1/12 メールス市の2016年度インプロヴァーザー・イン・レジデンスはキャロリン・ポーク

閲覧回数 3,594 回

メールス・ジャズ祭でよく知られるドイツ、メールス市の2016年度インプロヴァーザー・イン・レジデンスはキャロリン・ポークに決定。1981年生まれのポークは現在ニューヨークをベースに活躍しているドイツ人ヴァイオリン奏者/作曲家。彼女は一年間メールス市に在住、コンサートなどの企画を行う。1月21日には、2015年度のインプロヴァーザー・イン・レジデンスのヘイデン・クリスホルムとハロー/グッドバイ・コンサートを行った。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.