10/2-28 ブルーノートNYで、ロバート・グラスパー・レジデンシー

閲覧回数 2,814 回

ブルーノート・ニューヨークで、ロバート・グラスパーのレジデンシー・プログラムを2018年10月中の24夜48セットにわたり行っている。ゲスト・ミュージシャンもすべて発表済みだが、さまざまなサプライズゲストやシットインも期待せずにはいられない。ともあれ、ロバート・グラスパーの重要な足跡として参加ミュージシャンのリストを書き残しておきたい。

Blue Note New York 20:00 & 22:30
Robert Glasper October Residency – 24 Nights 48 Shows

10/2-7 Trio
with Chris Dave and Derrick Hodge

10/9-10 Houston Nights featuring
Kendorick Scott, Michael Moreno, Burniss Travis and Walter Smith

10/11-14 Trio featuring Special Guest Yasiin Bey
Chris Dave, Derrick Hodge. Special Guest Yasiin Bey (formerly Mos Def)

10/16-17 Robert Glasper X Christian McBride X Nicholas Payton

10/18-21 Miles Davis Tribute “Everything’s Beautiful” with Bilal

10/23-24 Mulgrew Miller Tribute featuring
Derrick Hodge and Rodney Green

10/25-28 R+R=Now featuring
Terrace Martin, Christian Scott, Atunde Adjuah, Derrick Hodge, Taylor McFerrin and Justin Tyson

 

まず、10月2日から1週間をクリス・デイヴとデリック・ホッジのトリオで開始し、10月11日〜14日にはヤシーン・ベイ(モス・デフ)が加わる。ヒューストン・ナイツには、High School for the Performing and Visual Arts (HSPVA)の出身者人脈を中心に集結。マイルス・デイヴィスの音源を再構築した『Everything’s Beautiful』からもあり、よりジャズ寄りからはクリスチャン・マクブライドとニコラス・ペイトンのプロジェクト。ハイライトには9月1日「東京JAZZ」にも出演した、R+R=Nowを配している。

ロバート・グラスパーのメッセージをブルーノート・ニューヨーク公式ウェブサイトから引用しておきたい。

First of all, I couldn’t do this anywhere else. I came to New York tracking other peoples’ footsteps – and now it’s me and the musicians that I came up with who are making footprints for the next generation to follow. New York is the reason everything popped off for me. It’s the only place in the world with this heavy traffic of quintessential, true jazz and quintessential, true hiphop; the only place I could have met these people and made this music. So I wanted to make this month about pulling together the threads of my tribes….cuz I was in the right places at the right times – and the wrong places at the right times! And because of that we made a sound that infected the world. So I’m taking over the Blue Note to tell that story; my music milestones, in the place it all began. And I’m mad excited for it.

 

 

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。