11/01~06 第53回ベルリン・ジャズ祭

閲覧回数 6,801 回

11月1日から6日まで開催される第53回ベルリン・ジャズ祭の概要が発表になった。今年はベルリンとニューヨーク・ブルックリンに焦点を当てたプログラムが予定されている。50年前ベルリン・ジャズ祭でセンセーショナルなデビューをしたアレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ率いるグローブ・ユニティ・オーケストラ、高瀬アキ、ユリア・ヒュルスマン、アキム・カウフマンなどのベルリン勢、メアリー・ハルヴァーソン、イングリッド・ラウブロック、スティーヴ・レーマンなど現在ブルックリン・シーンで活躍しているミュージシャン。ベテラン勢ではジャック・ディジョネット、ワダダ・レオ・スミス、ブラッド・メルドー+ジョシュア・レッドマン、ニック・ベルチェ、また若手ではフランスのイヴ・リッサ・ホワイト・デザート・オーケストラなどが出演する。プログラムが発表され、前売りが開始されるのは9月の予定。

追記:アキフ・カウフマンのプロジェクトには内橋和久がジェリー・ヘミングウェイらと共に出演する予定。

詳細:http://www.berlinerfestspiele.de/

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.