ルディ・ヴァン・ゲルダー 追悼            

閲覧回数 4,971 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

ジャズ録音において、ミュージッシャン以上に語られたエンジニアだ。私から観れば神の領域。それは、聴く者をスピーカーの前に釘付けにするサウンドのマジシャンであった。私は、これぞ、ルディ・ヴァン・ゲルダー録音だと感動したのは、『SOMETHIN’ ELSE』。
異論のある方もおられるだろうが、録音からみて、衝動を感じたのは、これだ。

オンマイクがなせるサウンドの世界は身震いをする。すべてのセクションで、ソロが突然空間を無視して、リアルな音像で迫る。ミュージッシャンの魂が、ぶっ飛んでくる。マイキングだけでは引き出せない音像の世界観。ステレオではない時代の縦線の立体感。ルディ・ヴァン・ゲルダー一代で終わるサウンドだ。だれも引き継ぐことのできないサウンド。
一つ、私なりの解釈だが、当時のマイクロフォンと当時のスピーカーのなせるサウンドの頂点芸術。ルディ・ヴァン・ゲルダーは、それを求めていたと信じる。BLUE NOTE やIMPULSEを聴くにはALTEC/JBLが心地良く反応する。

ヴァン・ゲルダー・スタジオのモニタースピーカーを垣間見るに、うん!と納得。
聞きかじりだが、ヴァン・ゲルダーさんはモノフォニック・モニターも併用されていらしたと。バランス確認をなさったらしい。私、なるほどねえ。
多くのエンジニアが挑戦したであろうルディ・ヴァン・ゲルダー・サウンドは、これで終わった。真似しても真似できなかった。

追記 私事ですが、私なりにルディ・ヴァン・ゲルダーのサウンド構成を参考にした録音がある。旧TRIOレコード発売の 『George Mraz in duet with Roland Hanna / Porgy & Bess』。

RIPRVGOikawa RIPRVGOikawa2

Share Button
及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.