今月号目次

Monthly Editorial

  • 悠々自適 #83「東京ジャズ祭 2018」

    ジャズが様式の呪縛から解放された清々しさを謳歌する一方で、様式の拡散がもたらした ”何でもあり” の自由な息吹がかえってジャズの誇り高い進行を阻害することもむしろあるのではないかと思ったりする。

    Share Button

Features

R.I.P. 小杉武久

特集『ピーター・エヴァンス』

Jazz Right Now


Column


Reviews


Concert/Live Report


Interviews


及川公生の聴きどころチェック


Share Button