Remembrance of Perry Robinson by Steve Tintweiss

閲覧回数 3,339 回

text by Steve Tintweiss スティーヴ・ティントワイス

I first met Perry Robinson, son of famed composer Earl Robinson in 1965. Perry had recently been discharged from the U.S. Army where he had formed the Uni Trio with bassist Bill Fowell and drummer Tom Price, having developed his tunes on the banks of the Panama Canal where they where stationed. We became close friends and musical partners for the next 53 years. I played Perry’s music on numerous Uni Trio gigs over the years, while he played in my first band The Purple Why, then the Spacelight Band from the late ’70s through our last concert in 2003. Perry was not only a virtuoso musician, having been recognized early in his career as a Downbeat New Star Critics Poll winner, but a most advanced human artist who became a mentor for so many young musicians in the emerging free jazz genre. When pressed Perry called his style “free folk” drawing on his roots meeting the legendary folk music pioneers his father was associated with, such as Woody Guthrie and Pete Seeger. The earliest concert recording in my archives was a Uni Trio salon performance in a Brooklyn brownstone in 1965. I plan to release a Tompkins Square Park Purple Why concert in Manhattan that took place in 1967, as well as Spacelight Band concert excerpts featuring Perry which were recorded at libraries in 2001 and at the Forest Park Bandshell on August 31, 2003 in Queens New York City.
The attached B&W photo was on our Purple Why float at the Mobilization for Peace demonstration from Central Park to the United Nations on April 15, 1967. Seen by millions on the parade route, it was at the time the largest protest march in American history. It was led by Dr. Martin Luther King, Jr, Dr. Benjamin Spock, singer Harry Belafonte and other leading anti-Vietnam political figures. Band members shown are Marty Cook (trombone), Joel Peskin (saxophone), Steve Tintweiss (bass) and Perry Robinson (clarinet) on April 15, 1967 aboard a moving float on 5th Avenue NYC. The second photo of Perry is a video frame capture with my Spacelight Band at Flushing Public Library on December 15, 2001 in Queens, NY.

ペリー・ロビンソンの思い出  スティーヴ・ティントワイス

僕が初めて著名な作曲家アール・ロビンソンの息子であるペリー・ロビンソンに出会ったのは1965年のことだった。ペリーが米国陸軍から除隊になってまもない頃だったが、ペリーは兵役中にベースのビル・ファウエル、ドラムスのトム・プライスと「Uni Trio」(ユニ・トリオ)というバンドを結成し、駐屯地のパナマ運河の岸辺でペリーの曲をもんでいたという。それ以来53年間にわたって僕らは友人としてまた音楽仲間として近しい間柄だった。僕が何年にもわたってUni Trioのギグでペリーの曲を演奏する一方で、彼は僕の最初のバンドThe Purple Why(ザ・パープル・ホワイ)、次いで、Spacelight Band(スペースライト・バンド)で70年代後期から2003年の最後のコンサートまで演奏した。

ペリーはキャリアの初期にダウンビート誌の批評家投票で新人部門のウィナーになるというヴァーチュオーソ・ミュージシャンであるだけではなく、台頭してきたフリージャズ・シーンの多くの若いミュージシャンのメンター的存在となる人間的にも優れた人物でもあった。ペリーは、父親が関係していたウディ・ガスリーやピート・シーガーらの伝説的なフォーク・ミュージックのパイオニア達と接することにより自身の音楽ルーツを形成していたので、スタイルとしては“フリー・フォーク”と呼ばれていた。
僕のアーカイヴの中で最初のコンサート・レコーディングは、1965年、ブルックリンのある邸宅のサロンでの演奏である。僕は、1967年のマンハッタンのTompkins SquareでのPurple Whyの演奏とペリーをフィーチャーした2001年の図書館でのSpacelight Bandのコンサート録音の抜粋、2003年8月31日のNYクイーンズ地区Forest Parkでの演奏をリリースする計画を立てている。
掲載した写真は、1967年8月15日、セントラル・パークから国連までの平和行進の際のモービル・フロート上でのPurple Whyである。沿道には何百万人もの民衆が集まったアメリカ史上最大の抗議行進であった。行進を先導していたのはマーチン・ルーサー・キングJr.博士、ベンジャミン・スポック博士、歌手のハリー・ベラフォンテ、それに指導的な反ベトナム戦争主義の政治家たちだった。バンド・メンバーは、マーティ・クック(トロンボーン)、ジョエル・ペスキン(サックス)、スティーヴ・ティントワイス(ベース)、ペリー・ロビンソン(クラリネット)で、1967年4月15日NY5番街でのモービル・フロート上のステージである。もう1枚のペリーの写真は、2001年12月15日、NYクイーンズ地区フラッシング公立図書館でのSpacelight Bandのビデオからのキャプチャ映像である。(文責:稲岡邦彌)


スティーヴ・ティントワイス
1946年NY生まれ。ベーシスト。バートン・グリーン、パティ・ウォーターズとESPに録音あり。
アルバート・アイラーの最後のベーシストとしてバリに楽旅『マグー美術館の夜』(Shandar)に記録される。
https://www.discogs.com/artist/401358-Steve-Tintweiss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。