4/16-27 INTAKT RECORDS IN LONDON〜バリー・ガイ生誕70年記念

閲覧回数 2,066 回

4月16日から27日まで12日間にわたってロンドンのヴォルテックス・ジャズ・クラブで開かれる「INTAKT RECORDS IN LONDON VORTEX JAZZ CLUB」は、スとしてもスイスINTAKTレーベルを中心に活躍するミュージシャンが集結するが、中でも注目されるのは今年生誕70年を迎えるベーシスト、バリー・ガイ。バリーはINTAKTレーベルの中でも中心的存在の一人だが、ベーシストと同時に作曲家としても優れた作品を残している。INTAKTではコインプロ系の演奏が多いが、ECMでは古楽やパートナーのヴァイオリニスト、マヤ・ホンバーガーとデュオでコンテンポラリーな自作曲を演奏している。バリーが登場するのは初日で、マヤとのデュオに始まり、エヴァン・パーカーとのデュオ、J.ヴィッキハルダー(sax)、L.ニグリ(ds)とのトリオでの演奏が組まれている。

他に出演が予定されているのは、ハワード・ライリー(p)、イレーネ・シュヴァイツァー(p)、シュリッペンバッハ(p)、イングリート・ラウブロック(sax)、高瀬アキ(p)、ルディ・マハール(sa)、ピエール・ファブル(ds)、マーク・フェルドマン(vln)、シルヴィー・クルヴァジェ(p)、トレヴァー・ワッツ他。

シュリッペンバッハは、ソロでモンク特集、トリオでエヴァン・パーカー、ポール・ローヴェンス(ds)、高瀬アキは、イングリート・ラウブロック、ルディ・マハールとのそれぞれデュオが組まれている。

プログラムの詳細は;
http://www.intaktrec.ch/london2017/

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.