今月号目次

Monthly Editorial

  • 悠々自適 # 79 「ニューハードと日本フィル」

    それも、ジャズのビッグバンドと、クラシックの方はフル編成のオーケストラという、このJazz Tokyoでも過去に一度も試みたことのなかった異色の顔合わせ。

    Share Button

Features

Jazz Right Now


Column

  • Reflection of Music Vol. 59 八木美知依

    八木美知依のさまざまな演奏活動は、これまでの箏奏者の活動範囲を超越している。フライヤーなどで見かける「ハイパー箏奏者」という呼称は、キャッチコピーのようでもあり、彼女の音楽的姿勢を上手く言い当てている。

    Share Button
  • Keith Jarrett After The Fall

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #29 Keith Jarrett <Old Folks>

    最初筆者があまり得意でなかったキースのこのトリオ、彼は1988年に病に倒れ、2年間の療養の後グルーヴ感をすっかり変えた。それを記録する貴重なアルバムがこの『After The Fall』。この「スタンダーズ・トリオ」のタイム感のすごさを解説。加えて、名曲<Old Folks>での、キースには珍しい彼のインプロの垂直アプローチを掘り下げてみた。

    Share Button
  • ある音楽プロデューサーの軌跡 #44「ピアニスト今田勝さんとの仕事」

    ベテラン今田勝のアルバムだから随所に名人芸を聴きどころとするハイ・センスのジャズ・フュージョン・アルバムを世に出す必要がある。

    Share Button
  • Fashion -06-01

    ジャズ・ア・ラ・モード #9.「ビリー・ホリデイとシンプルなクルーネックセーター」

    ビリー・ホリデイというと誰もが髪にさした白いガーディニア(梔子)の花を思い浮かべるだろう。私はビリー・ホリデイについては、彼女が晩年よく着ていたシンプルなニットセーターがゴージャスなドレス姿よりもさらに彼女を美しく素敵に表現していると思う。

    Share Button
  • Hear, there and everywhere #11 『ヴァネッサ・ブレイ/ソロ・ピアノ』

    4月17日、東京・渋谷、ひとりの才能溢れる若き女性音楽家の翔びたつ姿を僕らは目撃することになる。

    Share Button
  • 「全ては電子音楽だ」 アトミック〜スペース〜コンピュータによる20世紀音楽の思い出

    1957年に生まれた私ができるのは、過去の物語を語り継ぐことであり、記憶の彼方にかすむ、幻影の歌う電子の声に耳を澄ますのみなのだ。

    Share Button

Reviews

  • Keith Jarrett After The Fall

    ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #29 Keith Jarrett <Old Folks>

    最初筆者があまり得意でなかったキースのこのトリオ、彼は1988年に病に倒れ、2年間の療養の後グルーヴ感をすっかり変えた。それを記録する貴重なアルバムがこの『After The Fall』。この「スタンダーズ・トリオ」のタイム感のすごさを解説。加えて、名曲<Old Folks>での、キースには珍しい彼のインプロの垂直アプローチを掘り下げてみた。

    Share Button
  • #1511『挾間美帆+メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド/ザ・モンク:ライヴ・アット ・ビムハウス』

    まさにあのセロニアス・モンクが突如、現代に甦ってきたことを実感させる、素敵なアルバム

    Share Button
  • #1510 『Rent Romus’ Life’s Blood Ensemble / Rogue Star』

    音楽シーンの「はぐれ星」であるレント・ロムスとライフス・ブラッド・アンサンブルの最新作は、「JAZZ」という伝統的なスタイルに秘められた無限の可能性を探索するピュア・ジャズの意欲作である。

    Share Button
  • #1509『ベニン – リオ – 東京 / Nobie featuring リオーネル・ルエケ、トニーニョ・オルタ&馬場孝喜』

    Nobieを象徴し、3カ国3人のご機嫌過ぎるギタリスト、リオーネル・ルエケ、トニーニョ・オルタ、馬場孝喜との素晴らしいセッションを集約したのが本アルバムだ。

    Share Button
  • #1508『挾間美帆 +メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド /  ザ・モンク:ライヴ・アット・ビムハウス』

    これまで、挾間の編曲プロジェクトよりも、自身のm_unitで演奏されているようなオリジナルをもっと聴きたいと思って来たが、挾間がジャズの古典に新しい生命を持たせる魔法もより楽しみになって来た。

    Share Button
  • #1507 『バール・フィリップス=吉沢元治/Oh My, Those Boys!』

    二度とこの演奏には出会えない。この録音以外では。つまりこのライブが企画され、録音されていたことが、そしてこのように届けられたことが僥倖である。

    Share Button
  • #1506 『辛島文雄/My Life in Jazz』

    CDを収めると辛島のポークパイ・ハットがCDで覆い隠される、グッドバイ・ポークパイ・ハット…合掌。

    Share Button
  • #1505 『三枝伸太郎&小田朋美:わたしが一番きれいだったとき/Shintaro Mieda & Tomomi Oda: When I was young and so beautiful』

    ことばを声に出すこと—詩が「うた」となる尊さを、最大限に掘り下げたアルバム。ときに囁くように、ときに演劇的な台詞回しで、ときに音塊と化したスキャットで、シラブルが、単語が、フレーズが、きらきらと輝いて飛躍する。/ Speaking words out loud and then turning poetry into song; this album delves deeply into such precious moments. Sometimes whispering, sometimes with dramatic elocution, or sometimes in scatful bright clusters of sound. Syllables, words, and phrases dazzle and leap.

