ウェストコースト・アンダーグラウンド通信 第1回:ROVA Saxophone Quartet, Ian Carey, Josh Allen, Philip Everett, etc.

閲覧回数 5,369 回

Text by  レント・ロムス Rent Romus

Translated by  剛田武  Takeshi Goda

 

アメリカ合衆国の西海岸にはアンダーグラウンド・ジャズ、即興、実験音楽が交差する豊潤で活気に満ちたシーンがある。私はそれを「ウェストコースト・アンダーグラウンド」と呼びたい。このシーンは、様々な人生を歩み、様々なバックグランドを持ち、ありとあらゆる音楽的興味をもった即興演奏家たちで構成されている。私の20年間のシーンでの経験に基づいて言うと、北カリフォルニアのサンフランシスコのベイエリアだけで何千人もの音楽家が住み創造活動をしており、25年以上演奏とコンサート制作に携わってきた今でも、常に新しいアーティストを発見し続けている。

このちょっとした連載で、サンフランシスコ・ベイエリアで起こっている広大なシーンの断片を紹介していきたい。より包括的な情報やスケジュールはwww.bayimproviser.com を参照いただきたい。

 

2018年4月22日(日)

イアン・カーリー・セクステット Ian Carey Sextet/アンバウンド Unbound

The SIMM Series, Musicians Union Hall San Francisco

トランペット奏者兼作曲家のイアン・カーリー Ian Careyは、リサ・メッツァカッパ Lisa Mezzacappa (b)、ジェイソン・レヴィス Jason Levis (ds)、マーク・クリフォード Mark Clifford (vib)、そしてロヴァ・サクソフォン・カルテットのスティーヴ・アダムス Steve Adams (as,bs)と一緒に、パワフルなニュー・ジャズ作品を創造した。カーリー氏にとってこの日は、今まで演奏したことのない新作のオリジナル組曲をお披露目する機会だった。グループは常にハイペースなエネルギーを保ち続けたまま、ノン・イディオマティック・インプロヴィゼーション、スイング、フリージャズ、ラテン、複合テンポの混乱したメロディ、それぞれの間を織り交ぜた。この成熟した作曲家の作品を、もっとたくさん聴けることを楽しみにしている。

アンバウンド Unbound は、ロック、フリージャズ、クラシック、中国伝統音楽を混合するグループ。デイヴィッド・マヘイリー David Mihaly とマーク・シュミットMark Schmitt 、中国人ピアニストと中国琵琶奏者によるプロジェクトは、米国で一番多様性のある場所(サンフランシスコ)で異なる音楽が出会い、一緒に普遍的な音楽言語を創造していく多くの事例のひとつに違いない。

http://iancareyjazz.com/

Ian Carey
Photo by James Knox

 

2018年5月4日(金)

ロヴァ・サクソフォン・カルテット ROVA Saxophone Quartet

SF Live Arts@ St. Cyprian’s Episcopal Church, San Francisco

今夜は嬉しいことに、ブルース・アックリー Bruce Ackley、ラリー・オクス Larry Ochs、ジョン・ラスキン Jon Raskin、スティーヴ・アダムス Steve Adamsからなるロヴァ・サクソフォン・カルテットの40周年記念の新作CD『In Transverse Time』リリース・コンサートに出席した。新作からのオリジナル楽曲に加え、バンドの40年に亘るレパートリーの中からの選曲を演奏した。ロヴァほど長寿の歴史を待つクリエイティヴなサクソフォン・カルテットは多くはない。彼らのルーツはポスト・バップ、フリージャズ、アヴァン・ロック、20世紀現代音楽にある。彼らのコンサートに行くたびに音の冒険をする気分になる。

『The Penguin Guide to Jazz』は彼らの音楽を、“スイングについての因習的な考え方を意図的に避けて(中略)、音と宇宙の境界で突き進む”ことで生まれた“サクソフォン・サウンドの豊かな宇宙”と表現した。

