3/03 ミシャ・メンゲルベルク 逝く

閲覧回数 1,689 回

ミシャ・メンゲルベルクMisha Mengelberg

193565 –201733日。旧ソ連邦ウクライナ・キエフの生まれ。
30年代初めに家族とオランダへ帰住。5歳からピアノを学ぶ。建築学をかじった後、1958年から6年間ハーグの王立音楽院で音楽を学ぶ。その間、ルースドレヒト・ジャズ・フェスで優勝した他、フルクサス運動にも参加。初期の影響はセロニアス・モンク、デューク・エリントンやジョン・ケージ。ダルムシュタットではケージの講義を受講。

レコード・デビューはハン・ベニンク(ds)と共に、エリック・ドルフィーの『ラスト・デイト』(1964)。1967年、ベニンク、ウィレム・ブロイカーとICP(Instant Composers Pool)を設立、オランダのアヴァンガルド・ジャズの推進と録音に尽力。

主な共演者は、ベニンクの他、デレク・ベイリー、ペーター・ブロッツマン、エヴァン・パーカー、アンソニー・ブラクストン、豊住芳三郎、ペットの鸚鵡(おうむ)など。

2006年、彼の生涯と作品に焦点を当てた80分のDVD『Afijn』(ICP/DADA)がリリースされた。

Jazz Tokyo内のアーカイヴ;
音の見える風景 Chapter #7(望月由美)
http://www.jazztokyo.com/column/mochizuki/chapter-007.html

DVD『 Misha Mengelberg/Afijn』レヴュー(横井一江)
http://www.jazztokyo.com/newdisc/komado/295.htm

#1033『ミシャ・メンゲルベルク&豊住芳三郎/ミシャ・サブ・デュオ 逍遥遊』(望月由美)
http://www.jazztokyo.com/five/five1033.html

#1026『ミシャ・メンゲルベルク+豊住芳三郎/逍遥遊』(稲岡邦彌)
http://www.jazztokyo.com/five/five1026.html

#065『アヴァンギャルド・ジャズ~ヨーロッパ・フリーの軌跡 』(稲岡邦彌)
http://jazztokyo.org/reviews/books/post-12963/

Share Button

One thought on “3/03 ミシャ・メンゲルベルク 逝く

  • 稲岡編集長
    2017年3月4日 at 11:22 PM
    Permalink

    ICPオーケストラのメンバーとして来日したのは、1982、2006、2008の3回だと思います。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.