    Share Button
  • #1504 『Gene Jackson Trio Nu Yorx / Power of Love』

    華々しいキャリアを誇るジーン・ジャクソンが、遂に初リーダー作となるピアノトリオ盤を出した。これまでのジャクソンの参加作よりも、ドラマーとしての傑出した個性を前面に押し出しており、非常に聴き応えがある。

    Share Button
  • #1503 『Christian Lillingers Grund / C O R』

    Christian Lillinger 率いるオールスターグループの最新作にして、レーベル設立第一弾。一曲一曲が奇妙な小宇宙である全編にわたって、彼の美学とスネアドラミングが行き渡っている

    Share Button
  • #1502 『福盛進也/フォー・トゥー・アキズ』

    無言歌がロマン主義の賜だとすれば、『For 2 Akis』においては、まさにどの曲もネオロマンチシズムの情緒に満ちあふれている。いや、過剰とさえ思える程だ。

    Share Button
  • #1501 『石井彰/Silencio~ Chamber Music Trio』

    このトリオ、ドラムのかわりにチェロを入れたことによりエネルギーのバランスがソフトになり自然で一体となって溶け込んでいる。

    Share Button

Concert/Live Report

  • #1005 高橋悠治ピアノリサイタル「余韻と手移り」

    2018年3月2日 浜離宮朝日ホール t

    Share Button
  • #1004 『喜多直毅クアルテット:呪詛〜沈黙と咆哮の音楽ドラマ/Naoki Kita Quartette: Curse—A Music Drama of Silence and Roaring』

    うたかたの酔い、澄みゆく空気の推移から氷塊のクラッシュまで、組んず解れつ切り替わるシーンの連結。個々の演奏家のエッジィな部分が共振しては勃興する音の気配、香気。彼らの音楽は全員の総和でなく相乗で成り立っている。/From the intoxication of effervescent bubbles, the quiet shift of crisp air, to the crash of a heavy block of ice, we experience the dramatic interconnection of changing scenes locked in a fierce and powerful struggle. Each musician’s edgy parts resonate and rise to power, hinting at the signs and fragrances within the sound. Their music is a synergy, rather than the simple sum total of all members.

    Share Button

Interviews

  • ニューヨーク:変容する「ジャズ」のいま 第22回 ラン・ブレイク〜独創と孤独を泳ぐピアニスト〜<後編>

    ジーン・リーとの共演でよく知られるピアニスト、ラン・ブレイクの独創的な演奏とその軌跡を追う。バイロン・コーリーによるインタビュー後編。

    Share Button
  • 来日直前インタヴュー #169 「ヴァネッサ・ブレイ」 

    多分3歳の時だったと思うけど、両親に連れられてNYCに行き、スイート・ベイジルで父(ポール・ブレイ)がジミー・ジュフリーと演奏するのを聴いた時ね。

    Share Button

及川公生の聴きどころチェック

  • #420 『挾間美帆+メトロポール・オーケストラ・ビッグバンド/ザ・モンク〜ライヴ・アット・ビムハウス』

    各パートの艶やかな音質に、マイク選びの巧さを感じ、緻密なミックスも感じる。

    Share Button
  • #419 『バール・フィリップス=吉沢元治/Oh My, Those Boys!』

    エフェクトとのバランスも整えられて、強烈刺激にのけぞる感触はライヴでも同じか。

    Share Button
  • #418 『姜泰煥ソロ/ライヴ・アット・カフェ・アモレス』

    録音の狙いどころを熟知したマイキングを見たいものだ。

    Share Button
  • #417 『藤井郷子オーケストラ・ベルリン/ナインティナイン・イヤーズ』

    そこは演奏のバランスにお任せが聞き取れ、ミックスでの調整ではない迫力を感じる。

    Share Button
  • #416 『ノーマ・ウィンストン / デスカンサードー 〜映画のための歌』

    ボーカル作品の造り方に一つの提案であろう

    Share Button
  • #415 『Nao Kawamura / KVARDA』

    耐えるスペックの良さを伴った録音とマスタリング技術に喝采。

    Share Button
  • #414『藤原清登/Koffee Crush』 

    テーマはベースであることを強く感じさせ、低音域の緩い響きが刺激的に迫るサウンド空間。

    Share Button
  • #413『ペトラ・ヴァン・ナウス&アンディ・ブラウン/トライ・トゥ・リメンバー』

    ボーカルとギターのデュオ。シンプルが故に録音の技量が問われる。

    Share Button
  • #412 『Lucas Niggli / Alchemia Garden』

    オンマイクのどうだ!という録音ではない。

    Share Button

Share Button