追悼 トマシュ(トーマス)・スタンコ

閲覧回数 1,013 回

photo: courtesy of ECM Records

text by Masanori Tada 多田雅範

7月29日にトマシュ(トーマス)・スタンコが逝去、Spotify にマンフレート・アイヒャーが選曲した Remembering Tomasz Stanko がプレイリスト投稿されている、18トラック、レオシーは亡き母に捧げた曲だった、

Remembering Tomasz Stanko

01 First Song / Tomasz Stanko from Balladyna ECM 1071 1976
> Tomasz Stanko tp, Tomasz Szukalski ts,ss, Dave Holland b , Edward Vesala ds
02 Morning Heavy Song / Tomasz Stanko Quartet from Leosia ECM 1603 1997
> Tomasz Stanko tp, Bobo Stenson p, Anders Jormin b, Tony Oxley ds
03 Sleep Safe and Warm (Version 1)
04 Svantetic
05 Litania / Tomasz Stańko Septet from Litania: The Music of Krzysztof Komeda ECM1636 1997
> Tomasz Stanko tp, Bernt Rosengren ts, Joakim Milder ts ss, Terje Rypdal el-g, Bobo Stenson p, Palle Danielsson b, Jon Christensen ds
06 Domino
07 Litania (Part 2)
08 …Y Despues de Todo
09 Domino’s Intro from From the Green Hill ECM 1680 1998
>Tomasz Stanko tp, John Surman bs,bc, Dino Saluzzi bandoneón, Michelle Makarski vln, Anders Jormin b, Jon Christensen ds
10 Bright Moon
11 Ballad For Bruno Schulz / Tomasz Stańko New York Quartet from December Avenue ECM2532 2017
12 Balladina from Balladyna ECM 1071 1976
> Tomasz Stanko tp, Tomasz Szukalski ts,ss, Dave Holland b , Edward Vesala ds
13 Kattorna (Krzysztof Komeda)
14 Song For Ania
15 Lontano Part 1 / Tomasz Stanko Quartet from Lontano ECM1980 2006
> Tomasz Stanko tp, Marcin Wasilewski p, Slawomir Kurkiewicz b, Michal Miskiewicz ds
16 The Witch / Tomasz Stańko Septet from Litania: The Music of Krzysztof Komeda ECM1636 1997
17 Die Weisheit Von le Comte Lautréamont / Tomasz Stanko Quartet from Leosia ECM 1603 1997
18 Sleep Safe and Warm (Version 2) / Tomasz Stańko Septet from Litania: The Music of Krzysztof Komeda ECM1636 1997

You Tube にはこの選曲36分、

Remembering Tomasz Stanko
Sequenced by Manfred Eicher
Track 1: Morning Heavy Song, Leosia
Track 2: Sleep Safe and Warm (Version 2), Litania
Track 3: Svantetic, Litania
Track 4: … y después de todo, From The Green Hill
Track 5: Litania, From The Green Hill
Track 6: Song For Anja, Lontano

 

ジャケの鮮やかなイメージで健在を印象付けた『Suspended Night』(ECM1868) 2004、1曲目「Song For Sarah」の詩情が忘れられない、ジャズの深度という点ではニューヨーク・カルテットでの2枚組『Wisława』(ECM2304/05) 2013が別格だ(メンバーの水準が別格でもある)、
ECM以外でのスタンコもよく聴いた、

Tomasz Stańko Quintet – Music For K (Free Jazz/Poland/1970) [Full Album]

ECM低学年だった頃に教えを乞うた先輩から、スタンコはミュージックフォーKだと注入された、フツーにフリージャズだろ、Kはコメダなのだとは随分後になって知る、まだ東京に進出していない頃のコメダ珈琲の奈良店に入ってクシシュトフ・コメダのピアノがかかっているのではないかとときめいたこともある、

Tomasz Stańko – Almost Green (1979) FULL ALBUM

Tomasz Stańko – trumpet Tomasz Szukalski – tenor saxophone, soprano saxophone Palle Danielsson – contrabass Edward Vesala – drums

懐かしいディスクユニオン新宿店地下ジャズ売り場の左側の欧州レーベルコーナーで、ドキドキしながら買ったこの『Almost Greem』なんかが、ヴェサラ愛好の小生としてはたまらない、

このタイコの刻みのありよう、ヴェサラとスタンコが双頭で活躍していた時代は見直されなければならないだろう、

Share Button

多田雅範

Masanori Tada / 多田雅範 Niseko-Rossy Pi-Pikoe 1961年、北海道の炭鉱の町に生まれる。東京学芸大学数学科卒。元ECMファンクラブ会長。音楽誌『Out There』の編集に携わる。音楽サイトmusicircusを堀内宏公と主宰。音楽日記Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.