Interviews on This Issue

  • #170 能楽一噌流笛方15代目 一噌幸弘

    70年代のセシルの音楽には、都節(みやこぶし)音階という日本の音階がふんだんにでてきます。(中略)あれだけ強烈に自在に弾き倒しておいて、最後が能楽の「音取り」のようになって終わる。おおっ!と思いましたね。

    Share Button

Interviews 全記事 ➡︎

Share Button