#01 喜多直毅クァルテット二日間連続公演『文豪』—沈黙と咆哮の音楽ドラマ—第二日

閲覧回数 3,967 回

2018年10月28日(日)@東京・公園通りクラシックス

何かと比較してではない絶対的な境地というものがある。このクァルテットの演奏は連続して聴き続けているが、毎回目に見えてサウンドが強固になり深度を増している。国内屈指といえる4人のアーティストのもつ高度かつ個性的な技倆(ぎりょう)が見事に開花。一期一会の「場」の磁力を増幅させ表現力の多角化を図る毎回のタイトル付けなど、プロジェクトとしての長期的でブレない視座も感じさせる。

*レヴューは下記をご覧ください。
http://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-33089/

伏谷佳代

伏谷佳代

伏谷佳代 (Kayo Fushiya) 1975年仙台市出身。早稲田大学卒業。幼少時よりクラシック音楽に親しみ、欧州滞在時 (ポルトガル・ドイツ・イタリア) に各地の音楽シーンに通暁。欧州ジャズとクラシックを中心にジャンルを超えて新譜・コンサート/ライヴ評、演奏会プログラムの執筆、翻訳などを手がける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。