Perry Robinson by Ernst Bier

閲覧回数 1,514 回

text by Ernst Bier アーンスト(エルンスト)・ビア

Perry and I knew each other since 1974. At that time he was a member of Gunter Hampel’s Galaxie Dream Band. We started playing numerous sessions and concerts together and a great friendship started. Then towards the end of the 70ies we lost track of each other. When I moved to New York in 1982.

I met him a year later accidently on Broadway in lower Manhattan. That started the birth of the Perry Robinson Quartet! He suggested to play with Ed Schuller on bass and I suggested Simon Nabatov on piano. We played almost 20 years together and recorded 3 CDs in that setting. Then pianist and vocalist Christoph Adams took over Simons seat and we released the beautiful album Still Travelling, with Christoph singing some of Perry’s tunes. Around 2004 Perry, Ed and myself started to play trio concerts and a year later we released our first trio live recording Children’s Song followed by the studio album From A to Z in 2010. One year later we teamed up with pianist Matthew Shipp to play the Festival in Kanjitza. In 2014 we had a reunion of the original Quartet with Simon Nabatov at the Zeltmusik Festival Freiburg for Perry’s 75th birthday. These were some of the highlights out of Perry’s and my life, besides always being spiritual brothers with lot’s of love and respect towards each other! He was a major inspiration for my life!!!

Like Andrea Centazzo said: A real blessed, kind and gentle spirit never surrendering to the banality of our contemporary way of living.

ペリー・ロビンソンのこと  アーンスト(エルンスト)・ビア

ペリーとは1974年以来の付き合いだ。当時、彼はギュンター・ハンペルの「Galaxie Dream Band」(ギャラクシー・ドリーム・バンド)のメンバーだった。僕らは何度もセッションやコンサートを重ね、素晴らしい友情が芽生えていったんだ。その後70年代の終わり頃になるとお互いに消息が途絶えてしまった。1982年に僕はNYに移住したのだが、1年経ってロウア・マンハッタンのブロードウエイ上でばったり彼に出くわしたんだ。それが、Perry Robinson Quartet(ペリー・ロビンソン・カルテット)の誕生につながった! 彼がベースにエド・シュラーを薦め、僕はピアノにサイモン・ナバトフを推した。このバンドで20年近く演奏を続け、3枚のCDを製作した。サイモンに代わって、ピアノとヴォーカルのクリストフ・アダムスが加わり、彼が何曲かペリーの曲を歌って素晴らしいアルバム『Still Travelling』を制作した。2004年頃、ペリー、エドと僕の3人でトリオを組んで演奏を始め、1年後にライヴ・アルバム『Children’s Song』を制作、さらに、2010年にスタジオ・アルバム『From A to Z』を制作した。さらに1年後にピアノのマシュー・シップを加えて セルビアのKanjitza(カニジャ)のフェスティバルで演奏した。
2014年、ペリーの生誕75周年を記念してサイモン・ナバトフを戻してオリジナル・カルテットを再結成、独フライブルグの Zeltmusik(ツェルトムジーク)フェスティバルで演奏した。これらはペリーと僕の人生のハイライトの一部に過ぎず、僕らはいつも変わらずお互いにたくさんの愛と尊敬の念にあふれたスピリチュアル・ブラザーだった。彼は僕の人生にとって大いなるインスピレーションの源泉だった!!
アンドレア・ツェンタッツオが言うように、ペリーは、現代の陳腐な生き方に決してへこたれない、幸せで、親切、かつ優しい男だ。(文責:稲岡邦彌)

CD links:
Nightmare Island   –    http://www.jazzdrumming.de/diskographie/prq_nightmare.html

アーンスト・ビア

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。