RIP Muhal Richard Abrams by Wadada Leo Smith

閲覧回数 656 回

RIP Muhal Richard Abrams

Muhal
Richard Abrams

He was a spiritual man.
Full of light was his way.

He guided the message from his heart as he played the ebony and Ivory soundbox his knowledge went forth
straight into the suffering divide, a love illustrating unity,
The sweet and powerful truth.

He returned home with a slow and fast dance,
Yet quietly and peaceful he remain.

Forever his wisdom and music keep springing up
through the ebony and ivory soundbox.

Light light
Life
Light.

Wadada Leo Smith
Late October 2017, New Haven Ct.

*Wadada Leo Smith
1941.12.18 ミシシッピ州リーランド生まれ。
ドラムス、メロフォン、フレンチホルンを経てトランペッターに。1967年にはAACMに加入、リロイ・ジェンキンス、アンソニー・ブラクストンとCreative Construction Companyを結成。1980年中頃にラスタファリアンに転向、Wadadaを名乗るようになる。現在まで継続している自身のバンドはGolden Quaretでアンソニー・デイヴィス(p)、ジョン・リンドバーグ(b)、フェローン・アクラフ(ds)。彼の作曲は自身が70年代に開発した”Ankhrasmation”と称する図形楽譜を使うことが多い。アルバム『Ten Freedom Summers』(Cuneiform)) が 2013 年度のピューリッツア賞の音楽部門で3人のファイナリストに先行されたことがある。日本のChapChap Recordsにも『Golden Hearts Remembrance』(1997)がある。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.