Jazz Right Now 2017年ベストアルバム

閲覧回数 17,976 回

アメリカJazz Right Nowが選ぶ2017年のベストアルバムは以下の通りである。

1. Nicole Mitchell – Mandorla Awakening II: Emerging Worlds (FPE Records)

> 連載第26回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報
> 連載第23回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報 ニコール・ミッチェル・インタビュー 

2. Irreversible Entanglements – self-titled (International Anthem/Don Giovanni)

3. Tomas Fujiwara Double Trio – Triple Double (Firehouse 12)

4. James Brandon Lewis Trio – No Filter (BNS Sessions)

> #1417 『James Brandon Lewis Trio / No Filter』
> 連載第22回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報
> 連載第20回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

5. Rempis Percussion Quartet – Cochonnerie (Aerophonic)

6. Brandon Lopez’s The Mess – Holy, Holy (Tombed Visions)

7. Han-earl Park – Sirene 1009 (self-released)

> #1365 『Han-earl Park, Dominic Lash, Mark Sanders and Caroline Pugh / Sirene 1009』 
> 連載第21回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

8. Hear In Now – Not Living in Fear (International Anthem)

> 連載第25回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

9. Harriet Tubman – Araminta (Sunnyside)

10. Sylvie Courvoisier & Mary Halvorson – Crop Circles (Relative Pitch)

> 連載第24回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

11. Matthew Shipp Trio – Piano Song (Thirsty Ear)

> 連載第20回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

12. Mike Reed – Flesh & Bone (482 Music)

13. Jaimie Branch Quartet – Fly or Die (International Anthem)

> 連載第25回 ニューヨーク・シーン最新ライヴ・レポート&リリース情報

14. While We Still Have Bodies – self-titled (Neither/Nor)

15. Michael Foster, Steve Swell, Brandon Lopez, Weasel Walter – Throes Are the Only Trouble (self-released)

16. Jason Kao Hwang – Sing House (Euonymous)

17. Eivind Opsvik – Overseas V (Loyal Label)

> #1384『Eivind Opsvik / Overseas V』 

18. Natura Morta – Environ (Neither/Nor)

19. Jessica Ackerley Trio – Coalesce (Bandcamp)

20. Paula Shocron, German Lamonega, Pablo Diaz – Tensegridad (Hat Hut)

発掘盤・再発盤

Michael Cosmic – Peace in the World & Phill Musra Group – Creator Spaces (Now Again)

David S. Ware Trio – Live in New York, 2010 (AUM Fidelity)

Share Button

シスコ・ブラッドリー Cisco Bradley

ブルックリンのプラット・インスティテュートで教鞭(文化史)をとる傍ら、2013年にウェブサイト「Jazz Right Now」を立ち上げた。同サイトには、現在までに30以上のアーティストのバイオグラフィー、ディスコグラフィー、200以上のバンドのプロフィール、500以上のライヴのデータベースを備える。ブルックリン・シーンの興隆についての書籍を執筆中。http://jazzrightnow.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.