この1枚2016(海外編)#10 『Tord Gustavsen / What was said』

閲覧回数 8,927 回

text by Kazue Yokoi 横井一江

今年もまた世界中でさまざまな衝突が繰り返され、多くの人々が犠牲となった。多文化主義の失敗をドイツのメルケル首相も口にした。このような時代だからこそ、多様な文化が出会い、行き交い、交感する空間こそが求められているのではないか。トルド・グスタフセンがアフガニスタン人の父を持つケルン生まれの歌手シミン・タンデールと出会ったことで「Hymns and Visions」というプロジェクトが生まれ、アルバムが制作された。そこに時代の必然性を強く感じている。

本作のレビューは下記リンクになります。
http://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-4662/

Share Button
横井一江

横井一江

横井一江 Kazue Yokoi 北海道帯広市生まれ。The Jazz Journalist Association会員。音楽専門誌等に執筆、 雑誌・CD等に写真を提供。海外レポート、ヨーロッパの重鎮達の多くをはじめ、若手までインタビューを数多く手がける。 フェリス女子学院大学音楽学部非常勤講師「音楽情報論」(2002年~2004年)。著書に『アヴァンギャルド・ジャズ―ヨーロッパ・フリーの軌跡』(未知谷)。趣味は料理。当誌「副編集長」。 http://kazueyokoi.exblog.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.