思った。

奥からジェイが杖をつきながらゆっくりした足取りで出て来て,“やあ,やあ!また良く来た!”と 言いながら前日とおなじ笑顔で出迎えてくれた。ジェイの笑顔は本当に顔がクシャクシャ、それだけ で私をリラックスさせてくれるような...もう何も話さず顔だけ見て帰っても充分、と言う気分 だった。ドッカーンと大きな体をソファに埋めていきなり「昨日のコンサートはどうだった?」と聞かれた。 正直、グレート!と言う感じではなかったので「良かったですよ。十分楽しめました。」と答えると、私の ちょっと伏し目がちな顔を覗き込み、身を乗り出して「本当にそう思うのか!?正直に言ってもいい よ!」と。そう来ればこちらももう嘘はつけない、「音が全部天井に上がってしまい、あんまり良くな かったかもしれませんね。」とごまかした。するとジェイは「あんな最悪なコンサートはないよ。ピア ノのチューニングはなってないし、弾いてて音は滑るし全然楽しくなかったから聞いてる方も絶対良 くなかったはずだ!」と何ときびしい事!もう一人では満足に歩くのも難しいもうすぐ9 0歳になるピアニストからこんな言葉を聞くとは思わなかった。事音楽に関してはギンギンに冴えま くってるのに驚いた。その後、リンダ、マリーアン、と一緒によもやま話。ジェイは途中何度もコッ クリコックリ..ちょっと眠そうだった。どうも昼下がりのお昼寝タイムだった様子。眠い時間一生 懸命付き合ってくれて感謝感謝です!  日本に来た話はとっくの昔に忘れちゃってた感じだったけど,私が色々話すと「あ~~!やっと思 い出した。あれは良かった!でも誰とやったっけ?」私も実はジェイの印象があまりに強烈でその時 のサイドメンが誰だかはっきり覚えていなかった。(1990年、ベースは確かリーン・シートン、 ドラムは?)迫力満点でサイドメンを「シーッシ!」といって寄せつけていなかった様子ははっきりと覚えている。その事を話すと、「そうだったかな~。」とワハハと大笑いし、それからブッシュ大統領に もらった賞状やいろんな物をマリーアンが持って来てみせてくれた。彼女にはそれが凄い誇りの様 だ。その間、ジェイは コックリコックリ...。さすがにリンダが「ダッド,眠いならあっち行って 寝なさいよ!」と言うと「大丈夫!」といって突然ピシっとなり、私に「何か楽器は弾くのか?」と話はじ めた。「高校生くらいまでピアノを少し」と答えると,「何か弾いてくれよ。」と来た。冗談じゃない!勘 弁してくださいよ~、もう。音楽の話になると俄然,冴えてくるジェイ。「よし!一緒にピアノ弾こうよ!」と...。一緒にピアノの前に行けただけでも光栄の至りであり ます。ぱらぱらと何曲か曲名不明のブルースを披露してくれた。ピアノの前にある譜面が 私の好き な<One And Only Love>を見つけたらちょっと弾いてくれて「Isn’t it nice?」とまた満面の笑みを見せてく れた。

ジェイの家にどれくらいいたか記憶にないが、もの凄く時間がゆっくり流れていたような気がする。 彼のエネルギッシュな演奏からは想像もつかないような、とてもとても緩やかで平和な時間だった。 家を後にする時、「もう疲れるでしょうからいいから・・・」と言ったのに玄関口までまた杖をついて見送っ てくれた。私にとっては最初で最後の貴重な時間だった。同じ時間を少しでも共有できた事をとても 光栄に、そしてとても嬉しく思う。

今でもKansasに行くとその辺りの家のドアからあのクシャクシャ な笑顔がフッと出てきそうな気がする。(ジャズ・コーディネイター)

 

( 2007年1月初出)

Share Button
竹村洋子

竹村洋子

竹村 洋子 Yoko Takemura 美術学校卒業後、ファッション・マーケティングの仕事に携わる。1996年より、NY、シカゴ、デトロイト、カンザス・シティを中心にアメリカのローカル・ジャズミュージシャン達と交流を深め、現在に至る。主として ミュージシャン間のコーディネーション、プロモーションを行う。Kansas City Jazz Ambassador 会員。KAWADE夢ムック『チャーリー・パーカー~モダン・ジャズの創造主』(2014)に寄稿。Kansas City Jazz Ambassador 誌『JAM』に寄稿。(2016)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.