6/20 続報メールス・フェスティヴァル

閲覧回数 6,891 回

メールス・フェスティヴァル最終日のプレス・コンファレンスにおける音楽監督ライナー・ミヒャルケの辞意表明から約1ヶ月、6月18日にメールス市役所で行われたメールス・フェスティヴァルの将来についての会合の結果についてのプレス・リリースが6月20日発表になった。

会議の参加者は、メールス市議会に議席を持つ各会派のリーダー、Moers Kultur GmbH監査役会議長、文化部のコミッショナー、メールス市長、Moers Kultur GmbHのCEOと芸術監督。プレス・リリースによると、メールス・フェスティヴァルの存続と将来について、建設的とはいえないものの有意義な結果が得られたとしている。このような観点から、メールス市長の提案により、Moers Kultur GmbHのCEOディレク・ホーヘンストレーターと芸術監督ライナー・ミヒャルケは辞意を撤回した。

まずは無難に解決されてよかったというところ。今後も音楽監督の意図が反映されたプログラミングでフェスティヴァルが継続されることを期待したい。

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.