世界中で行うライヴやコンサート・ツアーに加えて、ロヴァのメンバーは長い間サンフランシスコのローカル・コミュニティーで無数のバンドやアーティストと共演してきた。この夜はカルテットだけの演奏だったが、会場をエネルギッシュでクリエイティヴな音楽で満たした。ニュー・アルバムに収録されたアルトサックス奏者スティーヴ・アダムス作曲の「Dark Forest Suite」の全曲演奏がとりわけ素晴らしかった。その音楽は古典的な即興を進化させ、多様な要素を取り入れて継ぎ目なくムーヴメントからムーヴメントへと導いた。スティーヴ・アダムスの瑞々しい弦楽風のアレンジの中に散りばめられたブルース・アックリーのプレイに、時折スティーヴ・レイシーの囁きを聴き取った。ジョン・ラスキンのバリトン・ソロも、この楽曲の軽快さと色調を増幅してゆく。その夜、曲の後半で聴けたラリー・オクスの泣き叫ぶテナー・プレイは、会場のドアを吹き飛ばすほどの迫力だった。2ndセットは、4人がそれぞれコンサート会場の四隅に移動して、最後まで会場に残っていた聴衆に4チャンネルの立体的なリスニング体験をさせてくれた。この歴史的パフォーマンスを目の当たりにすることが出来て何よりも嬉しかった。そしてこの傑出したグループからさらに多くの音楽が聴けることを楽しみにしている。

https://www.rova.org/

 

5月20日(日)

ザ・ディコンストラクション・オブ・ホワット・ユー・ノウ The Deconstruction Of What You Know /スカルクラッシャー Skullkrusher

The SIMM Series, Musicians Union Hall San Francisco

この日のサンフランシスコでのSIMMシリーズは、ジョシュ・アレン Josh Allen のザ・ディコンストラクション・オブ・ホワット・ユー・ノウの滅多に観られないライヴと、スカルクラッシャーとして知られるフィリップ・エヴァレット Philip Everett の厳しくて容赦のないノイズ・コラージュによるソロ・パフォーマンスの二本立てだった。

ジョシュ・アレンはウェストコースト・アンダーグラウンドで圧倒的な存在感を誇っている。彼が吹くテナー・サックスはあまりに大音量なので、うっかり近づきすぎると地面にノックアウトされてしまうに違いない。長年のコラボレーターで世界を旅するギタリストのヘンリー・カイザー Henry Kaiser 、グラミー受賞者でもあるパーカッション/ドラマーのウィリアム・ウィナント William Winant、そして新たに加入したドラムのアーロン・レヴィン Aaron Levin からなるグループ。想像した通り、ラウドでパワーにあふれた激烈な音響の快感をもたらすパフォーマンスだった。バンドは、ジャズとロック、新しい音楽と難解な微分音の伝統、そしてSkronk(激烈な前衛即興音楽を指す言葉)の境界を跨いで、凝縮されたリスニング体験を生み出した。

http://www.henrykaiserguitar.com/

Henry Kaiser

2ndセットはスカルクラッシャー。フィリップ・エヴァレットはアナログとデジタルで加工されたエレクトロ・アコースティックの36弦ラップ・ハープ、xlarinet(プラスティックの赤いクラリネット)、金属製スネア・ドラム、多種のゴングにより、ダークに爆発する即興的サウンドスケープとノイズ・ループ・スカルプチャーを作り上げた。フィリップはアコースティックな楽器を、アナログとデジタル・エレクトロニクスで混合させて、音楽的であると同時に、自らの初期衝動であるハーシュ・ノイズに敬意を払ったサウンドを生み出すユニークな才能の持ち主である。

Philip Everett
Photo by PeterBKaars 2012

【翻訳】剛田 武 Takeshi Goda
1962年千葉県船橋市生まれ。東京大学文学部卒。会社勤務の傍ら、「地下ブロガー」として活動する。近刊『地下音楽への招待』(ロフトブックス)。 ブログ「A Challenge To Fate」 http://blog.goo.ne.jp/googoogoo2005_01


 

<English Text>

There’s a rich and vibrant scene of underground jazz, improvisation and experimental music that criss crosses the West Coast of the United States that I like to call the “West Coast Underground”. The scene is made up of improvisers from all walks of life, all backgrounds, and multiple musical interests. I guess from my twenty years in the scene that there be many thousands living and creating in Northern California’s San Francisco’s Bay Area alone, yet I’m still discovering new artists even after over twenty five years of performance and concert production.

