この1枚2016(国内編)#02 『高島正志、影山朋子、長沢哲、古池寿浩 / Astrocyte』

閲覧回数 8,252 回

text by Narushi Hosoda 細田成嗣

Ftarri – meenna 987

高島正志:ドラムス、G.I.T.M.
影山朋子:ヴィブラプォン、パーカッション
長沢哲:ドラムス
古池寿浩:トロンボーン(2曲目のみ)

  1. Attractor (16:52)
  2. Action-Potential (29:51)

Track 1:高島正志 作曲
Track 2:即興演奏

2015年3月12日、東京「Ftarri」にてライヴ録音
録音・マスタリング:高島正志
アートワーク・デザイン:Cathy Fishman


近年の日本における新しい世代の即興演奏家たちにみられるひとつの傾向として、自作した電子機器をアコースティック演奏に取り入れながら、エレクトロ・アコースティックな組み合わせそのものに重点を置くのではなく、むしろエレクトロニクスの導入によって再認識されるような器楽の演奏性の捉え直しが、そうした組み合わせをきっかけとして行われていき、独特な器楽奏法を生み出していくところに興味関心を見出していくというところがあるように思う。自ら「G.I.T.M.(Ghost in the Marcy)」と命名したエレクトロニクス装置とドラムスを組み合わせた演奏を行う高島正志もまた、そうした取り合わせから捉え直された特異なドラミング――まるでグリッチ・ノイズを人力で体現するかのような響き――がみられる即興演奏家のひとりであると言えるだろう。作曲作品と即興演奏によるふたつのトラックが収録された本盤は、そうした彼の演奏家としてのありようを対比的な視座のもとに聴かせてくれる。作曲作品をトリオ編成で演奏した一曲めの<Attractor>では、影山朋子による揺らめくヴィブラフォンの響きのなかに、あたたかみのある長沢哲のドラムスと機械的な高島のドラムスという、対比的なふたつの打楽器が絡み合う様を聴かせてくれる。古池寿浩を加えたカルテットによる集団即興を収録した二曲めは、トロンボーンの持続する低音サウンドが合奏を立体的にすることによって、より一層激しくかつ小刻みに動き回る高島のドラムスが長沢との対比を際立たせている。本盤のリリース記念ライヴでは<Attractor>を古池も加わったカルテットによって披露してくれたが、まるでスピリチュアルなジャズ・ミュージックをも彷彿させたその演奏では、高島の人力グリッチ・ノイズ的なドラミングがより一層発揮されていたように思う。この楽曲は局面に応じてまだまだ新たな音楽に化けることがあるのかもしれない。本盤はそうしたポテンシャルを秘めた作曲センスを併せ持つ特異な即興演奏家が浮上した重要な一枚だといえる。

Share Button

細田成嗣

細田成嗣 Narushi Hosoda 1989年生まれ。ライター。佐々木敦が主宰する批評家養成ギブス修了後、2013年より執筆活動を開始。『ele-king』『JazzTokyo』『Jazz The New Chapter』『ユリイカ』などに寄稿。主にアヴァンギャルド/エクスペリメンタルと形容される音楽を紹介するほか、日本の同時代的なノイズ/インプロ・シーンを追跡中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.