~1/20 『パコ・デ・ルシア〜灼熱のギタリスト』を1月20日まで期間限定上映

閲覧回数 7,122 回

スペインのギタリスト、作編曲家Paco de Lucía (Francisco Gustavo Sánchez Gómez、1947年12月21日 – 2014年2月25日)の生涯をパコ本人のインタビューと、家族、ミュージシャンたちの語りで描き出す映画『パコ・デ・ルシア〜灼熱のギタリスト』。1月20日まで早稲田松竹で上映中。パコは日本にはある程度成功した状態で来日して来たが、アンダルシア地方アルへシーラスでの子供時代以来、どんな経験や苦悩があったのか、フラメンコの世界からどのように自分の音楽を見つけて行ったのか、ジャズとの交流はどうだったのかなどを知る貴重な映画だ。ジョン・マクラフリン、チック・コリア、セクステットから、ホルヘ・パルド、カルロス・ベナベントらも登場する。意外なところでは、打楽器カホンの話。カホン好きには必見だろう。

 

パコ・デ・ルシア〜灼熱のギタリスト Paco de Lucia: A Journey
(同時上映 ラスト・タンゴ Un Tango Mas)
早稲田松竹 2017年1月14日〜20日 2本だて 1,300円

上映スケジュールと詳細

http://last-tango-movie.com
公式ウェブサイト

http://respect-film.co.jp/pacodelucia/#top
http://last-tango-movie.com/
 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.