1/4-12 Winter Jazz Fest NYC 2019

閲覧回数 464 回

毎年1月、ニューヨーク、ヴィレッジ周辺の多数の会場、ニュースクールで開催される「ウインター・ジャズフェスト NYC」。約200バンド、700人以上が出演し、世界で最も熱く、新しく、お得なジャズフェスティバルであり、ニューヨークのミュージシャン同士が聴き合う状況で、最先端ジャズのショーケースとなっている。2019年はミシェル・ンデゲオチェロをアーチスト・イン・レジデンスとし、テーマに「Gender equality」を掲げている。プログラム概要はこちら、出演バンド/ミュージシャンのリストはこちらをご覧いただきたい。海外からの参加にお得なプログラムは、「マラソン」になるので、以下に日時とチケット情報を記しておく。日本出身者では、黒田卓也、Big Yukiの名前が見える。
2016年のECMステージShai Maestro Trio2017年のライブレポートは、各リンクをご覧いただきたい。

WINTER JAZZFEST HALF MARATHON (APAP WEEKEND)
1/5 18:00- Multiple Venues
$45 ADV / $55 DOS
出演バンド/ミュージシャンのリストはこちら

WINTER JAZZFEST MARATHON
1/11-12 18:00- Multiple Venues
$50 ADV / $60 DOS – Single Night Pass $90 ADV / $105 DOS – Two Night Pass
出演バンド/ミュージシャンのリストはこちら

1月10日には、50周年を迎えるECM Recordsの創業者マンフレート・アイヒャーが、デイヴィッド・ヴィレージェスとラリー・グレナディアとともにリスニングセッションを行う。

A LISTENING SESSION WITH MANFRED EICHER, FOUNDER OF ECM RECORDS
WITH DAVID VIRELLES (PIANO) AND LARRY GRENADIER (DOUBLE BASS)

1/10 20:00 The Sheen Center
$20 ADV, $25 DOS

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。