6/15 JJA Jazz Award 2016

閲覧回数 5,533 回

6月15日にJJA Jazz Award 2016の授賞パーティが行われ、5月15日に発表された音楽家部門受賞者に続き、ジャーナリスト部門受賞者も発表された。

音楽家部門の功労賞には2016年度のピューリッツアー賞の受賞者でもあるヘンリー・スレッギル、ミュージシャン・オブ・ザ・イヤーにはマリア・シュナイダー、新人賞にカマシ・ワシントンが選ばれた。マリア・シュナイダーは作曲、編曲、レコード(『The Thompson Fields 』)、ラージ・アンサンブルも制覇。受賞者は他に男性ヴォーカル:グレゴリー・ポッター、女性ヴォーカル:セシル・マクロリン、ミッド・サイズ・アンサンブル:マイラ・メルフォード、トリオ:ヴィージェー・アイヤー、トランペット:ワダダ・レオ・スミス、アルトサックス:ルドレシュ・マハンサッパ、テナーサックス:チャールス・ロイド、ギター:メアリー・ハルヴァーソン、ドラムス:ジャック・ディジョネットなど。

ジャーナリスト部門功労賞はテッド・パンケン、他に定期刊行物:ダウンビート、ブログ:イーサン・アイヴァーソン、書籍:ジョン・F・スゥエッド著『Billie Holiday: The Musician and the Myth』などが受賞。

詳細:http://www.jjajazzawards.org/p/2016-jja-jazz-awards-winners.html

関連リンク: CD Review #1220 『Maria Schneider Orchestra/The Thompson Fields』

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.