In this series of small reviews I will attempt to introduce a slice of the vast scene that hails from the San Francisco Bay Area. For a more comprehensive calendar please visit www.bayimproviser.com

 

Sunday April 22, 2018

Ian Carey Sextet and Unbound at the SIMM Series, Musicians Union Hall San Francisco

Trumpet player and composer Ian Carey created a powerful set of new jazz composition featuring Lisa Mezzacappa on double bss, Jason Levis drums, Mark Clifford vibraphone, and Steve Adams from the ROVA saxophone quartet on alto and baritone saxophone. For Mr. Carey this was an opportunity to debut a new suite of original music never played before. The group weaved in and out of non-idiomatic improvisation, swing, freejazz, latin and multi-tempo melodic flurries while keeping a high paced energy throughout the set. I look forward to hearing more from this consummate composer.

Unbound is a project that melds rock, freejazz, classical and traditional chinese music. David Mihaly and Mark Schmitt along with chinese pianist and pipa player are just one of the many examples of how music meets each other in a place that is one of the most diverse parts of the United States together to create the universal language of music.

http://iancareyjazz.com/

 

Friday May 4, 2018

ROVA Saxophone Quartet at SF Live Arts @ St. Cyprian’s Episcopal Church, San Francisco

On this night I had the pleasure of attending the 40th Anniversary of the ROVA Saxophone Quartet featuring Bruce Ackley, Larry Ochs, Jon Raskin, and Steve Adams marking the release of their newest CD, “In Transverse Time”. The quartet performed original works from the album as well as vintage pieces from the band’s four decades of repertoire. There are not very many creative saxophone quartets with the longevity and history of ROVA where it’s roots are in post-bop, free jazz, avant-rock, and 20th century new music. Everytime I go to hear them it’s always a sonic adventure.

The Penguin Guide to Jazz called their music “a teeming cosmos of saxophone sounds” created by “deliberately eschewing conventional notions about swing [and] prodding at the boundaries of sound and space…”

In addition to performing and touring throughout the world the members of ROVA also have a long history of being part of the local community working within numerous other performing groups and artists. Their performance this evening was just the quartet but they filled the room with energetic and creative sounds. It was wonderful to be able to hear a full performance of the Dark Forest Suite composed by alto saxophonist Steve Adams which is featured on their new album. The music brought forth classical free improvisation in multiple elements flowing seamlessly from movement to movement. I hear wisps of Steve Lacey at times from Bruce Ackley interspersed within the lush chordal arrangements from Steve Adams. Jon Raskin’s baritone solo rips through with great agility and tonality on this piece as well. In a later piece that night Larry Ochs blew the doors off with his wailing tenor work. During the second set the quartet each moved to a corner of the performance hall and created a quadraphonic experience for those of us who stayed to the end of the concert. All in all i was glad I was able to witness this historical performance and look forward to more from this stellar group.

https://www.rova.org/

 

Sunday May 20

The Deconstruction Of What You Know, Skullkrusher at the SIMM Series, Musicians Union Hall San Francisco

This edition of the SIMM Series in San Francisco was a rare performance of Josh Allen’s Deconstruction Of What You Know topped off by the harsh and unrelenting noise collage of Philip Everett’s solo performance known as Skullkrusher.

Josh Allen is an imposing figure on the West Coast Underground with a big massive sound that will for sure knock anyone to ground foolish enough to get to close when he’s playing his tenor saxophone. He is joined in the group by long time collaborator and world traveler Henry Kaiser on guitar, percussionist, drummer and Grammy award winner William Winant and the newest addition to the group Aaron Levin on drum kit. As one might imagine this was a loud and powerhouse set of shear sonic enjoyment. The band straddled the line between jazz and rock, new music and esoteric microtonal traditions, and skronk while creating a cohesive improvisational listening experience.

http://www.henrykaiserguitar.com/

The second set featured Skullkrusher. Philip Everett creates dark explosive improvised soundscapes and noise loop sculptures with analog and digitally processed electro-acoustic 36 string lap harp, xlarinet (a plastic red clarinet), brass snare drum and various gongs. Philip has a unique ability to merge acoustic instruments, with analog and digital electronics making it both musical while still paying tribute to the harsh noise the set up implies.

レント ロムス Rent Romus

レント ロムス Rent Romus

サンフランシスコのベイエリアを拠点とするサックス奏者/作曲家/バンドリーダー/プロデューサー。Lords of Outland、Life’s Blood Ensemble等のグループを率いて演奏活動するとともに、自主レーベルEdgetone Recordsやコンサート企画組織Outsound Presentsの中心人物としてウェストコーストの実験/即興音楽シーンの活性化に貢献している。http://www.romus.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。