ナナ・ヴァスコンセロス ECM

閲覧回数 5,812 回

追悼特集 ナナ・ヴァスコンセロス

⬛ ナナ・ヴァスコンセロス ECM
フォト・アーカイヴ ロベルト・マゾッティ (Roberto Masotti)
フォト・アーカイヴ ノーマン・シーフ (Norman Sheef)
⬛  Nana meets Akiko Yano 上原基章 (Motoaki Uehara)
⬛ ナナ・ヴァスコンセロス、自然へ還る 神野秀雄 (Hideo Kanno)
ナナ・ヴァスコンセロスの思い出 稲岡邦弥 (Kenny Inaoka)

 

⬛ ナナ・ヴァスコンセロス (1944-2016)     ECM

唯一無二のブラジルの打楽器奏者、シンガー、ベリンバウの名手、ナナ・ヴァスコンセロスが故郷、ブラジルのレシーフェで亡くなった。享年71。彼の目の覚めるような演奏で熱帯雨林の木霊が呼び出され、森の中の下生えを駆け回るざわめきや小鳥が突然飛び立つ羽音、動物の遠吠え、炎の弾ける音、土砂降りの雨音などなどを目の当たりにさせる。ストリート・ミュージシャンのように街角で演奏したかと思うと、シンフォニー・オーケストラやブレイクダンサー、また、あらゆる種類のインプロヴァイザーたちとも演奏する。ブラジルで彼が最初に名声を得たのはミルトン・ナシメント・グループのメンバーとしてだった。その後、70年代初期にヨーロッパに渡りパリを拠点にガトー・バルビエリのメンバーとして活躍した。エグベルト・ジスモンチとの非常に実りある共演は、ECMへのスリリングな録音から始まった。1976年の『Dança das Cabeças』(輝く水)、続く『Sol do meio Dia』(輝く陽)と『Duas Vozes』、そして1979年のナナのリーダー・アルバム『Saudades』。ナナの『サウダージ』にはジスモンチがオーケストラのアレンジを施した。(今年、エグベルトとナナはコラボを復活させ、4月には極東ツアーが組まれていた)

ヴァスコンセロスは、また、あのマジカルなグループ、ドン・チェリーとコリン・ウォルコット「CODONA」の一員でもあった。彼らの演奏はECMより『The Codona Trilogy』として再発された。2000年、ライターのスコット・ロビンソンのインタヴューに答えてナナは「Codonaは僕の生涯で最高のコラボレーションだった。展開の予測がまったくできなかったからね」と答えている。「Codonaは真の意味でのインプロヴィゼーション;自由、だった。つまり、真の意味でのコラボレーション、3人の個性、出自の異なる3人がひとつになったのだから。」

ナナ・ヴァスコンセロスは、ECMのパット・メセニー、ヤン・ガルバレク、ピエール・ファーヴル、アリルド・アンデルセンのアルバムで共演している。

NANA VASCONCELOS (1944-2016)
Nana Vasconcelos, the unique Brazilian percussionist, singer and berimbau master has died in his hometown of Recife, aged 71. His vivid playing conjured echoes of the rainforest, scurryings in the undergrowth, the sudden flap of bird-wings, animal calls, the crackle of flames, cloudbursts and more. He busked on street corners, played with symphony orchestras, breakdancers, and with all manner of improvisers. In Brazil he first gained a reputation as a member of Milton Nascimento’s group, and he arrived in Europe in early 1970s as a member of Gato Barbieri’s band, basing himself initially in Paris. His highly productive association with Egberto Gismonti was begun on the often thrilling ECM recording Dança das Cabeças in 1976 and continued on albums including Sol do meio Dia, Duas Vozes and Nana’s 1979 leader date Saudades, for which Gismonti wrote the orchestral arrangements. (Egberto and Nana were due to revive their musical association this year, and a tour of the Far East had been booked for April.)

Vasconcelos was one third of the magical Codona group with Don Cherry and Collin Walcott whose ECM recordings are reprised in the box set The Codona Trilogy. “Codona was the best collaboration in my life because it was a really unpredictable situation,” Vasconcelos told writer N. Scott Robinson in 2000. “Codona was true improvisation; freedom. Because it was true collaboration, three different persons, three different backgrounds put together.”

Nana Vasconcelos also appears on ECM albums with Pat Metheny, Jan Garbarek, Pierre Favre and Arild Andersen.

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.